鳥瞰図を描きましょう♪・美し都 神戸から

アクセスカウンタ

zoom RSS 神戸の鳥瞰図 JR三ノ宮駅

<<   作成日時 : 2010/12/05 16:34   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

みなと神戸バーズアイマップ 描画範囲の中での正真正銘の最北部分 JR三ノ宮駅を描きました。


画像


この三ノ宮駅  神戸―大阪間に明治7年に官設鉄道が開通した時に開業した駅なので、日本の鉄道史の中でも有数の古い歴史を誇る駅です。

が、元々 開業した時の三ノ宮駅は今の場所にはなく、現在のJR元町駅の場所にありました。  現在の場所に移転したのは、灘と鷹取間の市内連続立体交差化した昭和6年になります。


この灘―鷹取間の連続立体交差化も、調べれば調べるほどに興味深い事が出て来るのですが、例えば元々は地上を走っていた省線(現JR線)に対して、神戸市電が市内で4箇所 立体交差をしていました。 三宮のフラワーロード部分、神戸駅東の相生橋、神戸駅西の新開地本通りの所、長田区の御蔵、 その4箇所で省線の上を越えていた神戸市電ですが、省線が高架化するにあたって、一晩で上下を逆転させるという難工事をされています。

僕が見る中では相生橋のところでは、JRの高架にもその一晩での切り替えの名残を見る事が出来るのですが、他の3箇所については調べていないので、痕跡のようなものは見つけてはいないのですが、鉄筋コンクリートの高架ですから、何かしら痕跡が残っているのではないかと期待していたりします(^^)





画像


三宮には、JR線、市営地下鉄線、阪急線、阪神線、ポートライナーと5つの駅と地下鉄海岸線の駅を合わせて6駅が集まっていますが、 他の駅では三宮の間にノが入りませんが、JRだけは開業以来 三宮ではなく 三ノ宮 と表記しています。


駅名の由来は、元々立地していた元町駅のそばにある三宮神社の三宮からです。




ウィキペディアによると、JR三ノ宮駅の2008年度の一日の平均乗車人数は約12万人。 JR西日本の駅では第5位だそうです。


大神戸の実質的中心駅 JR三ノ宮駅です。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
神戸の鳥瞰図 JR三ノ宮駅 鳥瞰図を描きましょう♪・美し都 神戸から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる