鳥瞰図を描きましょう♪・美し都 神戸から

アクセスカウンタ

zoom RSS 舞子・垂水・塩屋

<<   作成日時 : 2006/05/22 09:09   >>

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 6

土曜日、昼頃にザザーッと雨も降ったのですが、JR舞子駅を出発して、海沿いに国道2号線を歩いてJR須磨駅へ歩きました。

舞子駅を降りた時は、どんよりとした天候で明石海峡大橋も霞んでいたのですが、雨は降らないかな と思っていました。

最初に舞子砲台跡を見て、明治天皇の歌碑、そして六角堂に行きました。  下の画像が六角堂です。 実際は六角ではなく八角なんですけど、パッと見で昔から六角堂と呼んでいます。

画像



以前は白い色をしていたのですが、明石海峡大橋建設に伴い移築復元された時に 建設当初の薄緑色になりました。 内部は一般公開されていて大人300円で見学出来ます。 孫文が神戸に何度も訪れて、しかもこの六角堂にも来たという事から 孫文記念館となっています。
他にも移情閣とも呼ばれていますね。  八角形 それぞれの窓から風光明媚な明石海峡、対岸の淡路島、白砂青松の舞子浜と、いろ〜んな景色が楽しめるので、そういった名前がついていたりします。


画像


内部の展示もさることながら、この1階から2階へ上がる階段を見た時は、思わず「すっげぇ〜!」ってつぶやいてしまいました(^^;)  建物の形に合わせて上へ伸びる階段 途中で折れているんですけど、また それがかっこよくて かっこよくて、久々に楽しませてくれる階段でした♪


画像


館内も上の写真のような展示スペースになっています。 内装も建設当初の姿に復元されているという事で、壁面のマントルピースや、天井の様子、壁面の装飾など 素晴らしい建物でした。



舞子の六角堂(移情閣)を後にして、東へ 東へ、 国道2号線沿いに歩いて行きます。 舞子と垂水の間ぐらいでは、ほほぉ〜 というような街道筋の風景に出会えました。

画像


いつも車で通り過ぎていた時には気付かなかったところです。 こんな町家があったとは驚きでした。

画像


まだまだ残っているんですね! 昭和なのか大正なのか分かりませんが、こういった民家があるという事がすごいです。


垂水を過ぎて、福田川を渡ったぐらいから大雨になって来ました。 傘は持っていたのですが足元が濡れて来たので どこかで雨宿りをしようと、山陽電鉄東垂水駅へ上がる歩道橋の屋根の下でしばし休憩です。
数分で空も明るくなってきて、雨も小降りになってきたので行脚再開です!(^^)

滝の茶屋を過ぎて、塩屋駅、 ここでは遠目になりますが塩屋の異人館の一つ旧グッゲンハイム邸を撮影です。

画像


僕の記憶では2年前くらいの 台風が何度も何度も襲来した年に破損したのではなかったでしょうか? 2階のベランダ部分が破損したままです。 屋根の瓦の棟もずれているようですし、ずーっと放置状態ですね。。。 竹内油業さんの社員寮という事だったはずなので、早く修復して欲しいと願っているのですが・・・


画像


塩屋駅を過ぎると山が海際まで迫って来ます。 今は、この狭い所に山陽電鉄、国道2号線、JR線と交通の要所になっていますが、昔には通れないような場所だったとのこと。
左側に小さいガードが見えていますが、これが境川です。 この境川を越えると 旧国名の摂津の国、 そして川の手前は 播磨の国です。  昔の国境ですね。  今は神戸市の須磨区と垂水区の境になっています。(^^)

ここまで歩けば 須磨駅までは あともう少し!  行程の真ん中辺りで雨に降られましたが、後半は快晴になり 気持ちよく歩く事が出来ました♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
面白い 面白い 面白い
驚いた
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
塩屋のシンボル、竹内油業寮(旧グッゲンハイム邸)は、個人の方が保存のために購入!
先日、須磨離宮道のランドマーク、旧室谷邸の解体という悲しいニュースについてエント ...続きを見る
余は如何にして道楽達人になりしか
2007/02/10 13:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
 グッゲンハイム邸、破損したのはDAIさんの書いていらっしゃるとおり、2004年秋の台風です。そのまま放置されているので、気にはなっていたのですが、最近になって売りに出されたという話を聞きました。どうなってしまうのでしょう。
ふくだ
2006/05/22 19:33
ふくださん>
それで放置状態なんですね(汗) あれから2年も経って
いると、相当いろんな部分に水が回っているのでしょうね。
いろいろ腐食しているでしょうから、早くしないと直る物
も直らなくなってしまうのが怖いです。。。
DAI
2006/05/22 20:06
あいにくの天気だったようですね。
でも、いい写真が撮れて良かったです。
それにしても いろんなお屋敷があるんですねー
歩いても歩いても 飽きることがなさそう。

お会いしたことはありませんが
『すっげー』と子供みたいに嬉しそうな顔をしてるDAIさんが想像できるような気がして、
思わず笑ってしまいました(*^-^*)
梅吉にゃんこ。
2006/05/22 23:13
梅吉にゃんこさん>
今回は 結構長い距離を歩いたんですけど、要所要所
いろんなものを楽しめる行程でした♪
町歩きしてると「すっげぇ〜」とか「う〜っわ!」
とか 結構使うんですよ♪(笑)
DAI
2006/05/23 08:19
「舞子・垂水・塩屋」写真にある処は生まれ育ち遊んだ思い出の地です。
六角堂は長らく舞子のランドマークでしたが、今は色あせてしまった
館内に入った事はない。呉錦堂の孫とは幼馴染で山電の線路の山側に
あった屋敷にはよく遊びに行った、庭内にはテニスコートもあった。
垂水国道脇の民家は漁師町で北川、松下、増田などの姓の家が多くあり
皆、垂水の地の人で小学校の同級生にも何人かいたように思います。
塩屋の異人館には同級生が昭和30年頃まで住んでいた。彼が言うに
は祖父の代に購入したそうです。今年2月の同窓会の時に写真を見せ
たら懐かしいが、情けない状態になつたものだと嘆いていました。
境川付近の浜は境浜海水浴場として有名な場所で遠方からも海水浴に
多くの人が訪れていたようです。その頃には山陽電車が国道を走って
いたました。高校のロードレースは舞子⇔境川往復がコースでした。
またの
2006/05/23 14:36
またのさん>
驚きのお話の連続です! 呉錦堂さんは、先日 六角堂
で習いました。 まさに六角堂を建てた華僑さん。 そ
んな人のお孫さんと幼馴染だとは! 驚きました!(汗)

垂水の漁村の件もそうですし、塩屋のお話も、ホントびっ
くりです!
境川の辺り、JR線より南側の波返しにレンガ塀?かなに
かの痕跡がありますよね? どこかで聞いたと思うのです
が、複々線になる以前には海沿いに屋敷が並んでいたと。
今は線路が増設されて面影はないという事でした。 本当
なのでしょうか?。。。

貴重なお話、どうもありがとうございます。 感動の連続
です!
DAI
2006/05/23 15:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
舞子・垂水・塩屋 鳥瞰図を描きましょう♪・美し都 神戸から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる