塩屋 グッゲンハイム邸保存へ!

http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sg/0000237178.shtml

すごい!! こんなにも根性の入った方がいたなんて!!

超感謝!! なんぼか募金協力したいぐらい 一度電話してみようとも思う。

花の降る午後のロケにも使われた このグッゲンハイム邸が保存される方向なのなら こんなに嬉しいことはないです!


よくやった!! 感動した!! (小泉前総理風)


グッゲンハイム邸さんおめでとう!

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kamimura
2007年02月09日 16:04
いい報せですね!
2007年02月09日 18:04
kamimuraさん>
はい!! 3年前の台風が何度も何度も襲来した年に、破損していたんです。 ずーっと放置されたままだったので、どうなるのか気にはしていたのですが、こういう記事を見て驚きと感動で一杯になりました!
MSHIBATA
2007年02月09日 19:32
今日の夕刊を見て知りました。
神戸の残り香に掲載になっている洋館ですね。
解体になりそうだったと初めて知りました。
それにしても市は文化財に理解がないです。
2007年02月09日 19:49
MSHIBATAさん>
たしか竹内油業さんの社員寮として使われていたと思うのですが、2004年の台風で破損したまま ずーっと放置されていたので 使われていないのだなぁと思っていたのですが、写真のような状態ですから 放置すればするほど風雨で修復が難しくなるので、このままなし崩しで解体という風にだけはなって欲しくないと考えていました。
今日 こんな嬉しい記事を見るなんて 驚きでした!

修復費用が とりあえずの250万という事で、ちゃんと直そうと思えば、もっと必要になるのは自明の理なので、少しでも協力したいです。 この家は塩屋には無くてはならない屋敷だと思いますので!
MSHIBATA
2007年02月09日 22:04
DAIさん
この洋館は、子供頃からJRに乗る度に目にしてきました。
いつもの風景の中から、突然この屋敷が消えうせたとしたら
ああ、考えたくもないですね。ひとまず良かったと思います。
2007年02月10日 11:05
MSHIBATAさん>
はい もう この家が無いという塩屋の風景は考えられません。 そういう気持ちが強く根付いているからこそ、こうやって私財を投じてまで 物議を醸し、そして保存への茨の道を選ぶ人が出てくるのでしょうね。
梅吉にゃんこ。
2007年02月11日 00:13
超、超 お久しぶり~~~~~♪
やっと一段落しました。(介護はまだまだ続きそうだけど。)

グッゲンハイム邸保存、良かったですね。
気持ちはあっても、こればっかりは財力がないと無理だからなぁ(笑)
でも
募金なら出来るから、こういった貴重な建物をみんなで残していけたらいいですよね♪
midori
2007年02月12日 13:36
グッゲンハイム邸というお名前なのをこの度知りました。
DAIさんのお写真の角度が、私には懐かしい風景です。
あって当たり前と思っていたものがなくなるのはとても寂しい。
朝霧の六角堂も、保存されてから行きましたが、なんかちょっとポツンとそこだけ保存されてる感じ。まわりの風景が昔とすっかり変わっていて、やや残念でした。

このグッゲンハイム邸は、この場所でこれからも長くあり続けて欲しいです。
2007年02月13日 09:27
梅吉にゃんこさん>
遅くなりました~! すいません。
ちょうど このお屋敷がある場所は、塩屋の谷になるんですが、前面には大阪湾が広がっていまして、淡路島が見えて 絶景の地域なんです。
そして 海沿いを走るJRや山陽電鉄、国道2号線から こういった塩屋の異人館が見えるのですが、それが無くなってしまう というのは想像も出来ないんですよね。 何をするにしても お金が必要でしょうから 題一歩を踏み出された方は凄いです!
2007年02月13日 09:35
midoriさん>
六角堂も 建物そのものは昔と同じなのかも知れないですけど、立地している場所が ちょっと・・・ ですね。
一等地だとは思うのですが、すっかり風景が変わってしまいましたね。 僕の中での六角堂の印象は、国道2号線を車で通過しながら見ていた姿でした。 外壁の色も 今のようにあか抜けた色ではなかったですし(^^;)
midori
2007年02月13日 13:54
六角堂、舞子でしたね。朝霧と間違えちゃって…自称神戸人としてはショックでした。^^;

DAIさんの垂水から須磨まで歩かれた、随分前のブログが最近アップされてたので拝見しました。さっそく私の下書き中のブログに加えさせていただきました。

とても雰囲気が伝わってきて懐かしく嬉しかったです。
あそこは、山と海が本当に迫っていて、神戸の中でも特異な環境だと思います。私は大好きです!§^。^§
2007年02月13日 18:02
midoriさん>
なにんやかんや言いながら 旧グッゲンハイム邸の写真 ありましたね♪(^^;) midoriさんに言われて、過去の記事を見てみると 正面に近い位置から撮影した写真が使われていました(汗) 自分でも忘れてしまっていました。

舞子から須磨まで歩いたんですけど、その時は垂水の福田川辺りから雨に降られたのですが、通り雨だったので 数分で止みまして、その後は快晴になり そして暑くなったのでした(^^;) その日だったと思うのですが、敦盛塚で 敦盛ソバを頂いたのでした♪

この記事へのトラックバック