鳥瞰図を描きましょう♪・美し都 神戸から

アクセスカウンタ

zoom RSS 旧居留地鳥瞰図16・21・22・27・28番

<<   作成日時 : 2008/02/21 08:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

旧居留地鳥瞰図 16・21・22・27・28番の5区画です。


画像



16番と21番は 第1回競売にかけられた土地で、 22番、27番、28番は第2回競売にかけられた土地です。

16番の面積は 1050平方メートル、  落札価格は  756円3銭でした。  イギリスの ジョージ・クレーさんです。

21番の面積も 1050平方メートル、  落札価格は  656円57銭でした。  オランダのボングルさんが落札です。



27番の面積も 1050平方メートル、  落札価格は  756円3銭です。  フランスのセウクロンさん。

28番も面積は同じで、  落札価格は  760円1銭でした。  プロシアのエフ・レウンツさんです。




画像


その区画には 今は 三井住友銀行系のビルと ルイ・ヴィトンの店舗があります。 毎年 神戸ルミナリエの際には スタートの場所になって 大変混雑する場所です。



明治初期に 神戸にやってきた異人さん、 まさか 130年も後の世に ルミナリエのようなイベントが開催されるようになるなんて 思いもよらなかったでしょうね(^^)



「国際都市神戸の系譜」 競売情報を引用
模型設計者  坂本勝比古先生
模型所蔵    神戸市立博物館



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
庭にはどんな草木が生えていたんでしょうね。
芝だったのか、何も植えてなかったのか、木が茂っていたのか。
空き地として描かれているとそんな事が気になります。
http://blog.so-net.ne.jp/birds-eye_view/
konatu
2008/02/22 00:03
ちなみに、東京では鉄砲州築地に居留地が開設されました。(1968年11月)図面また、送ります。
おおそらひろし
2008/02/22 03:41
konatuさん
模型写真を見ている限りでは、芝生だったり砂地だったり 中には花壇がある箇所もあったりしています。
明治期の写真が限られている事や、図面も限られているでしょうし、戦災で失った資料も多々あるでしょうから、芝生や砂地など 想像から表現されている事も多いのではないかと思っています。
DAI
2008/02/22 09:14
おおそらひろしさん
それぞれの開港場に開設された居留地の平面図を見てみると、やはり神戸の居留地は素晴らしい都市計画だと思います。 今の人から見ても うらやむような まちづくりが実施されたのではないかなと。
東西南北 正確に街路が引かれて、下水道やガス燈のガス配管が埋設されていて、歩道と道路が分かれていて、適切な位置に公園を配置して、まさにニュータウンを作る時の都市計画の楽しさというモノと相通じるように思います(^^)
DAI
2008/02/22 09:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
旧居留地鳥瞰図16・21・22・27・28番 鳥瞰図を描きましょう♪・美し都 神戸から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる