鳥瞰図を描きましょう♪・美し都 神戸から

アクセスカウンタ

zoom RSS 鳥瞰図絵師 石原正さんの命日

<<   作成日時 : 2007/03/08 12:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今日は、鳥瞰図絵師 石原正さんの亡くなった日です。 2年前の今日でした。  その事実を僕が知るまで 更に8ヶ月の時間を要すんです。



石原正さんは、ちょうど70年前 1937年 昭和12年に函館で誕生されました。


その年 神戸では 僕が通った市立千歳小学校が開校しています。 この翌昭和13年と言うと、神戸では阪神大水害に遭っていますね。


石原さんは、大学を出て、大阪の読売広告社に就職されたのでした。 その当時は大阪読広さんがどこにあったか知りませんが、僕が知っている時期の大阪読広さんは 大阪・梅田の東阪急ビルにありました。


この東阪急ビル。 僕が前職の時に 毎週のように仕事で通った時期がありました。 空調の改修に伴って、事務所の移動(ビリヤードのように)をビル内で請け負っていたのです。 そんな時に大阪読広さんのオフィスも移動をして 空調機器の取替え後に元に戻すというような事もしました。


2001年に僕が石原さんの事務所を訪れた時、大阪読広さんと 東阪急ビルで関わりを持ったんです という話をすると、石原さんは興味を持って聞かれていました。


飯を食べに行った先で、僕をお店の方に紹介されるのですが、彼は 読広さんも知ってるんやで って 話されていたのを覚えています。


そんな石原さんは 1969年 昭和44年に それまで勤めていた大阪読広さんを退職して、鳥瞰図絵師を開業されています。 ちょうど32歳ぐらいでしょうか。 僕は今 31歳なので、同じぐらいですよね・・・


その年、神戸では貿易センタービルが竣工しています。



翌年 大阪万博です。 石原さんのデビュー作 大阪万博会場の鳥瞰図を製作されています。 僕も手元に1部持っていますが、初めての作品なので 試行錯誤をされているんだなという事が分かる作品でした。


その後 千里ニュータウンを描いたり、天理を描いたりと作品が少しずつ増えて行きます。



1981年 44歳かな の年に 神戸絵図や ポートピア博公式ガイドマップを鳥瞰図で描かれました。 鳥瞰図絵師を始めて12年です。


恐らく 石原さんの鳥瞰図の中で一番売れた作品だったのではないでしょうか>ポートピア博のマップ
80万部くらい売れたのでしたでしょうか? 著書の中で、電通さんに利益のほとんどを持っていかれた と嘆いていましたね(^^;)

でも、その時の利益でもって 京都絵図その1、その2を描いたのだったかと思います。



その後 石原さんは 夢だった ニューヨークの鳥瞰図に挑戦され、そして 最高の作品を残されました。 著作権の問題で だいぶ揉めたようで、一般的に店頭で手に入るようになったのは、2000年頃だったと思います。



僕がアトリエを訪れた01年夏頃には 大阪絵図の改訂や 夕陽丘絵図に着手される直前でした。



その後、店頭で 大阪絵図改訂版を手に入れたりして、あぁ〜 石原さん がんばってんねんなぁ〜 と一人嬉しく作品を見ていました。


愛知万博が05年にあって、 石原さんのことだから 万博と言えば鳥瞰図!の持論の元 描いてんのかな〜 と ぼんやり思った事はあったのですが、その事もすぐ忘れてしまっていて、 ふと気付いて ネットで検索したのが05年10月後半でした。


その時に初めて他界された事を知り、呆然とします。


鳥瞰図絵師を開業されて36年。 68歳でこの世を去りました。




それを知ってから 数日は 仕事帰りの夜道 よく上を向いて目から出る汗を拭った事がありました。



いっぺんでいいから 僕が描いた居留地の鳥瞰図を見て欲しかったですね(^^;) 何て言われただろうかな〜。 一応 01年に注意された点については、極力 直して行ったつもりなんだけど・・・ 更に 何を言われるか 何を言ってもらえるのか 楽しみであったりしますね。



去年 旧居留地の鳥瞰図を描こうと決意した時、それを描いたとしても、描いた先の道は行き止まりに見えていました。 今 それを完成させてみると 更に次の道が見えました。


明治時代の居留地の鳥瞰図を定点対比で描けるチャンスです。



それもちゃんと完成させて、また 次の道を見つけますよ! 自分なりのやり方で!


石原正さんのご冥福を祈りつつ、自分自身にも期待して!


画像


画像は、はこだて人物史 石原正 のページより頂きました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
カーネル・サンダースのような穏やかな笑顔ですね。
それだけ尊敬できる方がいるというのは良いですね。
誰かの記憶に残っている間
石原さんは生きているわけですもんね。

うーん
それって凄いことだよなぁ・・・。
梅吉にゃんこ。
2007/03/11 23:15
梅吉にゃんこさん>
僕の中の記憶の石原さんは、この写真に一番近いです(^^)

さあ 来週水曜日は博物館で撮影させてもらえますので、いよいよ次の鳥瞰図も始動です! 今はボチボチ 気になる箇所の資料集めをしてました。>図書館等で
DAI
2007/03/12 08:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
鳥瞰図絵師 石原正さんの命日 鳥瞰図を描きましょう♪・美し都 神戸から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる