テーマ:いろいろ

沖縄行

4月4~6日に沖縄に行きました。 行くのを決めたのはそれの2日くらい前だったと思う。 あまりに突然とは言え以前から気になっていたことがあったので行けるタイミングを狙っていたとも。 沖縄に行くのは2回目。 前回は2006年12月30日~2007年1月02日でした。 もう8年も前の事になります。 その時はメールでやりとりしていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

友ヶ島へBBQのたび

7月28日(日) 友人・知人達と1台の車で和歌山県の友が島へ行って来ました。 私にとっては友ヶ島は初上陸です。 神戸を出発して阪神高速神戸線を利用するのですが、摩耶インターから湾岸線に乗り継ぐのですが、摩耶インターで降りそびれてしまって、そのまま神戸線を東へ東へ。 海老江から5月後半に開通した阪神高速の淀川左岸線を使って無事…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

久々に梅田へ

この3連休中に久しぶりに梅田へ行きました。 11年前までは仕事で毎日のように行っていた場所なので、どこに何があるかはだいたいは分かるつもりなのですが、それにしてもここ数年の変化は凄いとあらためて感じました。 JR大阪駅と阪急梅田駅を結ぶぺデストリアンデッキから見た威容を誇る阪急百貨店梅田本店の姿。 圧倒的に高層化さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

工場は生きている

文 加藤正文  絵 綱本武雄 かもがわ出版 神戸新聞で連載されていた 兵庫県下のいろいろな ものづくりの場を紹介される「工場の歩きかた」が単行本として発売が始まりました。 このイラストを描かれている綱本さんとは今まで2、3 メールでやりとりをさせて頂いているのですが、一度お会いしたいと思っていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県立明石公園の春

この前の日曜日、自宅から歩いて20分ぐらいのところにある県立明石公園に行きました。 天気も良くて絶好の花見日和。 周辺の道路も花見客で渋滞していました。 JR明石駅のすぐ北側に広がる明石公園。 広大な敷地には県立の図書館や明石市立の図書館、明石の文化博物館や陸上競技場、野球場などなど、いろんな施設が点在しています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜のたび

6月17日~19日まで 横浜へ行きました。  まともに横浜観光をするのは初めてでした。 94年の6月にドライブで行った事はありましたが、街の中心部に入るのは それ以来、 14年振りです。 朝 神戸空港発 羽田行きのANA機の利用です。  満席でした。  薄曇の中、 空港を離陸滑走。  空港ターミナルが流れるように後ろへ遠ざかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

綱本さん

今朝 山陽明石駅で 阪急電鉄の広報紙 TOKKの5月1日号を手に取りました。  見たい記事があったんです。 阪急沿線ちょい駅散歩というコーナーで 尼崎在住のイラストレーター 綱本武雄さんの絵が掲載されているのです。 この人の絵 とても味わいがあって好きやなぁ~  また 宝塚沿線って 以前勤めていた会社が 庄内にあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長崎の旅

この7月14日~16日にかけて 長崎に行って来ました。  ちょうど台風4号が接近していたという事もあって、 大変な事になりそうな状況だったのですが、幸いにも 長崎は台風の影響があまりなく、終始 傘を使うこともなかったのです。  さて 簡単に行程を。 7月14日 新幹線 新神戸―博多へ N700系に乗車 博多から高速バスで長…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

天空の城 竹田城

兵庫県朝来市にある竹田城。  いつも 麓の国道を通る際に 下から見上げるだけでした。  餘部橋梁を訪れた帰りに、初めて立ち寄ってみたのですが・・・ 想像以上の光景でした。 まさに天空の城!  こんなにも素晴らしい光景を楽しませてくれる城跡があったとは!  言葉では表現出来ないほどの 絶景でした。 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

神子畑選鉱場跡(みこばたせんこうじょうあと)

3年ぶりに神子畑選鉱場跡に行って来ました。 前回は、ちょうど 建屋の解体が始まった直後だったのです。  麓の県道の移設工事もまだでした。 が、 今回 行ってみると 県道の移設も終わり、 公園も整備されて 明るい雰囲気に変わっていました。 かつて東洋一と言われた 神子畑選鉱場   明延鉱山から 鉱山鉄道で運ばれてき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さようなら餘部鉄橋

ちょいと餘部鉄橋を見に行って来ました。  今春より架け替えの工事が始まっているのです。 僕が10歳の頃の 昭和61年 年末も押し迫った 悪天候の日に お座敷列車の”みやび”が この橋から転落しました。    ニュース映像で 雪が降る中だったのを覚えています。 この橋を知ったのは、事故が起こる前だったと思います…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盛岡・平泉のたび その7

中の橋を渡って、旧県立図書館の前に止めていた自転車に乗って、 内丸の商店街を通り抜け (昨夜も冨澤BALLOONの行き帰りに通りました) 岩手県庁前へ。 ここを通るのも もう最後ですね。 岩手県庁と 公会堂の建物の写真を撮ってから 地方裁判所の前に行きました。  ここでは 盛岡の街の中では一番有名な…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

盛岡・平泉のたび その6

我が人生初の わんこそば体験により、 いい感じに満腹の中 バスターミナルを見に行こう! という事になりました。 盛岡バスターミナル。 出発前にインターネットで見た情報では、かなり熱いバスターミナルなのだという事でした。 さて どんな姿を見せてくれることやら(ワクワク) 東家さんから自転車ですぐ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盛岡・平泉 バトル de わんこそば

東家さん 和風木造の2階建てのお店です。  Konatuさんは浮かない顔をされていました。 あまり乗り気でないとか。 1階では、普通のそばを食べるコーナーのようで、わんこそばを食べる客は 2階の座敷席に通されました。 2階に上がるとすごい光景が!!  お店のおばちゃんの掛け声と共に、テーブルに…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

盛岡・平泉のたび その5

2007年5月20日(日) 6時40分頃に目が覚めました。 ぼーっとしつつ 風呂に入って、 またニュースでも見てみると 昨夜のジェットフォイルのニュース等がありました。 7時40分頃に部屋を出て 1階の遠野物語さんというレストランへ。 こちらで朝食をとるのです。  バイキングなので ついついたくさん食べたくなるのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盛岡・平泉のたび その4

さて盛岡駅に着いたわけですが、乗車してきた701系を撮影した後に 急いで田沢湖線のホームへ行ったのです。 実は 田沢湖線の線路が、秋田新幹線対応で 標準軌になっているそうなのです。 それが見たくて8、9番線へ(笑) 構内の跨線橋の窓から見てみると 隣のホームの狭軌線と 田沢湖線の標準軌線を見て うわぁ~! 標準軌やぁ! と 一人…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

盛岡・平泉のたび その3

仙台駅を出て グングン加速して トンネルや平野部を交互に抜けていきます。 平野部には まず たいてい水田が広がっていました。 関西では畑も水田も同じくらいの割合のように思うのですが、こちらでは圧倒的に水田が占める割合が大きいです。 2駅を通過して 一ノ関駅に11時26分頃に到着です。 発車して 去ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盛岡・平泉のたび その2

9時半頃に 仙台空港 2階の出発ロビーに出ました。  新しいターミナルビルなので とても奇麗です。 波打つような天井の感じがいいですね。 お洒落な建物です。 何枚か撮影をして すぐに歩道橋を渡った向かい側の アクセス鉄道の仙台空港駅に向かいました。 この駅 変わっていますね。 バリアフリーを考慮したからなのでし…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

盛岡・平泉のたび その1

2007年5月19日(土) 自宅をジャスト 朝5時に出ました。 この時間だとバスがまだ走っていませんので、明石駅まで歩いて行きました。 途中明石公園内を通り抜けて。 5時27分の西明石駅発 高槻行きの普通電車に乗車しました。 車内はさすがにガラガラで、うつらうつらとしながら 三ノ宮駅までのんびりと過ごしました。 5時55分頃に…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

盛岡に行って来ます

明日・明後日と 盛岡に行って来ます。  往路は伊丹空港から仙台空港へ。 復路は仙台空港から神戸空港へ。 途中 平泉に立ち寄って来ます。  中尊寺や 高舘義経堂などの名所を回って来たいと考えています。 盛岡では、konatuさんの 鳥瞰図の個展を楽しんで、そして 市内を散策しようと思います。  世話しない行程ですが、初めて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

岡山国際サーキット

昨日 岡山県美作市にあります 岡山国際サーキットに行って来ました。 ”岡山国際”という呼び方よりも TIサーキットと呼ぶ方がしっくり来ます。  以前はTIサーキット英田だったのですが、今は 経営母体が変わりまして 名称も変わっているからです。 友達が 走行会に参加するという事で、いっしょに行きませんか?と 誘ってもらったので …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

土曜のこと 後編

絵図を持って大阪・扇町へ行ったのですが、複写が上手いこと行かず 失意のまま 神戸にトンボ帰りして来たのでした。 阪神元町駅に着いて、地下から地上に出て 元町商店街へ。  訪問先の花見屋さんには 予定の少し前に到着しました。 ホッ 雑学大好きさんにお会いして、かさばる絵図を 他の場所に預かって頂き 大変助かりました。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

思い付きで淡路島へ③ラスト

岩屋の絵島を散策して、高速船のターミナルビルに戻って来ました。 近代的なターミナルビルでした。 中には島内の路線バスの窓口もあったり 2階には店舗もあるようです。 この日は2階には上がりませんでしたが(^^;) 浮き桟橋には、僚船の「レットスターⅠ」が係留されていました! このコンパクトさ! これに乗りた…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

思い付きで淡路島へ②

勢いで渡ってきた淡路島。 フェリーで降り立った港町は 岩屋といいます。 淡路島最北の町でしょうか。 フェリー乗り場を後にして 国道沿いに東南へ進んでみました。 すると地場の商店街があったので 迷わずそちらに進んだのでした。 ↓こういった感じの商店街です。 ポツポツと商店があり 地元の方と時々 すれ違います。 商店街の入口…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

思い付きで淡路島へ

月曜日に淡路島へ久しぶりに渡りました。 最初は 明石港横の中古釣具店を営む 友人の所に行ったのですが、不在だったもので 他にする事がなく そうだ!淡路へ行こう!と思ってフェリーに乗ったのでした。 14時55分発の「たこフェリー」 あさかぜ丸に乗船しました。  乗り場に着いたのが14時50分前だったので すぐにチケットを買っ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

驚きが重なった一日

昨日は、僕にとっては驚きの出来事が1件、 捜し求めていたものが手に入ったという事が1件。 の2件の大きな出来事がありました。 高校時代の級友が 長崎で仏料理の店を開いているという事が分かりました。 早速メールでやりとりをしたのでした。 とても懐かしかった。 13年振りでしょうか? 久しく長崎には行った事がありませんでした。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

神戸のノート

最近 スーパーマーケットで見かけた神戸市のノート。 たいていの文房具店で扱っていると思います。 思い返せば、小学生時代はこのノートが主流でした。 連絡帳や自由帳、国語帳、算数帳、社会帳、音楽帳、理科帳、 他に百字帳や二百字帳もありました。 大変お世話になったノート達です。 中には写真が変わってしまっているのもあるのですが…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

西天満へ

21日の日曜に、久しぶりに大阪に出たついでに、西天満にも行きました。 曽根崎にある旭屋書店に行った時に、偶然にも 鳥瞰図絵師 石原正さんの梅田絵図があったので、即 購入しました。  既に持っているのですが、1部しかなかったので 2部目が手に入ったので、とてもラッキーでした。  まだ 見つかるもんですね♪ お初天神の辺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕陽丘絵図

今日は、梅田、天王寺、三宮と回って来ました。 まず 最初に着いた梅田では、昔 さんざんお世話になった紀伊国屋書店に行き 見つけたのが バーズアイマップ⑫ 大阪絵図  こちらの絵図は2002年頃に発売されたものです。 思い返せば、この大阪絵図が発売された時も、この紀伊国屋で購入したのではなかったかな と思います。 他にも店頭に並んでいる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あばれたけぞう

先日来 石原正さんが亡くなったという事を知り、急いで 石原さんの著作物を購入しようと いろいろとインターネットで注視しているのですが、そういった著作物の中に、絵本の「あばれたけぞう」というものがありました。 岡山県の大原町を舞台にした宮本武蔵の絵本なんだそうですが、僕は岡山県西粟倉村にメールしました。 すると西粟倉村の教育委員会の…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more