こんな駅もありました

今 村上ファンドで揉めている阪神電車で、三宮から大阪方面に向かうと、一つ目の駅に 春日野道駅(かすがのみちえき)があります。

駅から周辺の臨海部にHAT神戸という 再開発地域がありまして そこには高層住宅や美術館、海洋気象台、病院、国連関係施設が立地しています。 神戸が震災後に整備した防災拠点の一つです。

そういった広大な再開発地を抱えている春日野道駅。 近年に乗降客の利便性を高める為に大幅に改築されました。 元々地下線内の駅なので、工事も大変なものだったろうと思われます。


駅の改札前に改築される前の写真が壁面にプリントされています。

画像



いかがでしょう? このホームの狭さ。 この状況で特急等が通過していくんですから凄いですよ~!  神業のような駅ですよね。

別に利用客をいじめたくてこうなったのではなくて、当初 この地下線が作られ始めた頃、ここには駅が出来ない予定だったそうで、地元の強い反対で 駅が作られる事になったようです。


そんな神業の阪神春日野道駅  今は見違えるように”ふつう”の駅になってしまいました!(^^)

画像


↑こんな感じです。 ね? ふつうの地下駅でしょ!


だが しかしっ!! ここでの注目ポイントは、その神業ホーム そのまま残されているんですよ~!!  むっちゃ行きたい! けど行けない~・・・ という形で線路と線路の間に残されていたりします。

画像


↑こんな感じでね!  床のタイルもそのままに。。。  変わったと言えばそれまでは無かった補強の鉄骨柱が増えた事や消火栓が設置された事でしょうか。


画像


残された神業ホーム、 少しだけの距離ですが、補強の鉄骨柱も無く、昔の姿のままのホームが残されていました。  新設ホームの端から地下線内を見てみたのですが、↑の写真に写っていますように、左側に神業ホームがありますが、柱と柱の間に手摺が残されています。

神業ホームが現役の頃は、こういった手摺に掴まって電車を待ったり、 また 通過する電車の恐怖に耐えていたんです。  懐かしいですね!  また利用してみたい神業ホームでした~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kiki
2006年05月17日 21:10
正に神業ホームですね、ビックリですΣ(・ω・ノ)ノ!
こんなホームが有ったなんて初めて知りました。
勿論見たのもDAIさんこのページの写真でです。
それにしてもDAIさん色んな所に行かれますね(*^-^)
ちょっとした探検家みたいです。
tet5
2006年05月18日 00:09
今思えば、改築されるとはつゆ知らず、何気に春日野道駅で降りた
ことがとてもラッキーだったと思います。あの恐怖を体験できた
のですから。ホームに降りたとき何か気配を感じました。そうです。
まもなく特急がスピードを落とすことなく通りすぎて行った
のです。改札に続く階段は一つだけだったか?また降りたところが
一番端っこだったので階段にたどり着く前に、反対方向から
またも特急が・・・・・。

いい体験をさせて頂きました。誰にお礼を申しましょうか?
阪神電鉄さん?神戸市さん?それとも春日野道駅の手摺さん?
梅吉にゃんこ。
2006年05月18日 00:37
おお。
まさに神業・・・。
手すりにつかまって電車が過ぎるのを待つなんて・・・
そこいらのオバケ屋敷よりスリル満点ですね(笑)

行きたいけど行けない。
なおさら行きたくなりますよね。
2006年05月18日 09:08
kikiさん>
この春日野道駅 結構有名な駅だったんですよ~。 ホントかどう
か分かりませんが、当時は日本一狭いホームだったとか。。。
狭い時代の頃も写真に撮ったのですが、探すのが大変で駅に掲示さ
れていた写真を引用させて頂きました♪
2006年05月18日 09:12
tet5さん>
やはりあの駅に降り立つと通過列車体験をしないといけない
ですよね♪(笑) 偶然にも上下列車同時に通過した際には
万歳三唱ですよ きっと(笑) 次は阪神三宮駅が改築され
る番ですね。。。
はしもと
2006年05月18日 09:16
おはようございます、はしもとです。

おお、知らん間に春日野道が…。

狭い狭いとカミさんに聞いていたので
数年前に、一度だけ停車中の電車の中
からホームを覗いてウワサ通りの狭さに
驚愕した覚えがあります。
2006年05月18日 09:43
梅吉にゃんこさん>
通過電車が来る前に白線の内側に下がるんですが、下がっても
また反対側のホームの端なんですよね~(笑)
真ん中の手摺に掴まっているだけが、唯一の安全地帯です(^^)
2006年05月18日 10:18
はしもとさん>
コメント頂き、どうもありがとうございます!
あの鬼のような狭さ、芸術的でもありますよね♪
むか~し 地下化工事の途中に設計変更して駅を設置
したという事なので、上下それぞれの線路もギリギリ
まで端に寄せてホームを設置したと思うと、案外狭い
地下空間でもホーム1本ぐらい作れるサイズの空間的
な余裕があるのだなぁ~と思いました。
kamimura
2006年05月18日 18:56
 DAIさんの投稿を読んで、昔の同僚が拡幅時の調査に携わっていたことを思い出しました。
 安全なホームになったのですね、良かった良かった。
 ところで、阪急の春日野道も、狭くて恐くないですか?
 僕はあの狭いホームで降りたくないですね。

2006年05月18日 19:32
kamimuraさん>
この駅の工事は結局ほとんど見る事無く 今まで来てしまった
のですが、個人的には地下函の壁をはつり落とすのをどうやっ
て進めたのか見てみたかったです。 そのまま解体してしまっ
たら天井部分が崩れ落ちてしまいますよね? 新しく空間を広
げる際に、どうやって既存の天井スラブを維持しながら広げた
のかむっちゃ興味が湧きます!
阪急春日野道、 あの駅もたしかに狭いですよね~。 ですけ
どまだ外部なのと、阪神ほどには狭くないのとで、あまり意識
されないですよね。 今度機会があればいくらぐらいの幅か調
べに行ってみます♪

この記事へのトラックバック