KURASHIKI 60's 鳥瞰絵図

画像


画像



4月15日から倉敷美観地区において、鳥瞰図絵師 岡本直樹さんの作品展が開催されます。




KURASHIKI 60's 鳥瞰絵図による「50年前の倉敷」展
4月15日(月)~4月24日(水) ※初日は13時から、最終日は15時まで
会場 倉敷市倉敷物語館(多目的ホール)




今回の作品展では、2006年に発表された倉敷の中心部の鳥瞰図と全く同じ場所の50年前、昭和38年頃の鳥瞰図を発表展示されます。

過去のまちなみを描くという事はちょっと想像しただけでも簡単な事ではなくて、資料集めが大変だというのは容易に想像が出来ます。 そんな大変な作品が発表されるという事ですごく楽しみにしています。 僕自身もまだ全体の作品を見た事がないので。



この作品展ではありがたい事に岡本先生からのご厚意で、盛岡の中田君の絵と、僕の絵も展示して頂ける事になりました。


そしてアクソノメトリックで都市の鳥瞰図を描く3人が倉敷に集まる事になったのです!




トークセッション 「鳥の眼、虫の眼」
参加費無料  倉敷物語館会場にて

4月20日(土)  14時00分~15時30分

鳥瞰図絵師  岡本直樹、中田匠、青山大介
コーディネーター 森脇忍



鳥瞰図を描く人間自体が日本には少ないのですが、アクソノメトリックで都市の鳥瞰図を描く人間は更に絞られて、分かっている範囲だけで上記3人ぐらいなのです。
そんな3人が集まって、鳥瞰図についてのトークをお客様に見てもらおうという素晴らしいイベントが20日に実施されますので是非 倉敷物語館に遊びに来て下さいm(_ _)m









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック