六甲全山縦走②

5時50分に須磨浦公園をスタートしました。 辺りは漆黒の闇という訳ではなかったので、ヘッドランプを点灯させる事なく鉢伏山への階段を黙々と登りました。 ひたすら階段が続きますので、人の列の中で進みます。 ちょうどいいペースで上がってくれるので、途中で息を整える為に立ち止まらずとも上がる事が出来ました。

鉢伏山のロープウェイ乗り場に6時06分に到着。 スタートして16分です。 順調ですね。 そして そのまま休憩せずに先を急ぎます。 次は旗振山へ向かいますが、道中 人を抜きつつ先に進みます。 旗振山の茶屋の前を 6時12分に通過。  ここもノンストップです。 鉄拐山の取り巻きの楽な道を人の流れに乗って進んで、森の中から出るとオラガ山への下り道に。
どんどん急いで先を進みます。  練習の時には、オラガ山の茶屋の先の急な下り階段を下りて、高倉台の住宅地に入っていましたが、今日は 事前に情報を仕入れていた 抜け道を下ります。 他にもその道を選択される方がたくさん居たので、付いていきまいた。

高倉台の住宅地に入って、派出所前でリュックを下ろし、ウィンドブレーカーを脱いで腰に巻きました。 ここで初めて水分補給です。 時間は6時30分。  スタートして40分でした。

すぐに出発し、栂尾山に向かいます。 ここは名物の400段の階段のある場所。 階段の下で渋滞になりました。 逆に僕にとっては良かったです。 渋滞の列に合わせて登ると 疲れないんですよね。 階段も着々と登りました。  普通 単独で登ると、栂尾山の山頂で 疲れて小休止するんですけど、この日は休憩する必要を感じなかったので先を進みます。

しばらくは人の列の中を進みます。 横尾山を越して、いよいよ須磨アルプスです。 風化した地形なので、滑りやすく 途中 鎖を掴みながら下りるような所もあり、人の流れが途端に悪くなり 渋滞が酷い地帯です。 が、ここも我慢我慢  人の列に従い 順々に進みます。 馬の背ではテレビカメラで撮影するクルーがいました。

馬の背を越して、東山から全縦コースが変更になっていました。 新しく木々が伐採された中を急な階段を下りていきます。 あまり下り易い道ではなかったですね。

下りきると 横尾の住宅地を進みます。 すごく順調でした。 阪神高速山手線の橋を越え、地下鉄のシェルターをくぐり、妙法寺の境内で休憩しました。 7時55分着。
ここで 給水とゼリー系の飲料を飲みました。 立ち止まると体から湯気が出てました。

8時に出発して、いよいよ高取山に登ります。  独立峰 高取山  ここの登りも結構きついんですよね。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック