鳥瞰図を描きましょう♪・美し都 神戸から

アクセスカウンタ

zoom RSS 盛岡・平泉 バトル de わんこそば

<<   作成日時 : 2007/05/24 14:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

東家さん 和風木造の2階建てのお店です。  Konatuさんは浮かない顔をされていました。 あまり乗り気でないとか。

画像


1階では、普通のそばを食べるコーナーのようで、わんこそばを食べる客は 2階の座敷席に通されました。

画像






2階に上がるとすごい光景が!!  お店のおばちゃんの掛け声と共に、テーブルに座っているお客さんがテンポよくそばを食べていらっしゃるのですが、テーブルの上には お椀が山積みになっていますよ!!  うひゃ〜!  なんか ドキドキですね!(^^)

画像






案内されたテーブルについて、周りを見回すと すぐ後ろでは わんこそばバトルが繰り広げられているんですよね。  自分達のテーブルにも お椀と薬味や蓋が運ばれて来ました。 そういった品を確かめつつ、ドッキドキでしたよ。

画像


画像





Konatuさん 憂鬱そう(^^;)   昨夜の冨澤BALLOONさんで 他の人からも わんこそばの事を聞いたのですが、盛岡の人もわんこそばをほとんど食べた事がないらしいのですよね。

僕は想像だけが先行していたので、  きっと 盛岡の人達は 家でも家族でわんこそば やるんだ!  とか みんな外食の時に わんこそばを食べるんだとか! そう思っていたのです(笑)

例えばこんな風に↓



パパ 「母さん 今日は久しぶりに外でゴハンにしようか!」
ママ 「そうねぇ そうしましょうか! 子供達に何が食べたいか聞いてみるわね!」

娘 「私〜 わんこそばがいい!」
息子 「えぇ〜 僕は じゃじゃ麺がいいなぁ〜   けど、わんこそばも食べたい!!」

パパ 「父さんは〜 冷麺が食べたいんだけどな・・・ボソッ」


ママ 「ウフッ 多数決で わんこそばに決まりね♪」




↑こんな光景が盛岡の日常風景だと思っていたのです!(笑)








一番の心配は蓋を閉められるのか? そこですよね。 おばちゃんの攻撃に打ち勝って、蓋を見事閉められるか!? そこが一番のポイント。  これからどんな展開になるのか分からないから この微妙な不安と高揚感があるのですが、 普通 食事をする時に こんなにも気分がバトルモードになる事ってないですよね。  兵庫県北部の※出石(いずし)そばでも 自分の胃袋との闘いはあっても、おばちゃんからの攻撃を巧みにかわし、最終的に見事蓋を閉めるという闘いはないですからね。

※出石そば= 5皿で1人前の 皿そばです。




さあ いつでもかかってこい! おばちゃん!!



画像


画像


と、その前に エプロンを着用。 つゆが飛び散る事があるからなのでしょう。 それと、マグロの刺身やナメコ、海苔、とろろ 等など それと桶が出て来ました。
ここで おばちゃんからバトルシステムについての説明があるのです。 4〜5杯食べると お椀につゆが溜まってくるので、その桶に捨てて下さいって。 バトル終了はお椀に蓋を閉めた時です と教えてもらいました。




その説明があって そう間が無い内に最初のおばちゃんがかかってきましたよ! お盆にkonatuさん曰く16杯分のわんこそばを満載して!  バトルは 心の準備をする前に開始されてしまったのでした〜!!




慌てて お椀を持って、箸を持ちました。  そしてお椀に おばちゃんの掛け声と共に ポソッ!とそばが放り込まれました!


画像


よっしゃ〜!!


噛んだらアカンかったんやな!


つゆは飲んじゃアカンかったんやな!


と頭の中で反復しながら、ズルッと 一噛みぐらいで飲み込みました。  すかさず おばちゃんが「はい じゃんじゃん」 とか 「はい どっこい」  「はい どうぞ」  「はい がんばって」とか1杯、1杯 放り込んで来る時にテンポ良く言いながら 放り込んできます。


一噛みか二噛みぐらいで 飲み込んで行きました。

一人のおばちゃんが 2人〜4人ぐらいを相手していますので、お盆のわんこそばが無くなると すぐに帰って 次のおばちゃんがお盆にわんこそばを満載にして登場するのですが、その隙を見計らって 桶につゆを捨てたりしていました。



おばちゃんは、そばをお椀に放り込むと、そのお椀を 各人のテーブルの所に積み上げて行ってくれるのです。

画像



やってみて分かったのですが、放り込まれるそばの量 一飲みで行けるぐらいの時もあれば 多いやんけ! 噛まないと無理! とか 逆に少ない時もありで バラつきがありましたね。 厨房では戦場のように そばを出す準備をされているのでしょうね。




そば自体はやわらかいので コシはないですね。 そこは出石そばと違っていました。 細いですし。



次々とおばちゃんが放り込んでくれるので、 これ おもろいわ! とか言いながら食べてました。 関西でも欲しいエンターテイメントですね!





30杯を過ぎて、50杯、60杯と枚数を重ねて行く内に 口の中に入れたそばが飲めなくなってきて、口の中に溜まりつつありました。 うぉ〜 そろそろ来たかも! 満腹に近くなってきた!(汗)


画像



Konatuさんは 65杯段階で蓋を閉められました。  残るは俺一人! これは集中的に俺に来るのか?! やばいっ!




と余計な心配をしたのですが、すぐ隣に若い女性が二人 バトッていたので 同じようなペースで進みました。
そろそろ決着をしようと 様子を伺いながら食べていましたね。 74杯、75杯、 手元に蓋がある事を確認して。  けど・・・ 左手でお椀を持って、右手で箸を持っているので手が空かないのですよね。。。




77杯が放り込まれた時に、すかさず箸を置いて 蓋を持ち お椀の中のそばを そのまま口ですすって飲み込んだ後に蓋をしまっ  の瞬間におばちゃんからの最後の攻撃が!!




けど、俺の方が一歩早かった!(ニヤリ)



けど おばちゃんが 入れる寸前だったので もう少し! という事で その78杯目のそばだけ 頂いて あらためて蓋を閉じてバトルが終了しました!

画像




おばちゃんからの執拗な攻撃があるのかと思いきや 案外 普通にバトルを終える事が出来ました。




ふ〜  食った 食った〜!




これおもろいわ〜!   神戸でもやりたいね(^^)





まったりしつつ マグロの刺身を摘んだりしながら おばちゃんが証明書に 食べた枚数を数えてサインペンで記してくれました。  78枚って。


画像




結局 12時ジャストぐらいにバトルが始まって、食べ終わった時には 12時12分ぐらいだったので 十数分の闘いだったようです。  壮絶でした〜。



ちゅうことで、konatuさんが 俺・・・ もう・・・ いい・・・   という引き気味な感じで記念撮影をされました。

画像


          ※念の為に 顔にモザイク処理をさせて頂きました。




皆さん 盛岡に行かれた時には是非 わんこそばバトルを楽しんで下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
タイトルが前回までと違うところで、既にウケてしまいました。
そう、私は昨日飲んだビールの所為でお腹がゆるかったのです。と言うより、わんこそばっておばちゃんと1対1になると恐ろしい事になりそうなので、やりたくないのです。昔は、いろんなおばちゃんの職業魂とも言える逸話を聞いて育ったのであれは恐いです。あと、今回は本店に行きましたが、あの本店の2階って、無限にお客さんを吸い込むんですよね。あれも恐いのです。
あと私は、新聞にも顔出てるし、憂鬱さは顔に出ているので、モザイクかけなくても良いですよ。むしろ、モザイク無い方が伝わると思いますので。
写真撮って頂きありがとうございました。
konatu
2007/05/24 21:50
ゲップ、うぃ〜、DAIさん、読んだだけでおなか一杯になってしまいました〜(^^ゞ
MASAYO
2007/05/24 22:22
konatuさん>
是非 その1対1時のおばちゃんの職業魂!お伺いしたいです!(^^)

あのお店 僕達が利用した後に、団体さんが到着したのだろうと思うのですが、いったい何人のおばちゃんが腕をふるっていたのでしょうね。

もうちょっとおばちゃんとトークしたかったです!(笑)
DAI
2007/05/24 23:03
MASAYOさん>
わんこそば屋さん神戸店 是非欲しいです!!(^^) あれ めっちゃ面白いです〜! またやりたくて・・・ ウズウズ

恥ずかしながら 8時だよ全員集合のコントの中で、加藤茶と志村けんがわんこそばを食べるのを見て、それ以来 夢のように覚えていたのでした(笑)
DAI
2007/05/24 23:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
盛岡・平泉 バトル de わんこそば 鳥瞰図を描きましょう♪・美し都 神戸から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる