旧オリエンタルホテル跡地

http://www.nikkei.co.jp/kansai/news/40623.html

神戸市立博物館の北側のオリエンタルホテル跡地  また ホテルになるそうです。


17階建て 高さ80m  階数のわりに 高さが高いですね。  1、2階辺りは 隣接する博物館とも見劣りしないように 洋風の階高の高いファサードになるのは間違いないですね。


それにしても、 高層住宅になるよりかは、 まだ 商業施設+ホテル という方が まだ いいのだろうとは思いますが、 もう オリエンタルホテルが 戻ってこない事には変わりないですし、 元の会社も解散していますので、 途切れた歴史は どんなにあがいても 戻らない事を思うと 寂しいです。   震災さえなければ。。。



画像



米国領事館の跡地も 超高層マンションが建ちますし、 このオリエンタルホテル跡地も 新しいホテルが進出しますし、 旧居留地の姿も 描いた 後から後から 次々と変化しようとしています。  次 居留地を描く時は、 そんなマンションや ホテルが完成した後になるでしょうか。。。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

山之辺
2007年06月23日 10:30
現実の方がどんどん進んでいきますね。
ビルを建てるというのは、莫大な費用と時間、労力が必要ですが、
せっかく完成された図面を手直しするのも大変です。
データ化されれば楽ですね。
2007年06月23日 14:44
山之辺さん>
変化していくのも 描いた冥利に尽きると言いますか、嬉しい気持ちもあるにはあるのですが、変わって欲しくない場所があるのも事実でして(^^;)
改訂する機会があれば、それはそれで 楽しみですね。
maaya
2007年06月27日 21:25
はじめまして。
清盛塚がきっかけで~ずっと
読ませていただいておりました。

わたしは、DAIさんの
お祖母さんに近い年齢ですが、
生まれ育った神戸が、歳と共に
懐かしく好きになっていきます。

23日から2泊で帰神しましたが
ブログのご縁で~
新しい楽しみが見つかったように
感じています。

先ほどUPしました中に 
DAIさんのブログを紹介
しましたので、 
時間が許されますとき 
いらして下さいましたら
嬉しいです。
ふるさと~
http://maaya41.cocolog-nifty.com/blog/

2007年06月27日 21:29
清盛塚で撮った画像は こちらにUPしました。

DAIさんは HPも作成していらして
スゴイですね!

わたしは パソコン初心者で 
頭もボケかけてますのに ブログだけ
二つも作ってしまって どうしましょう~
よろしくお願いいたします。
2007年06月28日 08:41
maayaさん、ハッチさん
どうも初めまして! コメント頂きありがとうございます!

清盛塚のお写真 見せて頂きました! ご帰神 お疲れ様でした!(^^)

あの清盛塚での発見以来 古い灯篭だとか、石塔を見ると ああいった自然の営みの痕が無いか 気になるようになりました!

水ってすごいですね! あの滴が落ちる場所に手の平を置いていたとして、滴が落ちてきても 多分 全く痛いとかはないと思うのです。

それでも、100年、200年、300年と 続けていると、穿たれて行くって すごい事ですね!
梅吉にゃんこ。
2007年06月30日 12:16
ぬぉおおお。
DAIさんの色付け出来上がり??
なんか、アンディー・ウォーホールの建物版みたいな感じだね。

それにしても、オリエンタルホテルの跡地にはどんなホテルが建つんだろうか。
外資の超ゴージャスな感じも神戸っぽいのかもしれないけど
どうせなら、ちょっとアンティークで落ち着いた雰囲気のがいいなぁ。
私はそういう方が神戸には合うと思うのでありんすよ。。。
DAI
2007年07月01日 23:22
梅吉にゃんこ。さん まだ どんなホテルになるのか見えて来ませんが、居留地に残された 最高の場所なので、最大限に生かせられる 施設になって欲しいです。
ほっと
2007年07月12日 23:47
はじめまして。
オリエンタルホテルの歴史を調べていて、こちらを発見いたしました。
懐かしいホテル外観のスケッチ、嬉しくなりました。

新しいホテルはウィズザスタイル、という所がやるそうです。
2007年07月13日 08:15
ほっとさん>
コメント頂きありがとうございます。 それと 次のホテルの情報もありがとうございます!! 最近 ホテル跡地を見に行くと 地面の掘削が始まっていました。 地面下から何か出てこないかな?と思ってよく見ると 古い鉄骨やら鉄筋が掘り返されていましたので、恐らくは昔のオリエンタルの物なのだろうと思ったのです。

この記事へのトラックバック