テーマ:歴史

神戸の鳥瞰図 フットテクノビル

栄町通りにあるフットテクノビルを描きました。 大正10年築とのことですから 旧居留地に明海ビルが出来た同じ年に出来たビルですね! その明海ビルに神戸海運集会所が出来た年ですし、鈴木商店が全盛の頃ですから栄町通りは神戸随一のオフィス街、銀行街として隆盛を極めていたのでしょうね。 大正半ばの頃に今に残る近代洋風建築が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 大井肉店・松尾ビル・三越跡

お盆休みに明治村に行って来ました。 村内のほとんどすべての建物を見て廻る事が出来ました。 そんな中で正門を入ってすぐに見る事が出来る大井肉店とも出会いました。 大井肉店 明治20年頃築だそうですね。 コリント式の柱頭が目立ちます。 そのお店があった場所を最近描きました(^^) 大井肉店や三越跡、そして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 JRAウィンズ神戸A館

昨夜はJRAウィンズ神戸A館やJRの高架の続き周辺を描きました。 このJRAのビルって阪神電鉄のビルになるのでしょうか。 地下では阪神元町駅西口と直結しています。 現ビルが建つ前には阪神会館のビルがあったのでした。 どうでもいいことなのですが、このビルとJRの高架との間に広い幹線道路がありますが、昔の写真を見ると家屋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 JR元町駅東口

いよいよJR元町駅の高架も描き始めました。 僕が今回の鳥瞰図で描く駅としては最後のJR駅です。 駅全体を描くまでにはまだしばらく日数を要しますが第一歩を記しました(^^) 以前に地上撮影した写真を丹念に見比べながら、1スパン毎に描き分けて行きます。 神戸市内 省線の鷹取-灘間の連続立体交差の中でも特異な歴史を経た駅なので、今は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 鯉川筋と穴門筋の間

JR線以南で、元町商店街以北、鯉川筋と穴門筋に挟まれた三角形の街区を描きました。  穴門筋の”穴門”の名前の由来はJR線がまだ高架化される前の地平線時代、この元町駅辺りが地形の制約から築堤を走るような感じになっていたそうで、鯉川筋のガードの辺りに穴門と呼ばれるレンガ積みのトンネルがあったところから来ているようです。 今はそういった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 元町 ジュラルミン街

元町通り商店街 3丁目の南側を描きました。 この南側には一部 ジュラルミン街時代に建てられたと思しき店舗があります。 戦後の昭和21年に3丁目でジュラルミン街が出来ていますから、今年で65年もの年月を経た事になりますね。 今も商店街を歩いていると見ることの出来るジュラルミンです。 軒裏にベコベコとした金属板が貼…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 三宮神社

今まで鳥瞰図を描き進めてきた中で、神社を描くのは初めてだったと思います。 ↑真ん中辺りが三宮神社です。 生田神社の末社の一つで、神戸の中心地である三宮の名前の由来になっている神社です。 ちょうどこの神社のすぐ南側(絵図上 下側)の東西の通りは西国街道(山陽道)で、江戸へ向かう大名行列が通った道です。 神戸が1868年1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 神戸シルクセンタービル

神戸シルクセンタービル。 東遊園地を前にしたオフィスビルです。 このビルと同じ場所の明治中期頃の様子がこちら↓ 明治期の鳥瞰図は、神戸市立博物館にある模型から作成しました。 140年前頃から急激に都市化した旧居留地地区。  貿易の場や外国人の居住地として始まったものが、外国の商社から、日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 明海ビル

今の明海ビルは、震災後に建てられたものです。  震災に遭うまでは、前身の明海ビルがありました。 大正10年築だったそうです。 残念なのは、震災前まで このビルの貴重さを知りませんでした。 なので、写真を全くと言っていいほど撮っていません。 震災後に1枚だけ撮っただけでした。 それも、明海ビルを写そうと…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

20周年おめでとう

ホテルオークラ神戸さん 20周年おめでとうございますm(_ _)m 1989年6月開業と言えば、神戸市制100周年の年でした。 神戸が大きく変わっていくその時でしたね。 友人から聞いたのですが、入口の回廊部分は東京のホテルオークラとそっくりなんだとか。 へぇ~と 今更ながらに感心したのです。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 ドコモビル

ちょっとペースが落ちているという実感があるのですが、まだ国道より南側を描いています(汗) このドコモビル、 見た目には かなりの見応えがあるのですが、描くには大変です(--;) 去年末 盛岡のkonatuさんとこの辺りを歩いた際には、 ドコモビルを大絶賛! 描きたそうに 描きたそうにするのを見て これは次回は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 水上警察

メリケン波止場のすぐ東側に 水上警察署があります。 トアロードから真っ直ぐ海へ突き当たった辺りと言えばいいのかな? 今はメリケン波止場の西側は メリケンパークとして埋立られてしまいましたが、 その昔は メリケン波止場を挟んで東西の岸壁を 海岸通地先物揚場と呼んだそうです。 メリケン波止場の西側は 特に第2波止場。 その第2波止…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 神戸ステンショ

空撮写真を見ながら神戸駅を描き始めました。  空から見た神戸駅。  上から見ていると 何か新しい発見があるんじゃないか? なんて気になり わくわくします。 駅西側のポイントの並びを見ていると、 この駅って この駅止まりの列車が ここで戻れるようなレイアウトなんだなぁって 今更ながらに思いました。 今は この駅始発の優等列車は1本も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 旧神戸港信号所

今日は 波止場町TEN×TENで 鳥瞰図を描いています。 いろいろと進んだ中で 今日紹介するのは 高浜岸壁の南にある 旧神戸港信号所。 大正10年に 新港第4突堤に設置されたものです。 その後 第5突堤に移され、終の棲家として ハーバーランドのモザイク南側に移されました。 分りにくいんですけど、 ちゃんと信号…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 ポートタワー

昭和38年にオープンしたポートタワー。  世界初のパイプ構造の鉄塔だという事で、 「鉄塔の美女」という異名があります。 昭和38年と言いますと、45年前。  もう45歳のタワーなんですねぇ。  神戸のランドマークの代表です。 そのタワーの北側に隣接している建物が、中突堤中央ビル。  海洋博物館が出来る前は、このビルに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 神戸税関

2日前の夜から 神戸税関に着手しています。 昨夜は 低層部の外壁がおおむね 描けたかなという所です。 旧館は 昭和2年に竣工なので、 もう81歳になります。   神戸市民で この神戸税関の建物を知らない人は居ないのではないでしょうか。  それぐらい 市民に広く馴染んだ建物だと思います。 新港地区には、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 旧生糸検査所

新港地区の建物を描き進めているのですが、 昨日は 旧生糸検査所 現在は国の独立行政法人 農林水産消費安全技術センターさんが使用されている建物などを描きました。 色分けをしたのですが、 水色の方が 昭和2年に建てられた 旧市立生糸検査所。  黄色の方が 昭和7年に建てられた 旧国立生糸検査所です。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 小野浜の三井倉庫2

小野浜の三井倉庫 ほぼ完成しました。 一番 右側の倉庫と 一番右上の細長い倉庫、 それぞれに 隅角部が斜めになっているのですが、ここから臨港貨物船の線路が引き込まれていた名残です。  新港突堤には こういった 昔に線路が敷かれていた名残がたくさんありますので、 そういうものを見ながら歩くのも楽しい地域です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 小野浜の三井倉庫

夜な夜な描き進めている 神戸の鳥瞰図ですが、昨夜は 小野浜の三井倉庫を描きました。 個人的に この倉庫 むっちゃ好きなんです。  均整がとれているというか、 見た目にも 大きさでも とても印象深くて、 新港の倉庫では 一押しの倉庫です。  大正期から昭和戦前期、 神戸が未曾有の活況を呈していた頃に建てられた倉庫。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸の鳥瞰図 三井桟橋

神戸の鳥瞰図 三井桟橋です。  私企業の 三井倉庫さん専用の桟橋です。 背後にある巨大倉庫は 三井の小野浜倉庫です。  昭和7年に竣工だったかと思います。  多階建ての巨大な倉庫。 神戸港の中でも有数の規模なのではないでしょうか。 元々 この三井桟橋の突堤は なかったようです。  神戸港の第1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南米ブラジル移民船が出港して100年

100年前の今日、 夕方の5時55分に 南米ブラジル移民の第1船 笠戸丸(かさとまる)が、神戸港の浮標から 出港しました。  正確に 当時 どの浮標辺りに停泊していたのか 分かっていないのですが、 岸からは遠い方だったのではないか と言われているようです。 昨日、波止場町TEN×TENでは、 移民開始100年を記念して 楠本先…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

諏訪子さんのお別れ会

今日は、神戸市立王子動物園で インドゾウの諏訪子さんのお別れ会が 10時から執り行われました。 開園前の8時20分過ぎに王子に着きました。 ちょうど 入口前に記帳のテーブルと遺影を用意されている所でした。 9時に開場、 すぐに諏訪子さんのゾウ舎の前に行きました。 まだ会場では、設営準備中でして そうこうしている…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

日伯友好の証 イペ

日本とブラジルとの友好の証 イペの木が メリケン波止場の脇のみなと公園に植樹されました。 このイペの木は、この公園だけでなく、 旧国立移住センターから続く 鯉川筋沿いにも植樹されているそうです。 イペは ブラジルの国花だそうで、 神戸のイペが 大きく育って、奇麗な花を咲かせてくれる日が楽しみです。  再来週の月曜…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ブラジル移住100周年記念講演会

100年前の 4月28日、 神戸港から 南米ブラジル移民の第1船 笠戸丸が出港した日です。  このブラジル移民100周年を記念して、今年は 日本とブラジルと いろんな交流が実施されるのですが、 神戸市中央区波止場町にあります 波止場町TEN×TENでも、 講演会が開催される事になりました。 http://kouhou.city…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

諏訪子さん

国内最高齢だった王子動物園の諏訪子さんが 今朝5時50分 天に召されたそうです。 65歳でした。 人間で言えば100歳を越えているとのこと。 動物園ってね、幼稚園の頃や 小学校の頃に 何度か行くじゃないですか。 家族で行ったりもしますよね。  諏訪子さんって、そんな風に 自分が小さい頃に行った時に見て来た…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

おめでとう! 明石海峡大橋さん!

10歳の誕生日 おめでとう!! 明石海峡大橋さん! いや パールブリッジさんかな(^^) 毎日毎日、 たくさんの人や物が、海峡を行き来しています。 高速舞子のバスストップを見ると、まるで 大きなターミナル駅のような雰囲気さえあります。 あれはすごいです! 東北の友達も大絶賛でしたよ! 今日 こうして 10歳の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小野八幡神社

神戸市役所から すぐ東の方に 小野八幡神社があります。  たしか 95年の地震以降 この神社の近くに 復興住宅展示場があったと思うのですが、あれはどこだったんだろうか・・・ 境内を進んで行くと、左手に”慰霊”と刻まれた碑がありました。  震災の慰霊碑かな?と思い近付いてみると 昭和20年3月1…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

旧神戸移住センターが改修へ

http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0000901255.shtml 旧神戸移住センターが、改修されます。  耐震補強工事もされて、そして なんと素晴らしいことに 移住のミュージアムが設けられるらしい。 船に乗り込むまでの 短い期間、 祖国で過ごす最後の短い期間、 こ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

御影石が語る岸壁の歴史

新港の櫛形突堤。 僕は、この地区が好きなので、 ここを今後 描けるという事は、僕にとっての幸せの一つなのですが、 こまかく歩いてみると、 新しい発見や なぜだろう? って疑問が生まれたりするのです。 今回 歩いた時に、分ったことの一つがこれでした。 同じ 新港第一突堤の写真なのですが、 上は …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

旧居留地鳥瞰図36・42・43番

旧居留地鳥瞰図 36・42・43番です。 36・42番は第1回競売にかけられた地所で、43番は第2回競売にかけられた地所でした。 36番の面積は 1017平方メートル、 落札価格は 635円93銭、 アメリカのアウエリルさん。 42番の面積は 742平方メートル、 落札価格は 452…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more