マリンポートツーリズム

神戸の人は、意識せずに この”マリンポートツーリズム”を実践しているのだと思います。

客船が港に入れば見に行って、 海際の公園でのんびりとした時間を過ごしたりと。



そんなマリンポートツーリズムを 日曜日にも楽しんで来ました。  世界一周へ旅立つ 飛鳥Ⅱの寄港です。




画像


出港のセレモニーにて、 神戸市のみなと総局の代表の方が、飛鳥Ⅱで旅立つ 乗客の方々に挨拶をされます。  昨年は 神戸開港140周年を記念して 100隻の客船の入港があったこと、その中で 飛鳥Ⅱが何度も入港して下さったこと、など等。  これは みなと総局の方に関わらず、市民にとってはとても嬉しい事の一つなのです♪



画像


神戸市消防音楽隊の演奏や 飛鳥Ⅱの方の楽隊の演奏の交換があって、 デッキから たくさんの紙テープが投げられました。  とても華やかな出港のシーン、 けど 寂しさがあるんです。



画像


ブリッジウイングで 末永船長が帽子を振っていらっしゃいました。  どうか 気をつけて行って来て下さい。



画像


飛鳥Ⅱの船首に立つ航海士の方も、送迎デッキで見送る たくさんの市民の方に手を振って 応えて下さっていました。  背後に見える鉄塔は、旧神戸港信号所です。  ハーバーランドの高浜岸壁にある塔で、 向かって右側の4枚の国際信号旗は ”KOBE” と表されています。 そして 向かって左側の旗は UW旗 「ご安航を祈る」 の意味です。

まさに このUW旗の心のままに、 神戸港から旅立つ 世界一周船の 安全な航海を お祈りします。



画像


ゆっくり ゆっくり後進をして 旋回。  港の出口へ向かって ゆるゆると進んで行った飛鳥Ⅱですが、 消防艇の 歓迎放水が続きました。



飛鳥Ⅱが 川崎重工のクレーンの陰に隠れようとした時、 小さく ブォ~~~~~ と 長音の汽笛が 一度 鳴り響きました。


しばしの 神戸港への別れと、感謝の気持ちのこもった 汽笛でした。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック