鳥瞰図を描きましょう♪・美し都 神戸から

アクセスカウンタ

zoom RSS 神戸の鳥瞰図 神戸新聞会館(ミント神戸)

<<   作成日時 : 2010/11/21 14:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

みなと神戸バーズアイマップ   JR三ノ宮駅前にそびえる ミント神戸です。



画像

この建物は2006年 今から4年前の10月にオープンしました。  複合的な建物で 1階には高速バスのバスターミナルが。 2〜8階までは商業施設。 9〜12階には映画館が8スクリーン。  13階から上はオフィスと、 18階建ての建物になっています。 最上階には有料の貸スペースがありましたっけ。




今はミント神戸と呼ばれて親しまれていますが、長らく神戸市民にとっては ”新聞会館”と呼ぶ方に馴染んできました。

ミント神戸が出来る前のビルは神戸新聞社の本社ビルで、昭和31年に完成しました。 「神戸新聞会館」  建物の北側には山一證券の大きな富士山の壁画があって、JR線や阪急電鉄線、ポートライナーからよく見えるので、市民にとても親しまれる神戸の景色でした。


1995年の震災で旧会館ビルは同時期に出来た 国際会館、そごう本館増築棟、 ちょっと後の時代の交通センタービルと同じように、中間階に大きなダメージを受けていました。  柱のせん断破壊が凄かったです。  会館中の窓ガラスが割れていましたし、大きな余震がくれば非常に危険な状態で、 会館内に新聞製作のコンピューターを設置していた事もあって、自力での新聞製作が無理になり、災害時の援助協定を結んでいた京都新聞さんの力を借りながら、一日も新聞発行を休むことなく、被災地の新聞社として発行し続けました。


長い時間をかけながら 解体されて行きました。  新聞会館が無くなった後 長らく地平式の駐車場として使われていましたね。


ミント神戸が建設される時、 地面の掘削が始まるのですが、地下から 旧会館ビルの地下空間がそのまま露出してきた時は胸が躍りました。

地下で新聞会館は生きてたんや〜!!! って。  驚きと、涙がでてきそうでした。



その後、京町のオリエンタルホテルでも、地下からオリエンタルホテルの躯体が出て来て 驚いたもんです。







画像






この記事のタイトル ”神戸の鳥瞰図 神戸新聞会館(ミント神戸)” と、先に旧称の新聞会館の名前を持ってきました。 旧会館ビルさんに敬意を表して、あえて旧称を先に書かせてもらいました。  新ビル関係者の皆様に失礼だとは思いつつ、あえて先に書かせてもらっていますm(_ _)m




ミント神戸が 神戸市民と、神戸を訪れるたくさんの方々に末永く 愛され続けますように!




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
神戸の鳥瞰図 神戸新聞会館(ミント神戸) 鳥瞰図を描きましょう♪・美し都 神戸から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる