鳥瞰図を描きましょう♪・美し都 神戸から

アクセスカウンタ

zoom RSS 渡独記録2

<<   作成日時 : 2017/06/17 09:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

6月5日(月) ハノーファー空港前のホテルの部屋でゴロゴロして時間を潰すのももったいないので早めにチェックアウトすることにした。 チップの小銭がなかったので一度フロントで10ユーロ札を小銭に崩してもらう。
枕元に「Thank you!」とメモ紙を書いてその上にコインを置いて部屋を出る。


朝7時前のハノーファー空港。 メタルメタルしい内装のターミナル内。地震の無い国の建物って華奢だよなぁと思いながら館内をさらっと回ってみた。 日本だったら絶対変形して元に戻らないタイプの建物だなって思った。
画像




Sバーンに乗るのにエスカレーターで地下に下りる。下りたらそのままプラットホームだった。 マジで改札がない!!これがドイツか!!と自分の目で見て衝撃を受ける。
ホームには自動券売機があったので切符を買う事に。 液晶画面では言葉を選択する事が出来るので”英語”を選択。 出発駅と目的地駅を選んで切符を購入。 買った切符が合っているか確証は無いんだけど、とりあえず3.4ユーロの切符でした。
画像


画像





電車の扉は扉開ボタンを押さないと開かないので、開ボタンを押して車内に入る。扉は少しの間を置いて勝手に締まるようになっていた。 初めて乗るドイツの近郊列車。車内興味津々で隣の車両へ歩いて行く。 適当なシートに座って発車を待った。 始発駅なので定刻通りに発車して行く。 早朝なので車内はガラガラ。数人しか乗っていなかったと思う。

地下線を出ると初めて見るドイツの車窓。 すごく落書きが多かった。沿線の建物の壁から軌道沿いの防音壁から、いたるところに膨大なスプレーでの落書き。 明らかに線路敷きに侵入しないと描けないような落書きや、勝手に建物に侵入して壁面に落書きしていたり。 通過していく車両にまで落書きされていた。 そんな車両が営業運転されているドイツ。 日本じゃ考えられないよなあと思いながら、行っても行っても落書きだらけの車窓にすごい所だと思った。



朝7時半前にハノーファー中央駅に到着。 幅広な中央コンコース。そこを各軌道の橋桁が跨いでいる。言葉では言い表せないんだけど、これがすごくかっこいいの。 駅ホームへのエレベーターの配置とか、すごく合理的に考えられていて素晴らしい平面レイアウトだと思った。

重たいトランクをコインロッカーに預けて(やり方は日本と同じ。5ユーロ) 身軽になってからまちの散策に出かけてみた。 駅舎を出て振り返るとすごく重厚感のある立派な駅舎 かっこいいよ〜!

画像





駅前の広場 縦横に張り巡らされた架空線に照明器具が吊るされている。 ドイツってこういう照明の文化なんだなあと感じた。 日本だと照明塔が立っていて照らす形式かな?
そしてその駅前広場には路面電車の複線軌道もあった。が架線が無い!! バッテリーで走るのか!! すげぇ!!
画像






駅前から続くメインの通りを歩いてみた。 車が入って来れなくなっているので人の為に広がる町並み。 建物の高さも揃っていて、電線も地中化されていてすごくすっきりした町並み。 歩いていて楽しい町並みだと思った。 神戸の旧居留地を全面的に歩行者天国にした感じと言うか、そもそもの車道がなくてALL歩道にしているのですごくいい感じ。中途半端感が無い。
画像





ハノーファー中央駅に戻って来て、重厚感のある駅舎の2階のマクドナルドで朝食。 メニューを指差ししてお金を払う。 ま、そんなくらいだから通じる。

結局 駅前広場をバッテリーで走行する路面電車を見る事はなかった。見たかったけどね。



気になっていたドイツ鉄道のチケット。乗車前にバリデーションしなくていいのか分からなかったので駅構内にあったドイツ鉄道の案内カウンターの方にチケットを見せて、刻印しなくていいのか尋ねてみた。 するとこのままで乗れるよ 大丈夫!との返答だった。



9時36分発 8番線からICE784号でハンブルグへ乗車した。 初のICE乗車。 シートも予約していたので自分の座席を探してそこに腰掛ける。 発車してすぐに検札が来たっけ。
沿線には北海道の十勝平野のようなだだっ広い雄大な景色が延々と続いていた。そこをMAX200kmくらいで走る。 ドイツ鉄道って軌道の状態がすこぶる良好なのか揺れない。 直線区間が多いだけかも知れないけど変な揺れがなくて快適そのもの。 日本の新幹線よりも車内が静かだし。 きっと防音壁も無いような農場や森林地帯を走るから列車から発生した風切り音や騒音が周囲に拡散するからなのだろうか。 日本の新幹線だと防音壁に反射して車内にかなり響いている気がしている。 とまあ勝手にそう感じただけで、実際はどうか分からないんだけど。
画像


画像


画像






途中ハンブルグ・ハールブルグ駅ってところに停車。 さっきから気になっていたんだけど外にはふわふわと綿が飛んでいる。なんだろこれ?

どんどんと大都会に近づいてくる。 そして水位差の激しそうな川を鉄橋で渡ったり。 普段見慣れない鉄骨アーチの橋があったりすると違う国なんだなぁと思う。

ハンブルグが近づいて来て、すごく興奮し始めていた。 うぉぉぉ!!ハンブルグぅぅ!!!って心境で(笑




11時前 ハンブルグ中央駅に到着。 見上げると巨大な鉄骨と板葺きの覆い屋根が広がっていた。 さすがヨーロッパの駅だ!
南口から西側に出る。 コインロッカーにトランクを預けたかったんだけど見当たらなくてそのまま街まで出てしまった。 しゃあない。

画像





とりあえず市役所目指して歩こう。


続く




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
渡独記録2 鳥瞰図を描きましょう♪・美し都 神戸から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる