青森・函館のたび 船の博物館

画像

↑これって青森駅西口です。 おもいっきり小さな駅舎でした。 後から西口を作ったのでしょうけれども、可愛らしい駅舎です。





西口前から西へしばらく歩くと森林博物館なる建物がありました。
画像


画像



下見板貼りの木造でルネサンス様式の建物です。 この同じ敷地内に森林鉄道の車両が保存されていまして、その中も見学して来ました。







画像


画像

覆い屋根があるので保存状態はすこぶる良好です。






この森林博物館からさらに西に進むと、すぐに見えてくるのがこの「みちのく北方漁船博物館」です。
画像





隣の倉庫会社の敷地にはJASカラーのYS-11が鎮座しています。
画像

博物館の受付の人に聞くと、手放されたとか。 近づいて見れると思っていたので残念でした。





画像

館内にはいろいろな種類の木造船が飾られています。 焼き玉エンジンを初めて見ました。 北前船のみちのく丸の4分の1サイズの模型もありましたし、ベネチアのゴンドラもありました。



一角には30メートルの展望台もあって、エレベーターで上がると周辺の市街地の景色が広がります。




画像

そんな中に ナッチャンReraが見えました!




画像

眺めていると津軽海峡フェリーのびるごが入港して来ました。




画像

遠くに東北新幹線の新青森駅の駅舎も見えましたよ!




画像

青森の中心地はこういった感じでした。




画像

それほど広い展望フロアーではないのですが、2人だけだったので、しっかりと景色を楽しんで退館しました。




また 青森駅まで歩いて戻って、駅東側の繁華街の中にある中三(なかさん)という百貨店と さくら野百貨店の地階を回って、フロアガイドを取って、書店を回ってから青森駅に戻りました。



17時22分発のスーパー白鳥19号 函館行きに乗車です。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック