神戸空港の誕生日♪

今日は神戸空港の誕生日です。 まずは神戸空港さん 誕生日おめでとう♪

画像



1年が過ぎて、この日を迎える事が出来てとても嬉しいです!


この1年間の利用者は約270万人。 初年度の予想では319万人でした。 ですから想定の85%という利用率です。 予想より低いのですから あまり良いとは言えないでしょう。


ですが、地方空港でこの270万人というのは、結して悪い数字ではないです。 他にも神戸よりも路線数も多く、国際線も飛んでいる空港でも 神戸よりも利用客の少ない空港の方が多いでしょうね。

空港島の建設費の償還が2年後ぐらいから始まるのでしたでしょうか? 今は、ほとんど土地が売れていませんから、神戸市も 割引してでも 土地を売却しようと 本腰を入れ始めているのを新聞記事で最近読みました。


さすがに3000億円以上先行投資していますので、土地が売れない事には、大変な事になってしまいます。
が、先行きが真っ暗 だという訳でもないと思います。 ポーアイ2期の埋立地に進出する企業が最近 後を絶たず 数年前の事を思うと えらい違いです。



そういった企業の進出理由の一つに、神戸の交通の利便性を上げられています。 空港や国際貿易港、新幹線、高速道路と主要な交通インフラが整備された街。 そして都心部にそういった大規模な土地を有する という事で進出される企業が多いのです。

今年の秋にはポーアイ1期で世界中から華商さんが集まって国際会議を開催されます。 つい最近ではマグロの国際会議もされていました。 神戸はコンベンション都市としても日本でも指折り国際会議の多い都市です。 そういった会議でも 陸海空 総合的な交通インフラの整った利便性だからこそ神戸で開催したと言えるでしょう。



そこには 年間の利用者が270万人だけだった という その点だけでは片付けられない事があると思います。 空港が無ければ、ポーアイ2期に進出する企業も減った可能性がありますし、国際会議を誘致する面でも デメリットとなったかも知れません。
空港がある事で、直接的には見えて来ない 波及効果が存在している事は間違いないでしょう。


さて 次の1年は これまでの1年よりも 目に見えて実を結ぶようになって欲しいと願っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年08月17日 02:51
昨年2月10日に神戸空港の上を低空飛行しました。
今後 二度と飛ぶことのない小型飛行機で、二度と見ることの出来ないアングルでしっかり撮影しました。
 以前は大阪空港の上を小型飛行機で横切りましたが、もう二度と許可されないでしょう。
 大阪空港は、全体を見渡せる位置ではなかったので 真下を離陸のために滑走路を全速で加速しているジャンボ機を見ることが出来ました。
2007年08月17日 18:51
ひこうちゅうねんさん
コメントいただきありがとうございます! 地上から見るだけでなく 空の しかも低空から見る神戸空港は、楽しい場所なのでしょうね! 真下にエプロンやターミナルビル、ボーディングブリッジが伸びていて、一般の人には絶対見る事が出来ない そんなとっておきの光景が見られるんだろうなぁ~と 羨ましく思います(^^)
しかも伊丹で 真下を加速していくジャンボ機だなんて、すごいド迫力なのでしょうね!!  いいなぁ~♪
2007年08月20日 01:41
もう どちらも許可されないでしょうから見ることが出来ません。
スピードの速いヘリコプターなら大阪空港の横断飛行は?どうでしょうね。
 兎に角 遊覧飛行用に使用されているセスナ機は、一番軽くて馬力の小さい部類にはいるのでしょうね。
 だからスピードもない。

この記事へのトラックバック