旧神戸移住センターが改修へ

http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0000901255.shtml


旧神戸移住センターが、改修されます。  耐震補強工事もされて、そして なんと素晴らしいことに 移住のミュージアムが設けられるらしい。


画像



船に乗り込むまでの 短い期間、 祖国で過ごす最後の短い期間、 この建物には たくさんの移住された方の思いが詰まっています。  この施設が 末永く保存活用される とても嬉しいニュースでした。



もうすぐ この4月28日には、 神戸港から 南米移民の第一船 笠戸丸が出港して ちょうど100年になります。


突堤から出港する大阪商船の移民船、 岸壁にいっぱいいっぱい繰り出した人達、 船のデッキの上からも、溢れるぐらいのたくさんの方が、 日本に別れを告げる姿は、 とても辛いものです。



向こうの国で 荒れた土地を開墾して、 生活基盤を築いて、 社会を築いて行かれた 日系人の方々には頭が下がる思いがします。





この旧移住センターが、 日系人の方々と、 神戸との長いつながりになり続けて行くのが、これからも楽しみです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

midori
2008年04月02日 23:52
去年、偶然こちらの建物の中に入る機会がありました。
外観とは全く違って、西洋建築の内壁はとてもエレガントな曲線が魅力的でした。
2008年04月03日 08:35
midoriさん
内部の吹き抜けのある階段とか、そこにある照明器具とか、独特の感じがあっていいですよね♪

最上階には 入れなくなっていますけど、講堂もあるので それが来年 どんな形で開放されるようになるのか 楽しみです。 たくさんの移住者の方が集まった空間なので。

この記事へのトラックバック