豊岡市内を通過して

兵庫県の北部 日本海側に豊岡という大きな町があります。 僕は一年に1~2回 市内を通過したりします。 この町が全国に知れ渡っているのはコウノトリの町だということでしょうか!

この豊岡の町ですが、2年前の台風23号の水害で大変な被害を受けました。 10月頃でした。 この水害の後で新潟中越地方で地震がありましたので、風水害や地震と 天災が幾度も重なった年だと記憶しています。


台風23号で大きな水害を受けた後、僕は同年11月後半と、昨年10月後半と、豊岡市内を通過しました。  同年11月に、通った時は酷い有様が まだそこここに見受けられました。
円山川の堤防が破堤して、甚大な被害の出た立野地区。 この地区を通る国道312号線を通ったのですが、国道両側に続く建物の前には片付けられた瓦礫が山積みになっていたり、道路の路肩が土っぽく。 田畑にも土砂が堆積している模様で、惨憺たる様子でした。

円山川に架かる立野大橋を渡る時、破堤した箇所のすぐ近くを通りました。 頑丈に鋼矢板で塞がれた傷口。 破堤した箇所の前にある家屋は廃墟となっているようでした。
橋を渡って、豊岡中心部に行っても、水に浸かっただろう雰囲気があり、市内を通り抜けるのに、胸が痛みました。
豊岡を出ても、日高町でも 同じように1階が破壊されたような民家が多数ありましたので・・・


昨年10月後半に、全く同じルートで豊岡市内を通り抜けたのですが、昨年11月に通過した時に破堤していた箇所は、その場所が分からないぐらいに奇麗に修復されていました。 ですが、破堤箇所の前にあった廃墟の家屋は、そのままに残っていました。



豊岡市のある平野は、地盤が軟弱だそうで、川の堤防さえも 土を盛ると沈下してしまうような土地だそうです。 現に円山川の堤防がそうだったみたいですね。 海からかなり離れた内陸になるのですが、海との高低差がほとんどなく、水が流れにくい。
円山川が水位の低い通常時には、周辺の市街地に降った雨水、小規模河川の水は、自然流下で円山川に流れ込むのだそうですが、円山川が増水すると 逆流して市街地に流れ込むので、各々の水門を閉じて、各ポンプ場で水を円山川に流すという事でした。 そういう通常のプロセスも、円山川の水位が危険な位置に達すると、各ポンプ場を停止させるという内規だったそうです。
内水が溢れて市街地が水に浸かる事と、円山川が破堤して、高水位の濁流が市街地に流れ込む事とを天秤にかけた際、被害の差が明白なので、ポンプを止めるという事ですね。

その日の夜の出来事、ポンプ場を止める事により、多くの住民が危険にさらされるという苦渋の決断。 そして円山川の破堤で濁流の流れ込んだ地区のこと。 神戸新聞の当時の特集記事を読むと、豊岡の人々がどれほど大変な目に遭われたのか、胸が痛みます。



まだまだ長い時間のかかる事業ですが、円山川の堤防を強化する事業や、中州の島を丸ごと除去して、流下能力を高める事など、地道な事業が進められているようです。

水害を未来永劫無くすという事は無理なのでしょうけれども、起きた時に被害を小さく出来るように、豊岡の人が辛い思いをしないで済むように、努力を続けて欲しいと思います。

同じ兵庫県民。 豊岡の人達 がんばって下さい!


以下の画像は、苦渋の決断でポンプを停めた一つ、六方排水機場です。 堤防の向こう側の農地や住宅地は、数百m上流で堤防が破堤した為に、甚大な被害を受けました。


画像



画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

tasho
2006年07月18日 21:08
淡路島も、ひどい惨状でした、ため池の決壊、ダムの放水で、川が氾濫
洲本の町中は、壊滅状態、あちら、こちらに、流された車、倒木、そして、亡くなられた方も、でも、たくさんの、ボランティアの方がた、自衛隊には、本当に感謝です、また、島の方々の団結力もあり、何とか、回復できました、あの時、国道28号線が、がけ崩れで、通行止めになった時は、
本当に不便でした、いざ使えなくなると、その重要さを痛感しました。
2006年07月18日 22:45
tashoさん>
そうでした! 淡路も同じ時に大変な被害を受けたので
したね。(汗) その際は被害はございませんでしたで
しょうか?
つい最近、国道28号線が通行止めになった際に、明石
淡路鳴門道を無料開放するように協議をするという記事
を見ました。
こちらでも、手痛い経験を元に出来る事から施策が形作
られようとしているみたいですね。
2006年07月18日 23:18
台風23号の被害の記憶はありますね。
天災のたびに、自然の力の脅威を感じてしまいます。

被害にあった経験を、今後の対策に生かしてほしいですね。

合掌。
2006年07月19日 11:15
梅吉にゃんこさん>
あの年は、毎週のように巨大台風が通過していくので
辟易していました。 神戸港でも低地では高潮被害が
出ましたので、その時に被害が出た地域では、防潮胸
壁が整備されています。 その分 港の景観が変わっ
てしまいました。 仕方がないとはいえ、残念な出来
事でしたね。

この記事へのトラックバック