鳥瞰図を描きましょう♪・美し都 神戸から

アクセスカウンタ

zoom RSS ポーアイ・神戸空港鳥瞰図 滑走路

<<   作成日時 : 2013/01/16 14:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

神戸空港島を東側から空撮した時の様子です。 長さは2500m。 鳥瞰図の縮尺は1600分1で描いていますので、約1.6m弱になります。 小柄な方の背丈とほぼ同じ大きさの絵図です。






一応 暫定的ではありますが、滑走路部分だけの描線が出来ました。 こんな感じです。

画像


空港島の南側護岸に並ぶ消波ブロックは東端から約1キロ分程度が描けています。 まだ倍以上が残っていますね。

誘導路部分も描けていないのと、島の北側にある埋立地の建物等も全くこれからです。

まず、背骨としての滑走路が描けたので、どんどん幅を広げて行きたいと思います。


これでジャンボ機も離着陸出来る長さの滑走路が一応 形作られました。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
青山先生
何故、都市鳥瞰図に空港絵図が見あたらないのかこれで分りました。
滑走路の面積が大きいからです。もし滑走路の全体絵図に対する割合を小さくしようとして、縮尺を1/5000にして、この神戸空港鳥瞰図を描くと滑走路の長さは、約50pとなりますが、ボーイング737−800型機は、約1pとなります。これでは、他のものを描画するのはつらいです。広くて長い滑走路ばっかり目立ちます。だから空港絵図は敬遠されたのではと勝手に想像しています。
しかし、先生の神戸空港絵図は、1/1600です。いろいろな空港施設が描けそうです。面積が大きくてご苦労と思いますが、今まで見たことのない絵図を楽しみにしております。
それから、倉敷の岡本先生の作品展のお知らせありがとうございました。
是非、拝見したいものとこちらも楽しみにしております。
haw
2013/01/16 20:53
haw様
2.5キロの滑走路と余白部分を考えると、前作のみなと神戸バーズアイマップ2008と同じ幅になってしまうんですよね。 空港島一つ描くだけで、前作と同じ大きさってびっくりしてしまいます。
展示する場所が無い(汗)

普通に見ると空きスペースばっかりで面白くない絵図になると思うのですが、そんな中にも遊びを入れて、世界にたった一つの神戸空港の鳥瞰図を完成させて行きます!
青山
2013/01/17 08:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
ポーアイ・神戸空港鳥瞰図 滑走路 鳥瞰図を描きましょう♪・美し都 神戸から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる