港町神戸鳥瞰図 発売開始!!

本日より港町神戸鳥瞰図が発売開始になりました! 神戸・元町の出版社 株式会社くとうてん様 より出版して頂きました! 株式会社くとうてん webサイト http://kutouten.co.jp/ そして くとうてん様のHPより購入する事も出来るようになりました! こちらです! http…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸空港鳥瞰図 ジャンボが来た日

神戸空港島の全島鳥瞰図ですが、旅客ターミナルの5番スポットに駐機中のB747-400DをANAカラーにしてみました。 右側の翼上面にはJAなんちゃらの船名符字じゃないや、コールサイン?も後で描き入れたいと思います。 現実の世界の神戸空港にはジャンボ機が飛来した事は一度も無いのですが、鳥瞰図の中だけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

倉敷・トークセッション 鳥の眼、虫の眼

4月20日(土) 倉敷市の美観地区にある倉敷物語館で企画展の関連イベントで「鳥の眼、虫の眼」がありました。 アクソノメトリックで都市の鳥瞰図を描く絵師3人が集まって、鳥瞰図談義に華を咲かせるイベントだったのですが、絵師の岡本先生、中田君、そして私、コーディネーターに森脇忍様。  40人前後だったかな?の来場者を前にしてトークセ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

港町神戸鳥瞰図 発売へ!!

いよいよ港町神戸鳥瞰図が発売になります!!!  振り返ってみると、この鳥瞰図を完成させたのは2011年10月、作品展会期1週間前でした。 初めて出力されたものを見た時の喜び。 その後に3年半かけて作り上げた日々の事が走馬灯のように見えて目に涙が溜まったこと。 今も忘れません。 作品展も大盛況に終わり、とんでもない事に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

神戸空港鳥瞰図 色塗りです

神戸空港の鳥瞰図ですが、データの接合も終わり、今はどんどん色塗りをしています。 全景はこんな感じです。 どうでしょうか 雰囲気は出ているかな。 空港の鳥瞰図ってすごく珍しいとは以前に書きましたけど、今もそう思っています。 しかも神戸空港に限ると世界初の空港の都市鳥瞰図ですね(^^;) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸空港鳥瞰図(仮称) データの接合

神戸空港の全島鳥瞰図、 いよいよデータの接合作業を進めています。 一部連絡橋の延長先や、誘導灯の延長先が足りないので追加しなければいけません(^^;) なかなかデータが合わない中ですが、概ね良しと出来る具合になりました↑ これからは接合箇所の修正や、下書きの消去、そして着色と進めてまいります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸空港鳥瞰図 描画完了宣言!

ポートアイランドの全島鳥瞰図を描こうと決めていて、急遽神戸空港島も全島描いてまえ!!と勢いで決めた空港島の鳥瞰図ですが昨日、一応の描画作業の完了宣言を出しました。 振り返って見ると今年の1月7日から描き始めたものですからジャスト3ヶ月での描画作業完了となりました。 ほとんどが空港の芝生や滑走路の敷地であったり、造成地の部分が多くを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KURASHIKI 60's 鳥瞰絵図

4月15日から倉敷美観地区において、鳥瞰図絵師 岡本直樹さんの作品展が開催されます。 KURASHIKI 60's 鳥瞰絵図による「50年前の倉敷」展 4月15日(月)~4月24日(水) ※初日は13時から、最終日は15時まで 会場 倉敷市倉敷物語館(多目的ホール) 今回の作品展で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

船を描く

気分転換に船を描きました。  この絵も神戸空港鳥瞰図に使う目的で描いています。 全長と全幅が分かっているので、紙の上にMAXサイズで線分を描きました。 その後の作業が進めやすいように適当に6等分しています。 水と接するラインが以前撮影した写真を駆使して、どの辺りから絞り込まれて行くのかを判断して描き込んで行きます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポーアイ・神戸空港鳥瞰図 現在の様子2

神戸空港の鳥瞰図、 あまり毎回変わっているようには見えないと思いますが、着々と進んでいます。 大きな輪郭やメインの道路や建物が描き終わると、後はあまり変化をしているようには見えない所があって、実際には細かい道路のラインファルトを描いたり、木を描いたり、車を描いたり、細かい部分で変化し続けているのです。 原画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポーアイ・神戸空港鳥瞰図 交差点

神戸空港島に入って最初の交差点です。 試験的に車を描き込んでいます。 交差点を直進する車やバス、右折待ちの車、車線変更する車。 描いている本人の頭の中ではそれぞれの車が実際に動いているような事を想像しながら描き進めています。 そうそう、上組さんのロジスティックセンターの庇の下には40フィートコンテナを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

倉敷行

昨日 日帰りで倉敷に行って来ました。 昨年5月26・27日に訪れた以来。 その時は倉敷の鳥瞰図絵師 岡本直樹さんの鳥瞰図展&ワークショップに参加して、岡本先生にお近づきになれたきっけかになったのでした。 今回の倉敷行は、去年にお世話になったNPO法人倉敷町家トラストの成清さんが取り組まれていた倉敷マップスプロジェクトの発表展に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポーアイ・神戸空港鳥瞰図 駐・駐・駐車場

神戸空港島の鳥瞰図ですが、専ら駐車場のラインファルトを描き進めています。 旅客ターミナルビル北側に広がる第1と第2駐車場は出来ました。 引続いて神戸・関空ベイシャトル乗り場の駐車場のラインファルトも終わりました。 ここでは画像を掲載していませんがラヴィマーナ神戸の方の駐車場も描き終えています。 現…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ポーアイ・神戸空港鳥瞰図 第2駐車場

神戸空港島の鳥瞰図ですが第2駐車場が完成しました。 車はこれから描き込む事になるのですが、まずは完成したという事で一般車両も空港旅客ターミナルにお迎えが出来るようになりました。 パチパチパチ~ ところで話は変わりますが、神戸新聞文化センター、新長田KCCで一昨年から続けている鳥瞰図講座ですが、生徒さんが春の市展…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ポーアイ・神戸空港鳥瞰図 滑走路完成

神戸空港の鳥瞰図ですが滑走路のラインファルトも描き終えたので、滑走路は完成しました。 誘導路はまだこれからなのですが。 センターライン部分にだいたい30mぐらいの長さの白線が引かれているのですが、滑走路の全長に描かれているのでそれぞれの原画を並べて、適切なピッチで描かないといけないので手間取りました。  はふ~ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポーアイ・神戸空港鳥瞰図 手作業・悩む

昨夜は神戸新聞文化センター 新長田KCCでの鳥瞰図講座の日だったのですが、早めに教室入りして僕の趣味の方の神戸空港の鳥瞰図の原画を並べての確認作業をしていました。 地形図は先だってテープで貼り合わせていたのですが、その上に原画を並べるのですが、まあこれが原画同士がピタッとは合わない。 そこにはいろいろな要素が含まれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポーアイ・神戸空港鳥瞰図 ラインファルト

神戸空港の鳥瞰図ですが今回は滑走路のラインファルトです。 滑走路のラインファルトについては全く分からないので、どういう意味でそういう風にラインが引かれているのか、滑走路の角度を表わす方向の09度くらいは分かるのですが、ゼブラゾーンとか、大きな細長い長方形の白線とか、分からないまま描いています。 滑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポーアイ・神戸空港鳥瞰図 外周護岸繋がる!

神戸空港島の鳥瞰図ですが、昨日 外周護岸のラインが繋がりました! 空港島本体そのものでも約1.8mの大きさになります。 昨晩 神戸新聞文化センター 新長田KCCでの講座の日だったこともあって、生徒さんと護岸のラインがぐるりと繋がった記念の乾杯をミルクティーで行いました。 描画作業がこれで完了したという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポーアイ・神戸空港鳥瞰図 北側親水護岸

神戸空港島の鳥瞰図ですが、今は主に北側の水際の護岸を描いて行っています。 北側から人工ラグーンまでの護岸を描けば、空港島の輪郭としての線が繋がる事になります。 大きな一歩ですね(笑) 静かな場所ですし、ポートアイランドや市街地の景観が素晴らしい所です。 神戸ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポーアイ・神戸空港鳥瞰図 現在の様子

空港島北東部分の原画5枚を並べてみました。 1枚1枚のポリエステルペーパーはA3サイズのものです。 空港島だけでも恐らく畳2帖大になるはず。 以前に描いたみなと神戸バーズアイマップ2008の時に気になった点をあらためて作っているのですが、そんな中でも問題点が分かり、よりよいやり方が分かったような気がします。 そういう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more