鳥瞰図を描きましょう♪・美し都 神戸から

アクセスカウンタ

zoom RSS 驚きが重なった一日

<<   作成日時 : 2007/02/03 14:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日は、僕にとっては驚きの出来事が1件、 捜し求めていたものが手に入ったという事が1件。 の2件の大きな出来事がありました。


高校時代の級友が 長崎で仏料理の店を開いているという事が分かりました。 早速メールでやりとりをしたのでした。 とても懐かしかった。 13年振りでしょうか?
久しく長崎には行った事がありませんでした。 恥ずかしながら中学の修学旅行以来です。

行きたいという気持ちはあったのですが、なかなかそのタイミングがありませんでした。 今夏ぐらいに 行けたらいいなぁと 思っています。


もし長崎に行くならば、原爆の資料館や出島の復元している施設やグラバー園。 また稲佐山からの夜景を楽しみたいですね♪





そして、もう一つの方は、 故 石原正さんの 最大にして 最高傑作である ニューヨークの鳥瞰図 「或る日のミッドタウン」を手に入れたのです。  ずーっと探していました。 ずーっと


2000年頃に、ブック版で そのニューヨークの絵図は発売されていました。 こちらは安く手に入るので 店頭で見た時に クラクラするような感動を味わいながらレジに持って行った事を覚えています。

そのブック版が発売された時に、1万円もする ロール版 「或る日のミッドタウン」も発売されていたのですが、 流石に高額だったのと、 当時はブック版があるからいいや! と思って、購入はしなかったのです。


それから 数年が過ぎて 石原さんが他界された事を知り、 その時から ほうぼうで石原さんの作品を捜し求めては手に入れていたのですが、 この ロール版の「或る日のミッドタウン」だけは、どうしても見つかりませんでした。  それでも諦められなかった一品でした。


その鳥瞰図が手に入ったのです>昨夜


最高に素晴らしい鳥瞰図です。  通りには車が走っていて、 歩道には人が歩いています。  究極の作品ではないでしょうか。

本来なら 額に入れて 飾りたいのですが、A0サイズで とても大きいという事と、今後 手に入らないでしょうから 僕が生きている間は、保存し続けたいので 普段は紙管に入れたまま 保管し続けたいと思います。  そして 見たい時に 広げて見るんです(^^)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
石原氏の鳥瞰図は1部だけ持っているのですが、東京に住んでいる時に買った物で、故郷に帰ってからは、存命中でも売っているのを見た事ないんですよね。東北・北海道の一都市でも描いていればまた違ったんでしょうけど。
http://blog.so-net.ne.jp/birds-eye_view/
konatu
2007/02/04 20:59
konatuさん>
そうですね。 東北・北海道方面の作品が皆無だったんでしたよね。 そういう面では、関西人で良かったと思います。
最初に見たのが地元の神戸を描いた神戸絵図でしたし、その後も 関西の都市の絵図をいろいろと見る事が出来て、すげぇ! すげぇ!の連続でした。
DAI
2007/02/05 00:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
驚きが重なった一日 鳥瞰図を描きましょう♪・美し都 神戸から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる