阪急百貨店

阪急百貨店梅田本店  関西では絶大なる知名度と信用を誇る百貨店だと思います。 関東には数店しかありませんし、後追組ですから それほどの企業イメージはないのではないかな?と思います。
が、京阪神では泣く子も黙る“阪急”なのではないでしょうか。


元々は、箕面有馬電気軌道という大阪・梅田を基点に、郊外の箕面と宝塚を結ぶ田舎の私鉄だったようです。 経営者がとても優秀な方で、今でも燦然と輝く 実績のある“小林一三”翁です。 

今では至極当たり前な事なので、この人がやった事を聞いても、ふ~ん へぇ~ という程度にしか思わないとだろうと想像しますが、最初にやったという事は偉大ですね。


終点の宝塚や箕面で温泉を開発し、乗客増に導く手法、 宝塚では世界初だったでしょうか 少女歌劇を始めます。 今の宝塚歌劇の始まりです。 宝塚に動物園を作り、後に宝塚ファミリーランドへ(残念ながら閉園)、 沿線の宅地開発も行いました。 最初は池田市の室町という地区が最初の電鉄会社経営の住宅地だったかと思います。
住宅地だけだと、朝夕は通勤客の利用がありますが、昼間はやはりガラガラになってしまいますので、沿線に学校を誘致するんですね。 そうして昼間の乗客増にも努めました。

そして、基点になる梅田駅には、電鉄会社経営では日本初の阪急百貨店を開業させます。 それまでは、鉄道で都会に出てきても、そこから市電などで心斎橋等の繁華街のデパートに人が流れていたそうです。 そんな時代に、駅にデパートを建設して利用客の利便性を高めたのでありました。

阪急沿線は西宮、芦屋、住吉等の阪神間の高級住宅地を走っています。 関西人にとって阪急沿線というのは =高級住宅地・山の手 というイメージが植え付けられています。


阪急電車の色も、ずーっとこだわりのマルーン色、車内は木目の化粧板に、グリーンのシート。 シックな印象で、阪急電車に乗っただけで気分が高揚するのは僕だけでしょうか(笑)


そんな関西人にとってはカリスマ的存在の“阪急”ですが、梅田にある阪急百貨店は、現在 大きく2期に分けて建替え中なわけではありますが、着工する前の 関西人にとって「阪急らしさ」を如実に感じられるという そんな場所を紹介したいと思います。



画像

ここは、阪急百貨店梅田本店のコンコースです。 2層吹き抜けの豪快な空間の使い方をする大きな大きな空間です。 この写真では、コンコースの半分しか写っていないのですが、画面左端の柱の更に左側にも、同じだけの空間が広がっています。
ここはクリスマスシーズンのショーウィンドウのディスプレイが凄く素敵なんですね! 毎年楽しみでした。




画像

こちらは、昔の阪急梅田駅時代のコンコースだったドーム屋根の部分です。 今はもう見る事が出来なくなってしまいました。 外国には行った事がありませんが、ヨーロッパのターミナルを思わせるような、そんな豪壮な空間です。 こんな空間の使い方が“阪急らしさ”なんですね!



画像

違う角度から見てみました。 全景です。 ついつい自慢してしまいますが、こんな素晴らしい私鉄駅が他にあるでしょうか!?(笑)

"阪急百貨店" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント