鳥瞰図を描きましょう♪・美し都 神戸から

アクセスカウンタ

zoom RSS おめでとうございます

<<   作成日時 : 2012/01/06 16:28   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


年が変わって6日になりましたが、ブログの方では みなさま おめでとうございます。 忙しい一年だった去年が過ぎて新しい年になりましたが、今年はどんな一年になりますでしょうか。  希望としては穏やかな一年であって欲しいと願っています。


僕にとって、去年の大きな出来事は何と言っても初作品展でした。 大きな反響をいただいて、とても幸せな時間を過ごす事が出来ました。 そこに行きつくまでの数か月は時間に追われて大変な時期でもありました。

あまり本業の仕事の方は芳しくないので、今年はどうなるかな?という危惧もあったりします。 でも、やりたいこと、やらねばならないことは、続けて行きたいと思ってます。




さて、今回は単品の鳥瞰図で神戸市立博物館です。 去年に描いたものなんですが、今年の年賀状用に描きました。 描く作業としては2時間くらいだったかな〜。 その後 スキャンしてフォトショで色塗りをしました。

今年はこんな単品シリーズも描いて行こうと思っています。 けど、自分で言うのもなんですが、味わい深さというものからはかけ離れていますね(^^;) もう少し味のある絵を描いていきたいな。




関係ない話なんですが、正月にちょいと名古屋に行ってきました。 乗り物オタクな旅になったんですが、一度見てみたかったものや、一度乗ってみたかったものを利用してきました。
去年のお盆にも名古屋に行ったんですが(その時は明治村がメインの訪問目的で) その際に名鉄名古屋駅を見て衝撃を受けたんです。 あの異常な地下の浅さ、神戸には無い地下駅だったので、あの駅の事をもっと知りたいという気持ちもあって、今回さらに駅構内を歩いてみて謎だった部分を自分の中で解決して行ったんです。

そうして思ったのが、地下も鳥瞰図的に描いたら面白いだろうなと。 東京の地下街の絵を黒澤達矢さんが透視図で描かれていたりもしますし。

名鉄名古屋駅については、改札口のある階が北口部分では、地上からわずか階段を7段ばかし下りただけの、極々浅い地下にありまして、その下が軌道階になっていました。 名鉄百貨店の直下にも改札口があるのですが、それだけ浅い地下に軌道階やコンコースがあるので、地上の百貨店部分も地下の配置に大きく影響を受けているんですよね。 百貨店の1階と2階に吹き抜けがある空間の使い方とか、地下駅空間への対応だというのが分かりました。


複雑に絡み合う地下街や地下駅というのは迷路のようで面白い存在でもあります。



何の話をしているのか分からなくなりましたが、今年は次の目標であるポートアイランドを1、2期ともに描くスタートになります。

1期島は30年以上前に街開きをした場所ですし、2期島は今まさに成長している島。 自ずと建っている建物も年代を表しているし、土地の使い方とかも年代が表れていると思います。  港湾施設部分も1981年に石原正さんが描かれた時代とは大きく変化しています。
僕はそんな1期島には1期島が歩んで来た歴史や良さを。 2期島にはこれからも変化していくであろう今の姿を残して行きたいと思っています。





今年もどうぞよろしくお願い致します。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今年も神戸の鳥瞰図の神様としての御活躍を期待しております!
頑張って下さい!
今年も
2012/01/08 17:26
今年さん
ありがとうございます。 毎回試行錯誤の連続ですf^_^;) 前回の問題点は今回では解決出来るように。そして石原さんのように一本一本の線を丁寧に描くという事を心がけないといけません。がんばります(^ ^)

それと神様の領域には程遠いので、一歩ずつ歩いて行きたいと思います。
DAI
2012/01/08 19:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
おめでとうございます 鳥瞰図を描きましょう♪・美し都 神戸から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる