神戸新聞会館

http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/kz/0000029276.shtml

JR三ノ宮駅前の 神戸新聞会館の再建。 今年10月のオープンまで後5ヶ月ですね! 以前の重厚な外観から、軽快な雰囲気に変わって、完成が待ち遠しくなって来ました。 

震災で全壊判定だった旧新聞会館ビル。 北側壁面には巨大な富士山の壁画があり、神戸市民だれしもに親しまれたビルでした。  恐らく地下の外周部の躯体は、旧会館ビルのものでしょう。 そして秘密の新聞専用地下通路も三ノ宮駅西口へ続いていますし、 新しい中にも実は古い物を抱き込んでしまっているというニクいビルです(^^;)

見た目の、階数も、構成も がらりと変わってしまいますが、駅前の人の流れがガラッと変わってしまうのでしょうね♪

次のビルには、しっかりと天寿を全うして欲しいと願います!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

tet5
2006年05月12日 02:03
久々の大型複合ビルではないでしょうか?
バスターミナルも統合整備され、動線もよくなって
三宮東も、より駅前らしく変わっていくのでしょうね。
夜にどんな照明がついて宇宙船のようになるのか
とても楽しみです。
2006年05月12日 08:40
tet5さん>
夜も飲食店が遅くまで営業して下さるようなので、駅前好立地
ですから楽しみです! 上のオフィス部分には、どういった
企業が入居されるでしょうね!?
梅吉にゃんこ。
2006年05月12日 22:57
きっとここも「表参道ヒルズ」みたいに
混むんでしょうねー。

今度はきっと天寿、全うできますよ(*^-^*)
2006年05月13日 23:54
梅吉にゃんこさん>
遅くなりました~!
久し振りの大きな施設なんですよね! しかも以前に無く
なったのが95年の地震が原因でしたから、やっとあの災
害に勝てるというのでしょうか。 あと三宮では、阪急電
車の三宮駅の再建だけになりました。 それが完了してこ
そ 都市の機能としての震災からの傷が癒える事になるだ
ろうと思います。 10年以上かかっているのですから、
大きな出来事でしたね。

この記事へのトラックバック