鳥瞰図を描きましょう♪・美し都 神戸から

アクセスカウンタ

zoom RSS みなと神戸バーズアイマップ1868

<<   作成日時 : 2016/12/15 16:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

来年 神戸開港150年を迎えますが、その時に合わせて開港期の鳥瞰図を描きました。


作品名 みなと神戸バーズアイマップ1868



画像





この鳥瞰図を描くにあたって、神戸大学名誉教授の神木哲男先生に監修をして頂きました。
1868年ちょうどの地図は存在していないので、これを描くためには前後した年代の地図をベースに想像も交えつつ描くしかない部分もありました。

開港した時の写真も存在していないので、イラストレイテッドロンドンニュースに掲載された絵も参考にしております。

神戸が開港した時には外国の軍艦18隻が来航していました。 艦隊旗艦のロドニー号は神戸海洋博物館に縮小模型がありますので、それを参考にしております。
さりげなく祝砲を打っているところや、登舷礼で神戸開港へ敬意を表していたりしてます。


作者なりの遊びを随所に込めているのですが、僕しか分からないことばかりなので機会があればネタばらしをしていきたいなと思っておりますがあまり期待はしないで下さい笑






画像

左上は生田神社。 本殿も拝殿も今の建物とは違います。 幕末明治期の建物については彩色絵葉書や境内の絵図を参考にしました。  下に架かる橋はちょうどJR三ノ宮駅の場所。 西国街道になっています。




画像

造成工事の進む居留地と三宮神社辺りです。 居留地は神戸開港の時には造成工事が始まってまだ4ヶ月程度だとのことなので、取り急ぎ第一回競売を行えるように、一回目の競売地を優先的に造成を進めているという絵にしています。 そこは僕の想像です。




画像

ここは神戸の人にとっては印象深い 海軍操練所の跡地であり、更にその前には網屋吉兵衛の船蓼場があったところ。 入江の北半分は国道2号線になっていますし、南半分は阪神高速京橋ICになっています。






過去に遡って鳥瞰図を描くというのは難しくもあり、またやりがいもあり、誰も過去にやった事がないという自負心も抱きつつ描き進めて参りました。 もちろん いろんな方に助けてもらいましたし、思い切って肩を押してくれた方もいました。 描画作業は自分自身との戦いでしたが、助けて頂いた一人一人の皆さんにとても感謝しています。 ありがとうございました。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
150年経って開港時の姿が蘇りましたね。すばらしい! 
「遊び」を探すのも楽しいので、発行が待ち遠しいです。 燕楽(ね) 
燕楽
2016/12/19 10:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
みなと神戸バーズアイマップ1868 鳥瞰図を描きましょう♪・美し都 神戸から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる