幻のロープウェイ

六甲山には、戦時中まで阪急資本のロープウェイがありました。 六甲架空索道という名称だったようです。 昭和6年から昭和19年までの13年間という短い生涯でした。

麓の乗り場は、表六甲ドライブウェイの大きなアーチ橋のある辺りから少し山側に登った辺り。 山頂の乗り場は、今の六甲山郵便局の南側辺りだったようです。  山頂側の駅前には六甲山ホテルもありますし、今でも阪急バスが麓の阪急六甲より路線バスを走らせていますね。

3年程前に、麓の乗り場が まだ残っているという事を知りまして、現地に見に行った事がありました。  コンクリートの構造物だけが残っているという状況で、静かに自然に返りつつありました。
アイスロード沿いにある乗り場跡なのですが、 アイスロードの道中には、このロープウェイのワイヤーを支えていた支柱の台座部分も残っているという事です。 まだ それを見に行った事は無いのですが、折角 山歩きが楽しくなったのですから 今年は それを見に行ってみようと思います。

画像


画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kiki
2006年03月10日 14:07
六甲山にこうゆう物が在ったとは知りませんでした。
2回程行った事は有るのですが車で連れて行って貰ったので全然気づきませんでした。好い写真を見せて貰いました。それから亀吉にコメント有難うございました。
2006年03月10日 16:09
kikiさん>
コメント頂きまして、どうもありがとうございます!
少~ずつ 少~ずつ 自然へと返って行っている乗り場跡
でした。(^^)
梅吉にゃんこ。
2006年03月10日 22:33
これ、いい写真ですね。
昔、代官山に同潤会アパートっていうのがあったんですけど、
なんだろう、うまく言えないけど この雰囲気、思い出します。
ふくだ
2006年03月11日 00:47
前にお会いしたときにお話しされてた幻の索道ですね。ロープウェーは廃止されたら跡形も残らなさそうですが、立派な(?)廃墟になるんですね。
2006年03月11日 12:35
梅吉にゃんこさん>
同潤会アパートといえば、最近 再開発で新しい商業施設として
オープンしていた所がありましたよね!
2006年03月11日 12:37
ふくださん>
そうです そうです! その索道です。 昔の写真を見ると
乗り場の辺りまで車で来れたようなのですが、今は林になっ
ていますし、その時の面影はほとんど無いです。
梅吉にゃんこ。
2006年03月11日 13:29
そうです。
代官山の同潤会アパートは→代官山アドレスへ。
表参道にあった同潤会アパートは→表参道ヒルズへ。

私は代官山生まれであのアンニュイな雰囲気が好きで子供の頃よく行ったものです。撮影などにもよく使われていたんですけどね。
人の住む場所としてはやはり古くなってしまったのかも、ちょい残念。
2006年03月11日 15:49
梅吉にゃんこさん>
同潤会アパートがいろんな用途に転用されていってるんですね~!
仰るように、実際に住むのには、適さないようになってしまった
のかも知れないですけど、その景観を生かした利用の仕方や、転用
されないのは残念ですね・・・

この記事へのトラックバック

  • 六甲ケーブル開業(1932)

    Excerpt: 1932年3月10日、六甲ケーブル開業。当時は六甲越有馬鉄道という名前で、土橋と六甲山を結んでいました。土橋駅は現在の六甲ケーブル下駅、六甲山駅は六甲山上駅にあたります。Wikipediaによると、当.. Weblog: 塩屋徒然 racked: 2006-03-11 00:36