テーマ:震災

東日本の大地震

昨日発生した宮城での地震、夜通しテレビのニュースを見ながらの 気が気でない夜でした。 盛岡には鳥瞰図友達がいるので、地震発生をラジオで聴いて しばらくしてから電話をするも 通じず、メールをしてみました。 少ししてから盛岡全市が停電してること。 一桁の国道の信号は 付いているという情報を聞いた。 盛岡では倒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 阪急三宮駅

今夜は阪急三宮駅です。  昭和11年 1936年ですから今から74年前に開業した歴史ある私鉄駅です。 もちろん高架も駅ホームのアーチ型の鉄骨の骨組みも74歳です。 がんばっています! ちょっとブレてますが、左側には駅ホームを覆うアーチ型の屋根。 軌道の上側(北側)には空調関係の設備が複雑に絡み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 神戸新聞会館(ミント神戸)

みなと神戸バーズアイマップ   JR三ノ宮駅前にそびえる ミント神戸です。 この建物は2006年 今から4年前の10月にオープンしました。  複合的な建物で 1階には高速バスのバスターミナルが。 2~8階までは商業施設。 9~12階には映画館が8スクリーン。  13階から上はオフィスと、 18階建ての建物になっています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 そごう

JR三ノ宮駅前の光景と言えば、すぐに思いつくのがこの そごうのある風景。 そごう本館右側の円弧を描いた外壁の部分は、阪神電鉄の所有する建物だったと思います。 昭和8年に阪神電車が地下線になって三宮駅に乗り入れた時に建てられたもの。 その左側のガラス貼りの部分、2階レベルにちょこっとした広場のあるところは、1995年の震災で中…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 神戸国際会館

今日 やっと神戸国際会館が完成しました。 この建物を描くのに3日かかりました(^^;) 1956年 昭和31年  進駐軍が駐留キャンプを置いていたイーストキャンプの跡地にコンサートホールや映画館、ホテルなどの複合施設を開きました>神戸国際会館。 神戸の三宮では、国際会館、阪急会館、新聞会館と、それぞれが三宮のランドマ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 日本生命三宮駅前ビル

神戸の鳥瞰図 三宮駅前に到達しました。 この紙では三ノ宮駅は描きませんが、次の紙ではMINT神戸や三ノ宮駅を描きます。 13階建てのオフィスビルです。 このビルの西隣に2階建ての低層のビルがありますが(中央三井信託銀行) このビルも三宮ビル北館って言うんでしたでしょうか。 たしか3階辺りが95年の地震で層崩壊して、仮建物になっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 三宮ビル南館

地上16階建ての三宮ビル南館です。  三宮ビルシリーズは大地主さんの森本倉庫さんの不動産でしたね。 震災後に建てられたオフィスビルですが、鋼管にコンクリートを充填した構造だという事で、むっちゃ強固なオフィスビルだと思います。  旧ビルって震災で大きな被害を受けたんでしたよね。 地下は市営地下鉄の海岸線 三宮花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 三宮インテス

国際会館の斜め向かいに位置する三宮インテス。 1994年 震災前年に出来たオフィスビルです。 この頃に三宮に出来たオフィスビルとしては比較的大きなものになるのではないかと思います。 この辺りって、戦後 イーストキャンプのあった辺りでしたよね。 国際会館の場所にもカマボコ形の弊社が写っている航空写真がありました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 Dグラフォート神戸三宮タワー その1

貿易センター周辺から北へ描き進んでいるのですが、今はDグラフォート神戸三宮タワーを描いています。 この超高層マンションは 地上42階建て 152メートルの高さです。 全く余談ですが、明石海峡大橋の主塔はこのマンションの約2倍の高さがあります。 このマンションの足元には小野八幡神社があります。  たしか、95年の震災後、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まもなく1.17

1995年の震災で被災した人たちにとっては絶対に忘れられないあの日がまもなくやってきます。 今日は車で移動中 FMラジオを聴いていると、「しあわせ運べるように」が流れてきました。 ボリュームを上げて聴いていると、目に涙が溜まってしまいます。 http://www.youtube.com/watch?v=BNRR7FI…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 さんプラザ

三宮センター街を西に向かって歩いていくと、すぐの山側にある大きな商業ビルがこの「さんプラザ」です。 僕はこの建物が好きなんです。 この建物が出来たのは、今から39年前の1970年4月。  今は6階建てですが、出来た当初は10階建てでした。 この建物も、神戸が経験した未曾有の大災害、 阪神淡路大震災の被…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 神戸マルイ

三宮駅前にある神戸マルイ (OIOI KOBE MARUI) http://www.0101.co.jp/stores/guide/store830.html 2003年 今から6年前の10月にオープンしました。 それ以前には 阪神淡路大震災復興支援館 フェニックスプラザがあったりした事もありました。 この施設は今はHAT…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 星電社

三宮センター街は、とっても特徴の多い商店街です。 空から見ても とにかくセンター街らしさというのを感じます。 第一に共同建替えが多いので、建物の大規模化が目立ちます。  星電社 今はヤマダ電機傘下で、時代も変わってしまいましたが、僕が空撮した時には建物の塔屋の看板には おっきなseidenの文字が目立っていました。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 交通センタービル

神戸に鉄道の玄関口 三宮駅に隣接しているビルがこの交通センタービルです。  今は10階建てのビルですが、1995年の震災に遭うまでは9階建てのビルでした。  ちょうど5階部分が地震で崩壊したことで、その後上層部が撤去されて、一時 3階建てで使用されていた時期がありましたが、本復旧という事で今の姿になりました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 三宮セントラルビル

一番左の建物は三宮セントラルビル。 そして一番右手前の丸みをおびたビルは金沢病院です。 三宮セントラルビルの場所には以前は兵庫銀行本店がありました。 震災で大きな被害を受けた建物でした。 兵庫銀行時代の建物では、東隣(絵図で言う右隣)の9階建てのビルと同じ高さだったと思うので、かなり高層化が成されたなぁと思う次第です。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 東遊園地

旧居留地の東側にある 東遊園地。 神戸では近代スポーツ発祥の地として神戸でも知られた場所です。  1995年の兵庫県南部地震のあった 1月17日には 追悼の集いが開かれますし、毎年 神戸ルミナリエが開催される場所でもあります。 公園の南の方には、1.17希望の灯りが灯っていますが、その場所には 誰とは決めていませんが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 ルネ神戸旧居留地109番地

旧居留地地区だけではないのですが、元々オフィス街だった地域に、マンションが目立つようになりました。 そんな一つでしょうか ルネ神戸旧居留地109番地。 このマンションのすぐ南側の東西の通りは”仲町通り”  95年の震災以降 毎年 ”神戸ルミナリエ”が開催される通りです。 神戸ルミナリエ。 今年は15…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

半旗

昨日は阪神淡路大震災の日でしたが、旧居留地地区を散策した際に、いくつかの場所で半旗にされている様子を見ました。 平日だったら、もっと半旗にしている所が多かったと思います。 こちらは神戸市役所2号館の掲揚柱です。 国旗と市章の旗が半旗になっています。 阪神高速の京橋PA上でも、国旗や阪神高速の社旗…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

空から見る震災復興写真展

元町通り商店街にある 神戸まちづくり会館にて、空から見る震災復興写真展が開催されています。 あともう少し、もう少しだけ震災復興区画整理事業が続いている地区があります。 1995年1月17日に起きた地震ですが、よくぞここまで来れたなと思います。  広大な更地が広がっていた被災地でした。 今ももちろん更地はかなりの範囲にあります。 人…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

20周年おめでとう

ホテルオークラ神戸さん 20周年おめでとうございますm(_ _)m 1989年6月開業と言えば、神戸市制100周年の年でした。 神戸が大きく変わっていくその時でしたね。 友人から聞いたのですが、入口の回廊部分は東京のホテルオークラとそっくりなんだとか。 へぇ~と 今更ながらに感心したのです。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 震災メモリアルパーク

メリケンパークの東側、 メリケン波止場と言った方が しっくりとくるかなと思います。 そこに 1995年1月17日の 兵庫県南部地震で被災した メリケン波止場の岸壁が部分的に そのまま保存されています。 通船に乗る為の階段が 設けられています。  今では こういった通船乗り場は、あまり使われる事はないかと思いますが、昔の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

有感地震

昨夜 00時58分に 明石海峡を震源とした マグニチュード4.1の地震が起きました。 震源の深さは10キロ、 ほんと 吊橋の真下の地下で断層破壊活動が起きたようです。 この場所は 13年前の1995年1月17日に マグニチュード7.3の地震を起こした辺りです。 その時と同じ断層系が動いたものとして間違いないと思います。  あ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

小野八幡神社

神戸市役所から すぐ東の方に 小野八幡神社があります。  たしか 95年の地震以降 この神社の近くに 復興住宅展示場があったと思うのですが、あれはどこだったんだろうか・・・ 境内を進んで行くと、左手に”慰霊”と刻まれた碑がありました。  震災の慰霊碑かな?と思い近付いてみると 昭和20年3月1…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

95年の神戸ウォーター

95年に 新神戸トンネル内で湧き出す 神戸ウォーターを封入したペットボトルです。 波止場町TEN×TENで見せてもらいました。   95年に製造された水。  もう 飲めるようなものではないと思いますが、 95年の時の思いが そのまま詰め込まれています。 水の大切さを実感した 95年です。 震…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

御影石が語る岸壁の歴史

新港の櫛形突堤。 僕は、この地区が好きなので、 ここを今後 描けるという事は、僕にとっての幸せの一つなのですが、 こまかく歩いてみると、 新しい発見や なぜだろう? って疑問が生まれたりするのです。 今回 歩いた時に、分ったことの一つがこれでした。 同じ 新港第一突堤の写真なのですが、 上は …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

御蔵・菅原地区に行きました。

昨日 JR鷹取駅を降りて、駅北側の 旧JR鷹取工場跡を見ながら、出身校の太田中学に行きました。 その後、西代、高速長田を経て 御蔵・菅原地区へ。 最初は 立ち寄るつもりもなく、大開通りを新開地ぐらいまで歩いてみようと 漠然と考えていたのですが、今まで一度も歩いた事のない地区だったので 折角だし と訪れてみました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また会えたね オリエンタルホテルさん!

パソコンで ちょちょいと描いたので、適当なんですが 震災まで存在していた 京町のオリエンタルホテルさんです。  もし 今も 京町で営業されていたなら 去年描いた 旧居留地の鳥瞰図には ↑ こんな風に描かれただろうと思います。 出来れば描きたかったなぁ。 東京オリンピックの年に 海岸通り6番から移転してきたので、 もし 今年…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

神戸港

市立中央図書館で 神戸港の事を調べました。 95年の地震で 各岸壁がどういった被害を受けたのか?です。 いろいろな事が分りました。 分ったというか やはり相手は自然だなって。 人間の思うような結果にはならない所に 難しい世界やなぁって思ったのです。 各岸壁の“設計震度”が分ったのが大きな収穫でした。(…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

神戸市制100周年記念の冊子

1989年 今から19年前に 神戸市制100周年を記念した冊子が発行されました。 それを市民に無償配布したのでした。  たしか 広報こうべに 引き換え券があって、それを持っていき 窓口で交換するというやり方だったと思うのですが・・・ 僕は 当時 さんチカのインフォメーション神戸に取りに行った事を覚えています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

返し続けること

13年前より たくさんの支援を頂きました。  直接のお金であったり、物資であったり、人的貢献であったり、歌だったり。  多種多彩で その量とか 金額に直してみて いくらであったか なんて 到底分るもんじゃないし、 試算するなんて野暮な事は しない方がいいので 返礼は いろいろな形で やり続けなければいけないと思うのです。 してもら…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more