鳥瞰図を描きましょう♪・美し都 神戸から

アクセスカウンタ

zoom RSS 倉敷の鳥瞰図絵師に会いに その3

<<   作成日時 : 2012/05/28 16:30   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

前回 その2で岡本直樹先生の御一行と合流した訳ですが、まちあるきをしていくという事で、どんな所に行くのかな〜と期待と不安とを味わいながら付いて行きました。

中国銀行倉敷支店の前を歩いて、林源十郎商店前を通過、最初の角を西へ進みます。
阿知南の信号を渡って西側へ。 ここも昼間に僕は大橋家住宅を見る為に通った道でした。 歩きながら、岡本先生の御弟子さんと鳥瞰図の事を話しつつ、持って来ていた石原正さんの鳥瞰図を御弟子さんに見せてあげました。

大橋家住宅の前、つくぼさんの前、風別館のお庭を通り抜けて水路のある通りへ。 この水路のある通りも前回 倉敷に来た時に歩いた道でした〜。





画像

一番街って言うんだったかな? アーケードの細い路地を歩いて行きます。 ここはシャッター通りになっています。




岡本先生がこんな道はみんな知らないでしょ?ってな事で広島銀行の南側辺りの細い路地裏を通り抜けて元町通りへ。



画像



水分補給との事でステーションホテル下のコンビニに立ち寄ってから引き続きまちあるき継続です(^^)




駅前の中国銀行の前を通って一番の大きなアーケードの通り ビオス倉敷へ。
天満屋さんのあった跡地の駐車場を横目に倉敷デパートという市場の前を通過。 鶴形1丁目交差点を北に進んで昭和町の古い町家を見学。 周辺は倉敷中央病院来院の方なのか? ほとんどの区画が駐車場になっている地域でした。 NPO法人倉敷町家トラストさんの方が丁寧に説明して下さいました。



町家を後にして南下。 教会の前を通ってJAの交差点の向かい側の電器屋さんのガレージ内に飾っている岡本先生の若い頃の絵を見せてもらい、えびす湯さんの前に道を南下。 そこで岡本先生のご自宅が見えるよ!って教えて頂きました(^^)



鶴形山への登山道の前を抜けるとぐるっと一周です。 林源十郎商店さんの裏手にある元々は倉敷川の開渠だった所が暗渠になった細い路地を抜けて物語館の裏手へ。
大原邸の裏側、有隣荘の裏側、旅館鶴形さんの裏側、旅館くらしきさんの前辺りで、開渠があった時に子供時代落っこちて溺れかかったんだよって岡本先生(^^;)




画像


そうして懇親会の会場となる つね家さんに到着。


画像

僕が合流してからのまちあるきは約2時間でした。  そして18時半からつね家さんで懇親会。 ここでも盛り上がって、気付いたらお開きが22時過ぎでした(汗)


岡本先生とも鳥瞰図の事でいろいろお話させて頂く事が出来たし、御弟子さんとも。 作業の難しいところや、めんどくさいところや、楽しいところ、遊べるところ、日本では都市の鳥瞰図を描く人がほんとに少ないという話も含めて。





メインは明日のワークショップでして、前日から倉敷に来たのは、明日はじっくり美観地区の見学が出来ないだろうと考えたからなのですが、偶然 岡本先生の一団と合流する事が出来て、初めて会ったにも関わらず すっかりと仲間に入れて下さり幸せな一時を過ごす事が出来ました。

懇親会の席で岡本先生と鳥瞰図絵師サミットだね〜 とか冗談も交えつつ(^^)


そんなこんなの倉敷の夜になりました。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
倉敷の鳥瞰図絵師に会いに その3 鳥瞰図を描きましょう♪・美し都 神戸から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる