AED

最近 どこでも目にするようになりましたよね AED(自動体外式除細動器)

画像



上の画像は、神戸空港に設置されていたものです。 別に空港に限らず 主要な駅や公共施設に設置されているかと思いますが、 そんなに活躍する場があるのでしょうか?・・・  不慮の事態に対処するため だとなると 要所要所に設置されているにこした事はないのでしょうけれども、AEDを設置する前に 他にも準備や設置や練習や いろいろと市民レベルでやらなければいけないことって一杯あるようにも思うんです。

AEDが設置されているという案内を街中で よく見かけるようになり これがホントに必要なのか?(←無駄だとか 要らないよ! と言いたいのではないのですが・・・)  何とも分からず 疑問に思うという事だけを味わっています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

梅吉にゃんこ。
2006年06月28日 23:40
この電気ショックの器械、ある分には良いと思うんですよ。
だけど
いろんなメーカーのモノがあって、しかも使用方法が微妙に異なる。
特に電源の入れ方に戸惑うモノもあるので
いざというときに戸惑う人も多いのでは?と思う。
素人にも使えるように置いてあるのだから、咄嗟の時に使用する人が戸惑わないように、ある程度統一した方が良いですねー。
2006年06月29日 11:34
梅吉にゃんこさん>
おっしゃるとおり、何社か種類があって、それぞれに操作方法
に違いがあるそうですね。
今って 車の免許を取るのに、心肺蘇生の講習があるのでしたっ
け? 僕の時はまだ無い時でした。 時期を追うごとに、そう
いった環境が整備されて、一市民レベルでも 求められるものが
変わってくるのだと思うのですが、AEDについては、整備だけ
が先行で、いざ使う方の側がどれだけ理解しているのか? その
為の知識を積んでいるのか? 課題の多い問題ですね。

この記事へのトラックバック