鳥瞰図を描きましょう♪・美し都 神戸から

アクセスカウンタ

zoom RSS 神戸の鳥瞰図 神戸国際会館

<<   作成日時 : 2010/10/26 22:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

今日 やっと神戸国際会館が完成しました。 この建物を描くのに3日かかりました(^^;)

画像


1956年 昭和31年  進駐軍が駐留キャンプを置いていたイーストキャンプの跡地にコンサートホールや映画館、ホテルなどの複合施設を開きました>神戸国際会館。

神戸の三宮では、国際会館、阪急会館、新聞会館と、それぞれが三宮のランドマークであり、新聞会館や国際会館は当時の神戸にとって戦災復興の象徴と呼ばれた施設でもありました。

僕は昭和50年代生まれですから、戦争を意識する事は歴史の教科書の中からだけになってしまうのですが、その僕が生きている間でも、この国際会館といっしょの時間を歩んで来たので、この会館ビルが戦後の神戸の人と共に歩んで来た歴史を 伊達じゃないなぁって思う面は今となってはあります。



1995年の地震で、旧会館ビルは高層棟の上部が層崩壊して、無残な姿を晒すこととなりました。 三宮駅前のランドマークをこの時に失いました。  震災後数年 更地だった事は忘れられないことですし、その間 ハーバーランドの神戸阪急の隣の土地で仮設テント地の仮の会館が設けられた事も、今となっては忘れられない貴重な一時期だと思います。


1999年 今から11年前に国際会館は、元の場所に戻って来てくれました。




画像


神戸にとって、この国際会館はなくてはならない市民の心の拠り所だと思うし、三宮にデン!と国際会館があるから三宮がひきしまるとも思います。


このビルの最上部には”神戸キャンドル”という名称の、震災で犠牲になった方々への鎮魂の思いと、被災地の復興への思いが込められたキャンドルが毎日 温かな光を放っています。





神戸には無くてはならない 神戸国際会館です。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
神戸国際会館のUP有難うございます
娘時代 昭和30年代の神戸には
国際会館の想い出が詰まっています〜
昭和40年に結婚しまして 翌年から
首都圏での暮らしになりましたけれど
結婚式は ここのホテルなのですよ〜

震災を乗り越えて
新しい街に変わっていく神戸 
応援してま〜す     
は〜さん
2010/10/27 21:12
は〜さん
国際ホテルですよね?! 今の時世のホテルとは簡単に比べられませんが、当時の神戸にとって ホテルは格別の場所だったんだと思います。

石原裕次郎主演の 赤い波止場 という映画 昭和30年代前半のものですが、当時の神戸が映像で生々しく写っています。

国際会館もさりげなく出ていましたよ!
DAI
2010/10/27 21:55
DAIさん 昔の映画もお詳しいですね
昭和30年代 音楽会は国際会館
映画は阪急会館 神戸新聞会館でした
ホテルはオリエンタルホテルが有名で
神戸国際ホテルは知らない人も?
半世紀が過ぎて〜変わりましたけれど
変わらない独特の文化〜感じます〜  
は〜さん
2010/10/28 20:48
は〜さん
神戸国際ホテル いつまであったのでしょうね。。
僕が物心ついた時にはオフィスビルでした。 ドイツ領事館があったりしましたよ!

1階にはマクドナルドがありましたし。 松竹系の映画館もありましたね!

赤い波止場 は、DVDでも販売されているのですが、なかなかに良い映画ですよ、また機会がありましたらご覧下さい!
DAI
2010/10/28 21:51
DAIさんと わたしは
親子世代いえ祖父母世代ほど
離れていますが〜
それにしても神戸国際ホテル
昭和40年代には すっかり
変わってしまったようですね

赤い波止場
DVDで 観せて頂きますね  
は〜さん
2010/10/30 20:52
は〜さん
神戸国際ホテル 昭和57年まであったそうです。 ポートピア博覧会の翌年まででした。 57年にホテルとしては廃業されたようです。 
DAI
2010/11/01 07:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
神戸の鳥瞰図 神戸国際会館 鳥瞰図を描きましょう♪・美し都 神戸から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる