鳥瞰図を描きましょう♪・美し都 神戸から

アクセスカウンタ

zoom RSS 居留地15番館

<<   作成日時 : 2007/04/11 08:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

第一回目の競売にかけられた15番地です。  当初はフランスのカンダンベルさんが落札されたようです。  1050u  775円93銭でした。

※楠本利夫さん著作 国際都市神戸の系譜より


画像






この絵に描いている建物(15番館)は 今も存在します。  日本で唯一ではないでしょうか。 居留地時代の外国商館が残っているのは。  ですが、残念なことに 1995年の地震で 完全にペシャンコに潰れてしまいました。
使える部材は極力再利用して (聞くところによると7割も) 再建されて 今も往時の姿を見せてくれています。

画像



今は建材メーカーのノザワさんの本社ビルに囲まれるように建っていますが、当時は すぐ北側に付属屋がありました。  北野の異人館と同じなので 使用人さんの部屋や厨房があったのでしょうね。



この15番館、 ホームページを見ると 明治13年頃に建てられてアメリカ領事館として使用されたとあります。 (http://www.to-ho.co.jp/cafe/)   当初落札された方はフランス人のようなので、明治初年から この建物が出来る明治13年までの間に、また違う建物があり アメリカが所有していた訳ではなかったのでしょうね。


神戸女学院さんが収蔵している 明治12年頃に撮影したパノラマ写真があるのですが、 その写真には 現15番館の建物が写っていますので、撮影した時期が間違っているのか? 完成直前の様子だったのか 気になるところですね(^^)



模型設計者  坂本勝比古先生
模型所蔵    神戸市立博物館



(※ 旧居留地鳥瞰図2006 の複写版ですが、 波止場町TEN×TEN内の井川宏之様のギャラリーに 特別に展示して頂いております。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
カントリー輸入雑貨
カントリー輸入雑貨に関する情報のご紹介です ...続きを見る
カントリー輸入雑貨紹介
2007/04/11 13:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
この白い邸宅、カフェになってるんですね。
子供の頃、こういう邸宅に憧れました
てか、大人になっても女性は好きですね(笑)

華やかだけど上品、梅吉もそんなおなごになりたいもんです(死んでも無理 汗)
梅吉にゃんこ。
2007/04/12 00:33
梅吉にゃんこさん>
華やかだけど上品、梅吉もそんなおなごになりたいもんです(死んでも無理 汗)>

何を仰います!(汗) そんなことないと思いますよ♪

震災前までは中華料理店だったかと思います。 今はカフェなんですけどね。 利用しようと思うと混んでいるので、まだ使った事がないのですが(汗)
DAI
2007/04/12 08:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
居留地15番館 鳥瞰図を描きましょう♪・美し都 神戸から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる