渡独記録8

ロッテンブーフの教会の中に入る。これがすごいの! 天井の装飾とかフレスコ画とか。こんな田舎の町にこんなにもごっつい教会があるなんて衝撃だった。 教会入口には昔の模型があった。昔はもっともっと大きな宗教施設だったみたい。 渡独して初めて入った教会になった。 すごいものを見せてくれてありがとう!おばあちゃん!
画像





ロッテンブーフを出て、シュタインガーデン、トラウヒガウを通過してバンヴァルト湖を横目に進む。 いくつかスキー場を通過。


ノイシュバンシュタイン城への分岐も一発で分かった。 大型バスの後ろを進む。対向で馬車が通る。観光地に来た! ホーエンシュヴァンガウ到着。



何となくで進んだ駐車場に車を止める。 世界的な観光地にやってきた! その駐車場にバス停があり、とりあえずそこに並ぶんだけど、どの程度の頻度でバスが来るか分からないので10分待って来なければ歩いて先に進もうと決める。 4~5分待つとバスが来たのでそれに乗るんだけど、バスは大混雑。 右へ左へと曲がってからバス専用林道のような道を進む。険しい山道だ。  バスは乗車から5分くらいで降り場到着。



ゾロゾロと人の歩く流れに付いてノイシュヴァンシュタイン城の方へ。 途中歩道から城を見上げる事が出来る場所もあり、大興奮な中仰ぎ見上げる。 山上のバス停から城の入口までも歩いて10分もかからないくらいかな。


城入口まで来て驚愕の事実が発覚。 城の入場チケットは麓の村で買って上がらないといけなかったらしい。 なんてこった!



仕方がないので城入口を後にしてマリエンブリッジへ歩く。 ここから見る城がむっちゃきれい! ポスター写真の世界だ。 興奮しながら城を眺めてそれだけで満足出来た。 それにしても不親切だと思う。 山上まで来てチケットが売ってないって。
画像




城の一段下の休憩所&展望台からシュバンガウとヴァルテンホーフェンの村、フォルクゲン湖を眺める。
画像





森の中の比較的まっすぐな下り道を下りていく。 その道は馬車が通るので路上にたくさん馬糞が落ちていた。 下りきって元のバス停の辺りを通過してアルプ湖を眺められる所まで行って写真を撮った後、車で出発する。


ヒュッセンの町には入らずにレヒ川沿いに南へ。 すぐにオーストリア領に入るんだけど、何も看板とか無いの。これがすごく拍子抜けだった。 日本だと県境を越えたら次の県名看板があるのに。


国境を越えるとすぐに小さな小さな村がある。ウンターピンスヴァング。 その村にある一軒宿に宿泊する。 ドイツ国境からは数百メートルしか離れていないけど一応オーストリア領だ。


部屋に入って少し休憩した後、宿の周囲が広々した牧草地なので馬を見に行ったり、周囲の景色を眺めたり。 そして宿の庭でやはりビールを飲む。 雀がテーブルそばまで来るんだけど、日本の雀より大きいかも。見た目は雀そのまんま。
画像


画像





明日はいよいよアウクスブルク単科大学で講演だ。



続く

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック