衆議院議員総選挙

とうとう明日、衆議院議員総選挙ですね。 選挙には欠かさず行っているので、今回も必ず投票に行きます。

が、正直 誰に、どの党に投票するか、確固たる決意が出来たわけではなく、ギリギリまで決められないと思います。 郵政民営化が争点になっていますが、概ね 僕は郵政民営化に賛成なのですが、小泉さんのやり方、進め方があまり好きではありません。 強引過ぎるというのでしょうか。

で、郵政を民営化しなければ、どんな将来になるのか? では郵政を民営化したら、どんな将来になるのか? いまいち分かっていません。   そこを分かった上で、誰に投票するか? どの党に投票するか?決めたかったのですが、勉強をせずに投票日を迎えそうです。。。

このままの自分ならば、小選挙区では自民党公認候補に投票し、比例代表では自民党以外の政党に投票するんだと思います。  難しい選挙ですね。 決めかねています。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

とおりすがり
2005年09月10日 12:51
こんにちは、通りすがりのものです。郵政民営化についてですが、反対派の意見って、

●郵政公社は税金で運営されていると思われがちだが、、独立採算制なので税金は1円も使われておらず、民営化したところで財政の負担は減らない。

●また現在の郵便公社は法人税など非課税だが、郵政公社法第37条で「収益の50%を国庫納付する義務」がある。法人税など課税された場合税率は40%くらいなので、民営化すると国庫収入は4305億円の減収になる。

●民営化でお金の流れがよくなる・・・と言われますが、全銀行でこの四年間で貸出残高は40兆円以上減り、リスクの少ない国債に回っている。つまり、民営化しても融資は今まで同様国債に行く可能性が高い。

ってなとこですよね。(共産党の資料です。)

私はそういう事実がありながら、「公務員が減る」といってあたかも財政健全になるという小泉さんにすごい不信感があるんですが、実は別に民営化の利点ってあるんでしょうか?
Long-Keep
2005年09月10日 12:59
小泉さんの強引さには、異論・反論・?あると思いますが、あなたのように自民党が好きで郵政民営化に賛成の方がもし選挙区には、自民党(反対派)、民主党、共産党しか立候補者が居なかったら結局どなたに投票するのでしょうか?
そういう意味からも、小泉さんは自民党賛成派の候補を立てたのだと思います。本来の政策選択・政権選択ができる選挙となりそうです。
政策は、それだけではないでしょうが、郵政民営化を突破口にしてさまざまな政策を実現するらしい。もっとも、私は自民党に入れるつもりはありませんが・・・。
DAI@LINK
2005年09月10日 13:30
とおりすがりさん>
コメントありがとうございます。
完全に独立採算で運営されているのなら、民営化した所で、国の財政に与える影響って少ないですよね。 郵貯が特殊法人に適正な査定もされずに流れる事は止められるのかな?とは思いますけど。。。 それと反対意見という事で、共産党の資料を掲げて頂きましたが、これも共産党の言う事を鵜呑みにも出来ないな という僕個人の心情もあったりしてます。
DAI@LINK
2005年09月10日 13:34
Long-Keepさん>
コメントありがとうございます。
必ずしも自民党が好きではないのですが、野党が言うように、野党に政権を任したとして、野党時代に公言してきた事を、ちゃんと実践してくれるのか? そこの所に疑いを持っています。 なので、現実的な人に票を入れてしまうんだと思います。
とおりすがり
2005年09月10日 14:16
丁寧なお返事ありがとうございます!!
郵政公社法を調べてみましたら、共産党の主張どおりだったんですよ。
で、特殊法人にお金がながれるのも、そもそも郵政公社法で財投機関債を買うよう義務付けがあるから無駄遣いするんですよね?だったら、なぜその法律を改正しないのか?民営化したリスクを考えるとそちらの方が効率的だと思うんですよね。なにか別の事情があるのかなぁ・・。

共産党については私も同意見です。でも今回HPとかしらべてみたら、他党より全然理論的に政策展開してておもしろかったですよ。正直見直しました。まぁ、いろいろ調べてみます。ありがとうございました!

DAI@LINK
2005年09月10日 14:41
とおりすがりさん>
僕もそれは思いました! 民営化せずとも、郵便貯金が特殊法人に流れるルートを、法律的に絶ってしまうか、適正な査定がなされるように、もっとオープンになれば良いのではないか?と。 なので、あそこまで民営化にこだわるのはなぜなのか?と思ったりもしました。

さきほど、自民党のHPで、郵政民営化への疑問について答えたページを拝見しました。 奇麗な事を並べているのだと思うので、丸々信じはしないですけど、民主党が郵政民営化の対案を出して来ないのは、民主党の支持母体に公務員の労働組合が控えているから、民営化反対しか出来ないのだと。 だから民主党には改革は出来ないと書いてありました。 これもどこまでを信じていいのか、見極めねばならないですよね!
とおりすがり
2005年09月10日 19:51
すいません、またまたコメントさせてもらいます。
そういう視点で見てみると面白いですね。
そうなると、自民党も日本経団連がバックですし、生保・銀行が圧力かけていることを考えると民営化をごり押しするのがなんとなくわかる気がします。
企業も政党もスポンサーには逆らえないということでしょうか・・・。
DAI@LINK
2005年09月10日 21:59
とおりすがりさん>
生保・銀行の圧力があってということなのでしたらば、国民の利益という面で考えると、またニュアンスが違って来ますよね。
きっと、明日の投票の結果で国民の過半数が民営化を選んでも、選ばなかったとしても、それで利益が出る側の人は生まれるのだと思うと、より一層難しく思えて来ます。 やはり自分自身がどちらを選択する事が良いのか・・・

この記事へのトラックバック