青森・函館のたび 旧函館区公会堂

旧弥生小学校を見た後に、やってきたのが旧函館区公会堂でした。


画像

元町公園の前に威風堂々としている旧函館区公会堂。 明治43年築の建築です。

後で驚くのですが、しっかり木造建築でした。



画像



画像

外観です。 今でも目立つ建物ですが、明治後期・大正期の頃、ほんとに目立つ建物だったでしょうね。





画像

こちらは1階にある大食堂です。 マントルピースが印象的な空間です。





画像

背面はこんな感じです。 コロニアルスタイルですね。





画像

階段の親柱はアカンサスのつぼみをモチーフにされているそう。





画像

2階の廊下。 並ぶ部屋は皇室の方が利用された事もある由緒ある部屋でした。  廊下の天井 むっちゃ高い!





画像

2階のバルコニーにはコリント式のようなキャピタルを持つ柱が並んでいて、明治人は驚いた目でこの公会堂を眺めたでしょうね。







この建築で一番驚かされたのは、2階のこの大広間でした。 木造で、これだけ重厚感漂う建物で、しかも積雪の荷重のある地域で、こんなにも大きな空間を作れるなんて・・・と。 衝撃そのものの空間でした。
画像


画像

公会堂として、これほどの建物を建てられる当時の函館の持つ財力の一端を窺い知る事は出来たつもりです。




旧公会堂を驚きの余韻を引きずりつつ、外に出てkonatuさんと会って、2軒目のイギリス領事館を見に行きたいから、もう少し時間をちょうだいってな話をしまして、自由行動をさせてもらいました。





画像

旧公会堂のすぐ北側、神戸で言うとすぐ南側と言いたくなる立地環境なんですけど、まったく真逆でして、元町公園の敷地内にある旧北海道庁函館支庁庁舎です。
明治42年の建築で、今はカメラの資料館として利用がされていました。



そしてその隣にあるのがこれです。


画像

旧開拓使函館支庁書籍庫のレンガ書庫です。 明治13年築の建物でした。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック