阪急三宮駅

画像
僕は阪急三宮駅の景色が大好きでした。 尖塔のある古びたビルでしたが、壁面の大きなアーチ状の部分、トンネルの出口のような感じと形容しましょうか。 その部分から阪急電車がガードを渡って、ゴゴゴ・・・・と来るのが好きでした。
1階のコンコースは、とても天井が高くて、アーチ状の梁。 上映中の映画の看板。 ちょっとお洒落な三宮阪急(百貨店)  階段を上がると駅の改札。 階上の映画館にもよくお世話になりました。  映画館に上がる時は、チケットを買って長いエスカレーターで上がるのですが、上映後は くるくると回りながら尖塔部の真下の丸い階段を下りるんです。 古いビルでしたけど 好きでした。

そんな阪急三宮駅とお別れしなければいけなかった時は、ほんとに辛かったです。 95年の震災により解体されてしまいましたが、地震のような災害が無ければ、大勢の神戸市民から惜しまれて 最期を迎える 精一杯 労ってあげたい と思えるビルでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ママの独り言
2005年08月30日 21:33
私は関西出身で、22歳まで西宮の苦楽園口に暮らしていました。神戸三宮もよく行きました。阪急沿線が大好きです。でも今は結婚で埼玉に暮らしていますが実家が震災前に神戸に引っ越したので神戸の話題楽しかったです。また遊びにきますね!
DAI@LINK
2005年08月31日 00:38
ママの独り言さん>
コメントありがとうございます。
今でも、あの駅は忘れられない思い出の重要な一つです。 今は仮設の建物の駅ですけど、そんな仮設の駅でも、以前の阪急三宮駅の構造の上に、増築という形で今の駅舎が建てられているので、そういう意味では、昔の駅を受け継いでいると思っています。 柱の並びは同じですからね。 なので、今でも あの頃を想像する事は難しくないのです。>僕にとっては。
ですが、もし 完全に建替えられるのならば、忍びないです。 辛いですね。 自分自身の思い出の1ページですから、簡単に消えてもらう訳にはいかない そういう場所だと思います。

この記事へのトラックバック