鳥瞰図を描きましょう♪・美し都 神戸から

アクセスカウンタ

zoom RSS 旧居留地1〜4番

<<   作成日時 : 2008/02/13 09:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像




旧居留地1〜4番は、今から140年前 1868年9月10日に 第一回目競売にかけられた土地です。



1番 面積1719u  1693円25銭で イギリスのアスピナル・コロネスさんが落札。


2番 面積1739u  1317円50銭で アメリカのウォルシュ・ホール商会が落札。


3番 面積1063u  866円5銭で アメリカのスミス・ヘークルさんが落札。


4番 面積1150u  871円88銭で 同じくスミス・ヘークルさんが落札。





画像


現在 1番と2番の土地には 兵庫県農業会館が建っています。  3番には海岸ビル、4番には新明海ビル。


この2番のウォルシュ・ホール商会さんというと、 三宮センター街の入口辺りで 製紙工場を開設されていましたね。  明治31年に三菱に譲渡されて、後に高砂へ移転しました。

2番の建物も 後に 旧香港上海銀行神戸支店として使用されています。 どちらかというと、僕にとっては この旧香港上海銀行の印象が強いです。





ジョン・ウォルシュさんは、明治30年に亡くなり 小野浜の外人墓地に埋葬されました。 今は 再度の外人墓地で 静かに神戸の姿を見守り続けて下さっています。



「国際都市神戸の系譜」 競売情報を引用
模型設計者  坂本勝比古先生
模型所蔵    神戸市立博物館




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おっ、鳥瞰図再開ですね。
1868年9月10日というと、東北では会津若松城包囲戦の最中で、盛岡藩や庄内藩あたりもまだ明治新政府軍と戦っていた頃です。

そんな時に、神戸では居留地のまちづくりが始まっていたのですね。

と、旧暦の日付だと思って書いていますが、外国人向けの競売だともしかして新暦の日付でしょうか。だったらまるで見当違いの話になってしまいます(^_^;
ふくだ
2008/02/13 23:36
ふくださん
新暦で書いていたので、少々ずれてしまいますね(^^;)

2月4日には神戸事件が発生していますし、戊辰戦争の真っ最中ですね。

まだ国内すべてが安定した状況ではない中で、翌年には生田の森の東側に競馬場が出来たりと、旧幕府側と明治新政府側と凄惨な争いをしつつ、ある場所では、新しい国作りが進んでいる すごい時代ですね。
DAI
2008/02/14 08:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
旧居留地1〜4番 鳥瞰図を描きましょう♪・美し都 神戸から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる