テーマ:震災

苦楽堂さん

神戸の中央区 通称 乙仲通りにある出版社 苦楽堂さん。 http://kurakudo.co.jp/ こちらの初出版本 ”次の本へ” の装丁画に拙作の「海文堂書店絵図」を用いて頂いております。 つい最近 3版目も出たとのこと。 4月11日から苦楽堂さんウェブサイトにある苦楽堂通信のコーナーで3回に渡って、イン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

津波避難情報板

昨日、神戸の都心部3箇所に津波避難情報板が設置されました。 三宮センター街入口前、 大丸北側の出会いの門、 ハーバーランドガス燈通り。 その津波避難情報板にはみなと神戸バーズアイマップ2014が用いられています。 昨年KIITOで市民の方が参加をされて津波避難情報板の設置のゼミが10回に渡って開催された…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

津波に備え情報板を設置

http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201403/0006774958.shtml 今朝の神戸新聞の記事からですが、今夏に三宮、元町、神戸の3箇所に南海トラフで起こる巨大地震で起きる津波から、迅速に避難する為の案内板が設置されることになりました。 その案内板に神戸の鳥瞰図…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

兵庫県議会副議長室へ

先日 兵庫県議会の副議長応接室に港町神戸鳥瞰図を寄贈させていただきました。 副議長の加田先生や、新長田の皆様のお陰で実現することが出来ました。 加田先生、新長田の皆様、どうもありがとうございました。 滅多に兵庫県庁にいく事は無かったのですが、この日は県議会の議事堂の中も見せていた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

倉敷・トークセッション 鳥の眼、虫の眼

4月20日(土) 倉敷市の美観地区にある倉敷物語館で企画展の関連イベントで「鳥の眼、虫の眼」がありました。 アクソノメトリックで都市の鳥瞰図を描く絵師3人が集まって、鳥瞰図談義に華を咲かせるイベントだったのですが、絵師の岡本先生、中田君、そして私、コーディネーターに森脇忍様。  40人前後だったかな?の来場者を前にしてトークセ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阪急会館の絵 透視バージョンも完成

神戸阪急ビル東館の内部を透視したバージョンも完成しました。 館内の色はほとんど想像で塗りました。 なので、実際の館内とは違ったカラーになっていると思います。 外観は多数の写真が多方面に残っているのですが、館内の写真はほとんど無いので再現するには限界があるのですが、知りうる限り、そのままに表現できたと思います。 今…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

阪急会館の絵 阪急会館

神戸阪急ビル、 ビル全体を阪急会館と親しみを込めて呼びつつ、そのビル内の4階部分に存在していた映画館が阪急会館です。 この透視の絵の中にも阪急会館を描いて着色を進めています。 映画館の真下を阪急電車が走っています。 映画を見ている間も阪急電車が通過すると振動と音が伝わってくる映画館でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阪急会館の絵 その8

神戸阪急ビル東館の着色作業がほぼ完了しました。 それなりに雰囲気は出ていると思います。 先日 阪急三宮駅東口からすぐの某焼鳥屋さんにお邪魔した際に、阪急会館の下絵を壁に掲示して下さっている事もあり、雑談をして来ました。 お客さんからも懐かしがられる方が多いと聞き嬉しくなりました。 僕もこの建物と付き合った期間は数年間では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阪急会館の絵 その7

長々とかかってしまったのですが、阪急会館の鳥瞰図?の描画作業が完了しました。 これからは急ぎ着色工程に移ります。 こちらは説明する必要もありませんが外観です(^^) そして今回の目玉的な絵になるのではないかなと個人的に思っている透視バージョンです。 細部ではどこまで正確に描けているか分か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阪急会館の絵 その5

阪急三宮駅東口に存在していた神戸阪急ビル東館 通称阪急会館。  このビルが軌道部分を残して解体撤去されてから、新しい年がやってくると18年です。 神戸在住の二十歳辺りより若い世代は、このビルの事を知識として知っていたとしても、実際に見た記憶が無いという事になってしまいますね。 夜な夜な描き進めて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阪急会館の絵 その4

阪急会館の絵を描き進めていますが、今はこんな感じです。 上側はほぼ完成した外観の絵です。 看板の文字も描き込みましたし、概ね完成しています。 下側が現在描画中のもの。 ほぼ同じアングルで館内を透視した絵にしようとしています。 外観だけの時には阪急電車を描かなかったのですが、透視版では阪急電車を描きこもうと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深江キャンパスの鳥瞰図 進徳丸メモリアル

いきなり飛んで進徳丸メモリアルを描きました。 お前そこが描きたかっただけやろ! という突っ込みが聞こえてきそうですが(^^;) 進徳丸は大正12年に神戸高等商船学校の練習帆船として神戸の三菱重工で建造された帆船でした。 バーカンティンの巨大な帆船で、戦中は帆…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

深江キャンパスの鳥瞰図 水先教育研究棟

今宵は神戸新聞文化センター 新長田KCCの鳥瞰図講座の夜でした。 そして、今夜は深江キャンパスの水先教育研究棟を描きました。 水先という事ですからパイロットさんを教育するという施設なのでしょうか。 ちょっとした体育館のような外観をしていますね。 内部も大きな空間があるのでしょうか。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ポーアイ鳥瞰図 地上撮影第2回

本日はポートアイランドの鳥瞰図作成の為に地上撮影の第2回目でした。 前回撮影したファッションタウン南側に対して北側半分を撮影しました。 面積は11万2千平方メートル 約1000枚の撮影になりました。 ポートアイランドの1期島にとってファッションタウンは島のハイライトだと思います。 まさにポートアイランド博覧会を開催した場所ですから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地震に負けない神戸をつくる

先日 歩いて神戸大橋を渡りました。 何年かに一度そういう機会があります。 今年は多くなりそうです。 1995年に神戸が震災に遭って以降、神戸大橋を車で渡る時、神戸大橋そのものと、その取付道路とのジョイント部分って通り心地が悪いと言いますか、ぶ厚い鉄板を踏む衝撃があってついつい減速するというと大袈裟ですが、タイヤが破裂しないか?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こうべ動画館に取り上げて頂きました

KOBEムービーチャンネルの5ch 毎週更新!こうべ動画館に取り上げて頂きました。 http://www.city.kobe.lg.jp/information/public/media/movie/dogakan/index.html 神戸スタイル―神戸ステキ人  鳥の目線で描くまち-鳥瞰図絵師・青山大介 という事でで…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

取材を受けました

昨日 取材を受けました。 こんな感じで。 新聞取材とは違う緊張感がありました。 緊張してて、聞かれた事とは違う事を返答したんじゃないかと思ったりしています(汗) 昨秋の初作品展から、鳥瞰図を描くという事ではトントン拍子に事が進んで行くというか、そんな大した事をした訳じゃないと常々思っているのですが、周囲…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

商船三井ビル 耐震補強へ

http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0004767788.shtml なんかすっげえ嬉しいニュースだ!! こんなに嬉しいニュースも滅多にないね(^^)  商船三井ビルが耐震補強工事をされて今後も使い続けられるんだって。  という事は阪神淡路大震災に遭うまでは竣工当初のままの形で震度7の激震を乗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1.17 阪神淡路大震災より17年

今日は1月17日。 17年前に神戸や阪神間、明石、淡路島を震度7の激震が襲った日。 今年も健康に1.17の日を迎えることが出来ました。 地震発生当時は18歳で、その後の避難所生活の時に19歳になりました。 小学校の体育館で生活していたという事も自分の中ではすごく遠い時のような気がします。 震災に遭うまでの僕の人生が19年。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

僕にとって いつまでも笹山さんは神戸市長さん

昨日 前神戸市長の笹山幸俊さんが亡くなられた。 タイトルにも書いたけど、僕にとって笹山さんはいつまでも”神戸市長さん”です。 笹山さんが市長時代の出来事を書いていきたいと思います。 笹山さんは1989年 平成元年に14代目 神戸市長に就任されました。 この時僕は13歳 中学生。 この年は神戸市政100…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸ルミナリエ

今年も神戸ルミナリエが始まりました。 3月11日に起きた東北の大地震と、それによる津波で東北から北関東沿岸は多大な被害を受け、そして福島の原発での事故もあり、辛い出来事が続いていますから 今年はもうルミナリエは無理ではないかなと思った時がありました。  常に不安でいっぱいな年でした。 被災地の方々は瓦礫の撤去の目途も立たず、西日本の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミナト神戸バーズアイマップ発表作品展情報

いよいよ 約1ヶ月先に迫ってきた作品展ですが、今日はその案内をします。 ●ミナト神戸バーズアイマップ完成作品展 期間  2011年10月31日(月)~11月15日(火) ※水曜日が休館です。 時間  11時00分~19時00分  会場  神戸波止場町TEN×TEN 住所  神戸市中央区波止場町6-5 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 都市部の描画が終了!

最後まで残っていた西元町辺りの街の描画が終了しました!!!  やっとここまで来ました! 今日2011年9月4日が街の描画が完了した記念の日になりました! 2008年4月から描画を開始したのですが 3年5ヶ月の月日を要して やっとここまで来れました(T T) この紙では高架下を描いたり、架線柱を描いたりとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 元町通6丁目辺り

ミナト神戸バーズアイマップ   元町通6丁目辺りを着々と描き進めています。 この作品は着手してから丸3年以上になっています。 着手当初はここまでの時間を要するとは思ってもいませんでした。 やってみて、進みやすい地区、進みにくい地区、 本当に骨の折れる地区、描いていると その違いが凄かった事や、暑い季節は描画意欲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 飛鳥2・その他

昨日は中突堤のBCバースに 日本籍船では最大の客船 飛鳥2を描きました。 最初 中突堤を描いた時には客船を描くというつもりが無かったもので搭乗橋(PBB・パッセンジャーボーディングブリッジ)を格納した状態で描いていました。 それはそのままにして、BCバースに全長240mの巨大客船を描きました。 これからになるのですが関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 三桝さんの辺り

元町商店街の山側の街並を描き進めています。 今日は三桝さんの辺りです。 三桝さんというのは僕の好きな焼鳥屋さん。 時々お世話になっています。 目立たない裏路地みたいなところにあるので、気付きにくい場所にありますが常連さんでいつも繁盛しているそんなお店です。 昭和テイストでいっぱいの素敵なところです。 絵で描いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 中国銀行、りそな神戸ビル

昨晩は中国銀行やりそな銀行のある建物等を描きました。 タイトルにしても、文章にしても銀行名が重なっているところが、昔の栄町通りの性格を端的に表しています。 「東洋のウォール街」 りそな銀行は南京町の南側入口の西角に建つ大きな5階建てのビルです。 震災前からあるビルなので、それこそ栄町通りに銀行が多数あった時代の最後の雰囲気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガンバロウ!東日本

東日本の大地震から1ヶ月目の昨夜 ホテルオークラ神戸さんのタワー棟に ホテルスタッフの皆さまの提案で、宿泊客の方にも協力して頂き、窓を利用して「ファイト」 「日本」と点灯されました。 そしてポートタワーや碇山、堂徳山の電飾も昨夜から再開されました。 ポートタワーにはLEDで 「ガンバロウ!」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

被災地へ届け! ファイト!

http://www.kobe.hotelokura.co.jp/popups/20110411_fight.pdf ホテルオークラ神戸さんが、明後日の夜  タワー棟の東面と南面の窓を利用して「ファイト」と「日本」を点灯されます。 東日本の被災地へ届いて欲しいという気持ちを込めて、東面に点灯されるのでしょうね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

王子動物園 夜桜通り抜け

昨夜から始まった神戸市立王子動物園の夜桜通り抜け。 早速行って来ました。  19時過ぎに着いた時はスムーズに流れていました。 ちょっと前まで寒い寒いと言っていたものが、一気に暖かくなってきて春を実感です。 桜 ほんとに綺麗ですね。 ハンター邸もライトアップされた桜で包まれていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more