鳥瞰図を描きましょう♪・美し都 神戸から

アクセスカウンタ

zoom RSS 神戸の空を飛ぶ

<<   作成日時 : 2006/12/03 21:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

今日 ヘリコプターで三宮の上を飛びました。

とは言っても、僕はヘリを飛ばす資格も器量もありませんので、飛んでもらいました。 目的は、旧居留地の鳥瞰図を描く為だからです。

ざくっと600枚の写真を撮影する事が出来ました。 右側にパイロットが、左側に僕が乗りまして、ドアの窓部分に丸い30センチ四方の丸い穴が開いているので、空撮するという事に気を使って頂いている事がよく分かりました。 シートベルトって、普通の車と同じ3点式でした(^^)


駐機場でアイドリングの後に、軽く浮き上がり スルーッと離陸出来る位置に飛びながら移動して行きます。 定位置に来てから ブワッーっと大空へ飛び上がりました。



目の前には神戸港が! いっきに海の上に出ます! 目の前には三菱の造船所が!  右旋回をして高度を上げていくのですが、右手にはポーアイの西側コンテナバース跡が、 左手には遠くに兵庫突堤! そして川重の前を通り過ぎて、正面にメリケンパークオリエンタルホテル、ポートタワー、ホテルオークラが迫って来ました!

画像




その頃には300m以上の距離に飛び上がっていて 右に旋回して新港突堤の上を飛んで行きます。 周囲の大パノラマに見惚れてしまいました。 どこまでも広い空、六甲の山並み、そして眼下に広がる神戸の街。

画像




旧居留地を半時計周りに旋回して行きます。 その間 僕はかぶりつきで 丸い窓の穴から眼下の居留地を撮影開始! 左旋回していくと西に向きます。 遠くに兵庫や長田、須磨が! 気がつくと元町5丁目か6丁目辺りにまで来てしまっていたので、パイロットの方にもう一度左旋回して戻ってもらうようにお願いしました。 それからはパイロットの方の感覚て 居留地の周りを旋回です。

画像


画像



ヘッドセットをつけているので、不自由なくパイロットの方と会話出来るのですが、音声からは 神戸空港の管制官の音声も聞こえて来るんです。 話によると 神戸空港からある一定の距離の中では、それを聞いていなければいけないとの事。 英語で管制官と旅客機のパイロットが話をしているので、何を話しているのか分からないのですが、スカイマーク とか 航空会社の名前をしゃべっているんだなぁ という事は分かりました。



とにかく撮影しまっくていました。 同じ写真がいくらあっても困らない 困るのは 撮っていない事を後で後悔する時、 それが嫌だったので とにかく撮りまくりました。 だいたい2秒に一度のペースで撮影していました。


JRの高架の上辺りを旋回して欲しいとお願いして、遠巻きに飛んでもらったり、貿易センタービルの外側を回るように飛んで欲しいとお願いしたりして、くまなく撮り続けました。

画像



もうだいたいカバー出来ただろうか? と 思った時に「今で何分くらいですかね?」と聞くと 「そうですね〜 35分くらいでしょうか」 と聞き、 「じゃあ 撮り終わりましたので、帰ってもらえますか」 とお願いして、ヘリポートのコントロールタワーに戻る事を伝えて、撮影は終了しました。


帰りは新港東突堤の上を飛んで、ポーアイの東側の海上を南下。 2期島に入ってコンテナバースの真上で右旋回、 ヘリポートにまっすぐ向かいます。


この頃には1ギガのメモリーが一杯になっていたので、撮影する事も出来ず、外を眺めていました。


ヘリポートの定位置に降下して、行く時にした様に 地上から数メートルの高さをスルーッと飛びながら駐機場に移動して 向きを揃えてから着地しました。


あっという間の空の旅でした。 ヘリを降りて、建物の中で待っていると、今日 飛んで頂いた方が来られて、しばし歓談です。 今まで疑問に思っていた事や、ここには行けるのか? という素朴な質問をして、楽しい時間を過ごす事が出来ました。

えっ? 素朴な質問って? それはですねぇ〜 神戸空港の真上って飛べるのか? という事や、明石海峡大橋の主塔にはどこまで接近出来るんですか?とか、 パイロットの方に今まで何時間飛んでいるんですか〜?とか、 ビルの屋上で最近見かけることの多い 丸印の中にRって何の意味なんですか〜?とか を聞きました。

他には、だいたい何mぐらいの高度を飛んでいたのかや、速度って時速で何キロぐらい出ていたのかや、 今回乗った ロビンソンR22というヘリは、何気筒で排気量はいくらぐらいなのか?と。  因みに4気筒だそうで、5リットルぐらいの排気量があるそうです(^^) シリンダー デカイです!!


すっごい楽しい時間でした。 空から見る神戸は素晴らしいです!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
DAIさんのヘリは輝いていました。
見あげながらきっと素晴らしいときを過ごされていることだろうと自分も神戸の街の光景を頭で描いていました。
美しい街です。この街は。
もう二度と壊れることなんてない!と祈りながら。
MASAYO
2006/12/03 21:51
MASAYOさん>
とても幸せでした。 いつもいつも街の中から見ている景色ですけど、それでも飽きない景色でしたが、空から見る事が出来て とても幸せでした。

今日の飛行は、初めてルミナリエを見た時のあの感動のように、自分の中では ずーっと残り続ける神戸の空になると思います。

こうやって、2006年の空から神戸を見る事が出来ましたけど、50年前も100年前も、そこに建っているものは変われど、海も空も山もずーっと存在し続けたんですよね。 これは また50年先も100年先も、街並みは変われど、ずーっとそこに住む人に愛され続ける街なのでしょうね。 今の一時期を見れて幸せでした! どうもありがとうございました。
DAI
2006/12/03 22:21
あ、いいなぁ 空の旅!!
今度は夜間飛行して下さい(笑)

自分の住んでる街も空から見下ろすと全く違った景色に見えるんでしょうかね??
キラキラした目で質問攻めするDAIさんにパイロットの方も内心タジタジ??(笑)

全く関係ないけど 毎朝飲んでるトマトジュースが「神戸居留地のトマトジュース」(笑)
梅吉にゃんこ。
2006/12/03 22:47
梅吉にゃんこさん>
夜間飛行いいですね♪  けど、撮影してもブレブレでまともに撮影出来ないのじゃないかな〜と(^^;)

いろいろ質問しましたけど、 空を飛べるっていいですね! って言うと、 そ?そうですかね・・(汗) という感じの返答でした(笑)

トマトジュースに居留地が表示されている物があるのですか!? へっぇ〜! 知りませんでした(^^;)
DAI
2006/12/03 23:07
DAIさん、こんちは、昨日は、免許更新で、明石へ〜!で、タコフェリーに、乗ってましたが、明石海峡は、風が強かったですが、凄く揺れませんでした〜?昨日は、寒かったですが、空気も澄んで、とてもきもちよかったですね〜!
tasho
2006/12/04 12:13
こんにちは。
いいなぁ〜神戸をお空から見れて!!
でも、怖くなかったですか?
ヘリコプターは、足元も透けているんですよね(>_<)
その上、街並みのお写真を撮るために機体を傾けて飛んだりしたんじゃないですか?
こわーい!!
kobezuki
2006/12/04 12:30
tashoさん>
ヘリポートで離陸時に吹流しがだいぶ流されていました。 上空でもフワッと何mか落ちるようなそんな感覚も何回かありましたし、ブルブル〜と振られる時もありましたが そういうものなんだろうと思ってたんです(^^;)
寒かったですけど快晴で、澄み渡った広い空でした!
DAI
2006/12/04 12:48
kobezukiさん>
それほど怖いとは思わなかったんですけど、揺れた時や ちょい落ちるような感覚の時には冷やっとしましたけど、終始安心して乗る事が出来ました♪ 今回利用した小さいヘリは、足元は開口部ではなかったので、普通に軽自動車よりも小さいサイズの乗り物に乗っているかのようで、安心して楽しめました!
ひたすら半時計回りに居留地の上を旋回するので、左に傾いたりはしていたと思いますが、遠心力と抗力のバランスが取れているのか、あまり傾いているという気はしなかったです(^^) 快適?な空の旅でした♪
DAI
2006/12/04 12:52
遂にやってしまいましたか空撮。いろいろと具体的なことが聞きたくなりますが、それはいいとして、私は、神戸の地理に明るくないのですが、DAIさんが神戸を描くとなると、石原正氏以来の作品になるのではないですか。それとも、氏とは微妙に描くエリアがずれているのですか?
http://blog.so-net.ne.jp/birds-eye_view/
konatu
2006/12/05 22:56
konatuさん>
石原さんが1981年に神戸絵図を出された時には、東西南北 およそ3キロ四方を再現されていますが、今回 僕が描こうと思って撮影した地区は、その石原さんの絵図の中の あくまで一地区であります。 簡単に言うと500m四方という狭い地域です。 この地域には、雑然とした雑居ビルも無く、区画割も市内で最もしっかりしている地区で、神戸を代表するオフィス街となっています。 なので、非常にやり易い地域だと思います。
なぜ ここを選んだかは、一番 描き易いという事、そして一番 神戸でも熱い地域の一つだという事。 神戸ルミナリエが今年も もうまもなく開始となります。 このルミナリエも作品として取り込もうと思いました。 鳥瞰図にルミナリエが入っている事自体 世界でも唯一つではないか と思ったのです。 25年前に神戸絵図を石原さんが出して四半世紀が過ぎて、途中 震災にも遭っていますので、大きく変化しました。 25年前の旧居留地と、06年の旧居留地。 対比するという意味では これほど価値のある地域もないかな と思い ここに決めた次第です(^^;)
DAI
2006/12/05 23:18
おー、すごい。
ヘリチャーターですか。
やる気満々ですね。
鳥瞰図、楽しみにしてまーす。
kamimura
2006/12/06 22:15
kamimuraさん>
はい! 今週末は 現地調査をじっくりとして来たいと思います。 街路樹をチェックして、ルミナリエを詳細に見て調査です。 後は居留地地区のビル1棟1棟を撮影して回って、それから描き出して行きます。 しばらく時間がかかりますが、状況はこちらで発表して行きたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。
DAI
2006/12/06 22:54
はじめまして
ロビンソンR22のエンジンは、セスナ172型機と排気量は同じ位なのですね、初めて知りました。
セスナの方がぐっと格安ですが、滑走路が必要なのがね!
浮力を得る固定翼がある分、燃費がいいのだと思います。
200リットルで5時間〜6時間、時速150kmくらい。
神戸空港周辺の情報 ありがとうございました。
 私は、八尾からの飛行なので神戸市内は通過点でしかありませんでしたし、デジカメを購入したのは神戸空港開港前に空港の上を飛ぶ事を決めた頃でした。
 それまでは、OM−1でフィルムで撮影していましたので失敗も沢山ありました。
ヘリコプターに乗れるほどの余裕がありません(時間当たりの利用料金が高い)
瀬戸大橋の与島で飛んだ6分程度が限界ですね。
神戸市上空はじっくりと飛んでみたい所のひとつですね。
 鳥瞰図 見ていて飽きが来ませんね、航空写真も飽きが来ませんが。
航空写真関係の仕事を30年近くしてきましたので鳥瞰図 好きです。
ひこうちゅうねん
2007/10/29 22:45
http://www7a.biglobe.ne.jp/~mt-rokko/kyoryuti_bev.jpg

ひこうちゅうねんさん
コメント頂き ありがとうございます。 その時の撮影を元に描いた作品は上のURLの絵です。 現物はもっとデカいのでB2サイズの紙に描いています。

八尾をベースにお仕事をされているのですか〜。 それだったら鳥瞰図絵師の故石原正さんも八尾を利用された事があるのではないか?と思います。 恐らく、大阪絵図や奈良絵図、天理絵図、神戸絵図、京都絵図、飛鳥絵図、みんな 八尾からセスナ機をチャーターして ご自身で空撮されただろうと思うのですが。。。

僕にとっては、被写体が三宮だったので、単価は高くても神戸へリポートからのヘリ利用の方が気軽だと思った事と、飛行機だと速度が速い分、撮りたい所を撮りもらして 通過してしまったら また そこに戻ってくるのが大変だろうなぁ しかも神戸だと東西に長く 山が屏風のように連なっていて、南には空港があるから自由には飛べないだろうと思ったんです。 なので 総合的に考えて回転翼機の方があっているなぁ〜って。
DAI
2007/10/30 08:24
最高速度はヘリコプターの方が早いと思います。
神戸空港の上空を飛んだとき何度か(たぶんロビンソンR22かR44)出会いましたが、猛スピードでセスナの前を横切って行ったり、追い抜いて行ったり あまりのスピードの違いに驚かされました。
 速度が選べるのがいい、横にも後ろ向きにも飛べるのがいい。
与島で飛んだときの感想は、レールのないジェットコースターみたい(宙返りはしませんが)に思いました。
セスナでも小さなエアポケットのようにスコーンと落下したことも、気流の乱れの中でガタガタガタと言うような振動もありましたし、紐のように細い雲の中に入ったときの揺れ具合は、表現に困るような複雑な揺れになりました。
 上下・左右・回転・振動 全ての動きが一瞬にして起きたような不思議な動きをしたように感じました。
 飛んでいるときでも 雲はきれいなぁなんて思うのですが、雲の中は気流が乱れている事を実感した一瞬でした。
 くわばらくわばら!
ひこうちゅうねん
2007/10/31 01:01
ひこうちゅうねんさん
僕が飛んだ日は、地上では穏やかな天候だと思われたのですが、上空三百数十mでは、風が強かったと 後でパイロットの方に教えてもらいました。 少々流されているのかな〜という感覚はあったのですが、変な揺れもそれほど無かったので、快適な空の旅だったんです(^^)

旅客機に乗ると 雲の中に入ったり、降下中に雲の層を抜ける時には、ガタガタと揺れますよね。 そういう時はドキドキしながら何事もありませんように!って願いつつ 機窓からの景色を楽しんでいるんですが(^^;)

地に足の付いていない揺れって、落ち着かないですよね。
DAI
2007/10/31 08:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
神戸の空を飛ぶ 鳥瞰図を描きましょう♪・美し都 神戸から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる