鳥瞰図を描きましょう♪・美し都 神戸から

アクセスカウンタ

zoom RSS 渡独記録7

<<   作成日時 : 2017/06/20 17:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

6月7日(水) 朝5時前に起床。 荷造りをしてホテルをチェックアウトする。 駅前に立ち、市電乗り場や2日間お世話になったホテルを眺める。 ブラウンシュヴァイクともさよならだ。
画像




ブラウンシュヴァイク中央駅 5時58分発 ICE275号に乗車。 長い長いミュンヘンまでの鉄道の旅のはじまりだ!

発車してすぐにDBの制服を着た車掌さんが検札に来る。 モルゲン!って挨拶をして、刻印を打ってチケットを返してもらうとダンケシェーン!とお礼を言う。自分でもこのくらいなら手馴れたもんになった。


車掌さんが巡回して行った後、また恰幅のいい女性事務員さんが飲み物等のオーダーを取りに来る。 コーヒーを注文した。 それから数分して各自の注文したものを持って来てくれる。 お会計はシート毎に。 コーヒー1杯3ユーロ。 景色を眺めながらモーニングコーヒー。 ドイツ鉄道(DB)は時間もそれなりに正確だし、揺れも少ないしとても快適だと思う。
画像





7時14分 カッセル駅に到着。 乗り換えの為に下車。 外はむっちゃ寒くてぶるぶる震えた。
画像




7時23分発 ICE581号 ミュンヘン行きに乗車、カッセルからミュンヘンまで4時間弱。 今回の車両のシートはお見合い席というかクロスシートでテーブルが付いていた。 便利なのでテーブルの上にカメラを置く。


フルダ 7時54分停車


ビュルツブルグ 8時28分停車 ロマンティック街道出発地点の町。 車窓から川と遠くに古城が見えて興奮した! 車内でも他の乗客の方々が素晴らしい車窓の景色に見とれている。 40フィートコンテナを積んだ貨物列車が待避線に停車しているのを見たりも。 ビュルツブルグまでは時速200キロ以上で走行する事もあったんだけど、それ以降は概ね100キロくらいの速度で右や左へとよくカーブを曲がっていた。
画像




ミュンヘンまでたっぷりと時間があるので食堂車にも行ってみた。昨日の食事が重かったのもあって軽いものにした。 雄大な平野の景観を楽しみながらの朝食は至福の時間だった。
画像




ミュンヘン到着30分前くらいから徐々に家が増え始める。 そして例のごとく沿線の落書きも見えてきた。


11時06分 定刻より10分早くミュンヘン中央駅19番線に到着。 大きな駅だ。
頭端式で阪急梅田駅みたいな感じ。 先頭車の窓ガラスを駅のスタッフが長い柄のブラシで水洗いしている。虫がたくさん付着してるんだろうね。
画像





この駅の2階で三田市在住の友達と待ち合わせしていた。海外経験が豊富な友達なので事前にいろいろとアドバイスも貰ってた。 予定より少し早くミュンヘン駅に着いたので合流した時は驚いていた。
そして2階にあるレンタカー会社の窓口へ。4社くらいが集まっているのだろうか。AVISさんで車を借りる。
車は近くの立体駐車場の屋上に止めているとの事でそこまでは荷物をゴロゴロと引きずりながら歩いて行った。 ミュンヘンはガシャガシャとした街だというのが第一印象。



屋上に止まっている車を探す探す。 あった! スペインのセアトってメーカーの車。



とりあえず荷物を積み込んで出発なんだけどカーナビの触り方がさっぱり分からなくて困る。 立体駐車場を1階までおりていくんだけど斜路の巾が狭い狭い! なんでもう少し広くしてくれないの!! と擦りそうで気になった。



目的はとりあえずヒュッセンへ。 駐車場を出てナビに従って進むんだけど、駅前が大渋滞。 市電の線路塞いでしまうし、市電来るし、その渋滞区間抜けるだけどかなり時間がかかる。
駅南側のランズベルガー通りを西へ。 高架道路のある交差点を左折して高速道路に入る。と言っても料金所がある訳ではない。 インターチェンジやジャンクションを超えてアウトバーンに入った。 アウトバーンは行き先表示が青い看板なんだとか。 そして制限速度看板も無くなる。



アウトバーン上だけでなく、制限速度の設定がすごく合理的で町の中は低ければ30キロであったり、少し町を抜け始めると50キロになり、町を抜けると70キロ、100キロと段階的に上がっていく。 また逆も然り。
日本とは違ってだだっ広い平地に町や村が点在しているので町と町の間の農場や森しかないところでは100キロ制限くらいで走れる。 大型トラックも普通車もみな同じようにブンブン飛ばして走っていた。



ミュンヘンからフュッセンへの道中に通過した町の名前を記す。 シュタルンベルク、ヴァイルハイム、パイセンベルグ。 このパイセンベルグにカーナビに従って本線から外れて狭い山道に入っていく。 絶対この道おかしい。。。



ベービング、ピシュラッハって村を通過。 13時も過ぎていたのでお腹も減っていた。どこかで昼食を取りたい。 村々を通過する際に何か無いか注意はするんだけど特になくて、そしてたどり着いたロッテンブーフという村でイタリア料理店を見つけてそこで停車。
画像




お店に入ってピザを注文する。 これも美味かった。 どこを走っているのかよく分からずたどり着いたんだけど、方向的にはヒュッセンの方に向かっている。
画像





お店を辞去する時に、お店のおばあさんから教会がオススメだから見て行った方がいいよ!って。




続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
渡独記録7 鳥瞰図を描きましょう♪・美し都 神戸から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる