大正生まれの祖母

うちの祖母は、大正6年 1917年の生まれです。 この年って鈴木商店が三井物産を抜いて、商社日本一になったという年です。  他にもハンターさんが亡くなって、春日野の外人墓地に埋葬された年だったりとかしています。

子供の頃は、祖母の生まれた年を聞いて、「ふ~ん 大正生まれなんや」 という程度の認識しかありませんでした。 今 自分自身が30歳になって、やっと その頃の時代が分かるようになってきた次第です。 お恥ずかしい。

うちの祖母が誕生した翌年に、鈴木が焼き討ちに遭ったり、海岸ビルや郵船ビルが完成しています。 オギャアと泣いていた翌年ですから、覚えているはずは無いのですが、すごいなぁ~ そんな時代を知っているんだなぁ~と しみじみと思います。

2歳の頃には、神戸港の第二期修築工事が着工したり、鈴木の年商が当時の日本のGNPの1割に達したり そんな時代です。

5歳の時の大正11年に中内功さん誕生なんですね! うちの祖母は中内さんよりも古いんだ・・・(汗)


数え上げたら切りがないんですけど、長生きすると いろんな時代を見てくるんですね~。 覚えてること 覚えていないこと いろいろですけど、そういう時代を生きてきたんだから 凄いなぁと思いました。

昨日は、自分が若かった頃、兵庫駅前の「まるか」という食堂で、美人で有名だったんやで!って冗談のような本当のような事を話していました。(^^)

本人も、孫が 昔の事に興味を持って聞いてくるので、嬉しいみたいです。 毎回 新たな事が聞けるので、また 昔の話を聞き出せたらなぁ~と思います。

"大正生まれの祖母" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント