あばれたけぞう

先日来 石原正さんが亡くなったという事を知り、急いで 石原さんの著作物を購入しようと いろいろとインターネットで注視しているのですが、そういった著作物の中に、絵本の「あばれたけぞう」というものがありました。

岡山県の大原町を舞台にした宮本武蔵の絵本なんだそうですが、僕は岡山県西粟倉村にメールしました。 すると西粟倉村の教育委員会の方から 丁寧にメールで返事を頂きました。 村のこども図書館に蔵書が1冊あるという事なのですが、それ以外にはありません という事でした。 忙しい業務の中、調べて頂き、どうもありがとうございます。 西粟倉村の方に大変感謝しております。

そのメールで教えて頂いた 岡山県大原町。 平成の大合併で美作市(みまさかし)に変わっていたので、同じく「あばれたけぞう」の絵本があるかどうかのメールを送りました。

他にも、鳥瞰絵図を探していたところ、東京で見つかりましたので 発送してもらうようにお願いしました。 大阪絵図(天満橋中心、大阪城中心)、千里絵図、天理絵図、神戸絵図というラインナップです。 既に所有している絵図ですが、どうしても保存用に複数部欲しいので購入します。
で、その際のメールのやりとりで、絵本「あばれたけぞう」があるという事なので、無茶苦茶 嬉しかったです。 やっと「あばれたけぞう」が手に入るんですから!

明日は梅田の紀伊国屋書店、旭屋書店と一心寺を回って来ます。 そこで手に入る石原さんの著作物を購入してきたいと思います。

"あばれたけぞう" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント