阪急三宮の変わらない所②

画像
この階段は、1階コンコースから中2階の自動券売機や自動改札口、 JR三ノ宮駅西口へ行く時に、よ~く使う階段です。 この階段も 震災前の位置に現存する貴重な階段ではないでしょうか。 一つ変わった点を上げるとすると、階段の左側に売店を増設したので、階段自体の幅が狭くなった事です。 以前は、もっと広い幅のある 大袈裟に例えると 宝塚大劇場の大階段と申しましょうか。(笑) その印象を彷彿とさせるような階段でした。 ←僕だけなんですけどね(苦笑)

この階段の上から、1階コンコースを見渡すのが好きでした~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年10月22日 01:03
はじめまして♪ 長田区在住のものです。(^^)
震災前の写真の場所大好きでした。阪急三宮の改札を出て、この宝塚大劇場なみの階段を降りて、阪急会館・シネマ・文化へ映画を観にいったことを思い出します。
震災後、取り壊している光景をみて、真剣に泣きそうになりました。
いまは階段も映画館も小さくなって、寂しいですよね。


DAI
2005年10月22日 08:32
みはいる・Bさん>
コメント頂きまして どうもありがとうございます。
僕も震災に遭うまでは長田区在住でした! 今は西区に住んでいます。
最近 解体された阪急三宮駅の事を取り上げたページを鋭意作成して
いる所です。 とても好きな建物だったので!
三宮に地震後 初めて行ったのは、JRが須磨から神戸に復旧した
1月30日でした。 この時に三宮交差点から見渡した 変わり果て
た三宮の風景を見て 情けなさで一杯になりました。 あの時の気持
ちは今も忘れる事が出来ないです。 あの 懐かしの阪急会館の建物
が無いからこそ、あの建物の良さを讃えるコンテンツを作ろうと思い
ました。

この記事へのトラックバック