テーマ:歴史

みなと神戸バーズアイマップ1868

来年 神戸開港150年を迎えますが、その時に合わせて開港期の鳥瞰図を描きました。 作品名 みなと神戸バーズアイマップ1868 この鳥瞰図を描くにあたって、神戸大学名誉教授の神木哲男先生に監修をして頂きました。 1868年ちょうどの地図は存在していないので、これを描くためには前後した年代の地図…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

神戸フィルムオフィスクロニクル15th

http://www.kobefilm.jp/ 神戸フィルムオフィスさんがちょうど15周年という事で、これまでの15年間の活動をまとめられた記念冊子が9月9日発表されました。 この15年間で映画やドラマやCMなど、2000本以上の作品が神戸で撮影されたのだそうです。 その記念冊子の表紙には”みなと神戸バーズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄行

4月4~6日に沖縄に行きました。 行くのを決めたのはそれの2日くらい前だったと思う。 あまりに突然とは言え以前から気になっていたことがあったので行けるタイミングを狙っていたとも。 沖縄に行くのは2回目。 前回は2006年12月30日~2007年1月02日でした。 もう8年も前の事になります。 その時はメールでやりとりしていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

商船三井 社内報うなばら

今春から、商船三井さんの社内報 うなばら の表紙絵を描かせて頂いております。 今年が商船三井さんにとって、前身の大阪商船設立から130周年の節目の年なのです。 その節目の年の社内報の表紙絵を描かせて頂けるという事は、とても光栄なことだと思います。 毎月1号ずつ 一年間12号までになりますが、各月毎に…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

科学技術高校10年史

今夏 描かせて頂いた神戸市立科学技術高等学校の鳥瞰図ですが、10年史の表紙に使って頂くことが出来ました。 私は前身の神戸市立神戸工業高等学校の出身なのですが、今は統合されて科技高へと変わっていますし、当時お世話になった先生方も科技高に移られているので、やはり愛着のある学校なのです。 これからも年月を重…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

海文堂書店さん ありがとう

2013年9月30日 海文堂書店さんが99年の歴史に幕を下ろしました。  私にとっては子供の頃から度々通った馴染みの本屋さんだったし、なにせ船の本がたくさん見れるのが楽しかった~ 今年4月末に 港町神戸鳥瞰図が発売されて、海文堂書店さんの1階レジ前や、2階 海事コーナーに平積みされてる様を見てと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

阪急会館の絵 その6

今日は神戸阪急ビル東館の中でも、代名詞として呼ばれていた阪急会館そのものの映画館部分を紹介致します。 この建物が昭和11年に完成した当時から存在している大きな空間で、映写設備や劇場としても利用出来るように出来ていたようです。 2層吹き抜け分の空間になっていて、舞台前にはオーケストラピットもありました。 ピットの真下は阪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阪急会館の絵 その3

阪急会館の絵がほぼ完成しました。 あとは細かに看板の文字を描いたりという作業が残っています。 あとはいつも通りスキャンして、フォトショップで着色することになります。 やはり屋上部分はまともに見たことがないので、数少ない空撮写真から判別するしかないのですが、細部では分からないことだらけになってしまいました。 概ね間違ってはいな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阪急会館の絵 その2

阪急三宮駅東口にそびえ建っていた阪急会館の絵のその2です。 絵の右側面がビルの北側になります。 この建物はどうしても阪急電車が飛び出してくるというフラワーロードに面した東面が印象が強いと思いますが、北側面も印象深い様相をしていました。 水平ラインを強調した出窓型式の連窓が3本あります。 1階から映画館へ続く直…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阪急会館の絵

今更ですが95年の震災で解体撤去された阪急三宮駅の東口の建物を描いています。 過去にも弊ブログで阪急会館の事を取り上げているのですが、今回は今までの集大成になるような絵にしたいと思っています。 これは外観です。 15年前にも似たような絵を描いたのですが、その時よりは細部までより実際の建物に近い絵が描き進められていると考えていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新港突堤の石積み岸壁

新港突堤は日本初の重力式コンクリートケーソン工法を採用した岸壁だと言われていますが(神戸港第一期修築工事)、1995年の兵庫県南部地震で既設のケーソンが前傾したり押し出されたりしたので法線もガタガタになってしまいましたが、その後の復旧工事で元通りに修復されています。 復旧誌を見ると滑動したケーソンはそのままの位置でこれ以上動か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兵庫高校の鳥瞰図 完成

あまりブログで紹介する事が出来ませんでしたが、この1ヶ月程 兵庫県立兵庫高校の鳥瞰図を描いていました。 旧制神戸二中時代に建てられた校舎の時代と、現在の校舎の2点です。 こちらが昭和15年に完成した旧校舎のある兵庫高校です。 妹尾河童さんが通われた頃の校舎なのでしょうね。 僕が妹尾河童さんという人の存在を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンデー神戸 ポッドキャスト

9月30日(日) ラジオ関西 558kHz 朝9時00分~9時30分のサンデー神戸の中で約8分程鳥瞰図の事で話す事になったというブログ記事を前回 紹介しましたが、次の日曜日の放送まではその模様をインターネットで視聴する事が出来ます。 http://jocr.jp/podcast/ 10月7日頃までは視聴出来ると思いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兵庫高校・旧制神戸二中絵図 地上撮影

深江キャンパスが無事完了したので、次は兵庫県立兵庫高校と前身の旧制神戸二中の校舎の絵図に取りかかります。 時間が無いので短期決戦で行かなければいけません。 今まで兵庫高校の傍は何度も通過しているのですが、じっくりと眺めたのは初めてでした。 新湊川沿いって何気に学校が多いですよね。 ため池とかの跡地でまとま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

好きな町 神戸市民の歌

http://youtu.be/DkoSXrC0z60 僕がこの歌を初めて知ったのは97~98年頃だったと思います。 神戸市電を取り上げたVHSテープの映像の中にこの曲が添えられていたんです。 もう瞬間的に好きになりました。 それぞれの街には、それぞれの街を表現した歌というのがあると思いますが、函館では函館賛歌。 神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鞆の浦

昨日 広島県福山市の鞆の浦に3時間だけ行きました。 わずかな時間しか滞在する事が出来なかったので、また気候の良い時にリベンジします。 ここはまだまだもっと知りたい町だ。 着いて真っ先に いろは丸展示館へ急ぐ。 大きな蔵を利用した展示館。 海底のいろは丸がどんな状態なのか、何となく気にはなっていたのですが、縮小された海底…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深江キャンパスの鳥瞰図 北側街区を描く

神戸大学海事科学部 深江キャンパスの鳥瞰図ですが、学校の北側に広がる街区を描いています。 国道43号線の北側にも養正館やテニスコート、職員寮等の施設が存在しているのは、当初はそこまでが一体の大学の敷地だった事を物語っています。 第二阪神国道が建設された時に敷地が南北に分断。 敷地が削られた分、西側に広がったのだとか。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深江キャンパスの鳥瞰図 2号館その1

神戸大学海事科学部 深江キャンパスの鳥瞰図 昨夜は2号館の北側の棟を描きました。 2号館はコの字形をした大きな建物で、述べ床面積では深江キャンパス内で一番広いのではないかと思います。 中庭があるのが特徴ですね(^^)  その中庭は今後描いてまいります。 東門の辺りから見た2号館です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深江キャンパスの鳥瞰図 おかえりなさい進徳丸さん

神戸大学海事科学部 深江キャンパスの鳥瞰図 とうとう進徳丸が出来ました!!! ほんまに嬉しくて、今 すごく達成感に浸っています。 こんな感じです(^^)v  何せ資料がほんと少なくて、再現するのに無茶苦茶骨が折れました。 前作の日本丸や海王丸を描いた比じゃないくらい難しかった~。 けど その分達成感は比較にならない…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ポーアイ鳥瞰図 地上撮影第6回

ポーアイ鳥瞰図の地上撮影。 4月8日(日)  第6回目の撮影行脚を実行です。 撮影した範囲は中公園から東側、港島トンネル辺りまで。 撮影面積は約37万7千㎡。 撮影枚数 約900枚。 全体の描画面積(地上のみ換算)は約832万㎡。 第1回地上撮影  11万6000㎡ ファッションタウン南部  撮影枚数 約1000枚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポーアイ鳥瞰図 地上撮影第5回

ポーアイ鳥瞰図の地上撮影ですが、4月1日(日)エイプリルフール 第5回目の撮影行脚を実行しました。 撮影した範囲は南公園から、旧中央市民病院、ワールド記念ホール、ポートピアプラザの辺りです。 撮影面積は約104万7千㎡。 撮影枚数 約1400枚。 全体の描画面積(地上のみ換算)は約832万㎡。 第1回地上撮影…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポーアイ鳥瞰図 地上撮影第4回

休日ごとに続けているポーアイの地上撮影ですが、3月25日(日) 第4回目の撮影行脚を実行しました。 撮影した範囲は北公園から始めてポーアイしおさい公園、大学群の辺りです。 撮影面積は約62万㎡。 撮影枚数 約1300枚。 全体の描画面積(地上のみ)は約832万㎡。 第1回地上撮影  11万6000㎡ ファッションタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸阪急の閉店

ハーバーランドにある神戸阪急が明日閉店します。  始めて勤めた会社が阪急百貨店の子会社だったもので、この建物にも仕事でよくお世話になりました。 地下の荷捌き場や荷物用エレベーター、各階の売り場、もうずいぶんと昔の話になりますが懐かしいです。 鳥瞰図を人に説明する際に僕は、都市鳥瞰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三菱重工神戸造船所 最後の進水式

今朝、三菱重工神戸造船所で最後の進水式が執り行われました。 100年以上の歴史を持つこの大きな造船所。 神戸港の一つの風景でした。 船名は商船三井の自動車運搬船PCC 「エメラルドエース」  第1296番船、全長約200m、幅32.26m、深さ34.52m、総トン数約6万200トン、乗用車約6400台(標準…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コナツタイムス第2号

待望のコナツタイムス第2号が出ました。 今度は札幌の旧道庁や開拓使の庁舎です。 去年のゴールデンウィークの札幌の旧道庁と、開拓の村にある開拓使の外観を復元した建物を見てきたので より親近感が沸きます。 セブンイレブンのコピー機のネットプリントの項目から下記の予約番号で出力出来ますので是非お試し下さい。 一部20円です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1.17 阪神淡路大震災より17年

今日は1月17日。 17年前に神戸や阪神間、明石、淡路島を震度7の激震が襲った日。 今年も健康に1.17の日を迎えることが出来ました。 地震発生当時は18歳で、その後の避難所生活の時に19歳になりました。 小学校の体育館で生活していたという事も自分の中ではすごく遠い時のような気がします。 震災に遭うまでの僕の人生が19年。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

盛岡の友達から

年始に盛岡の鳥瞰図友達の中田くんからこんな年賀状をいただきました。 東京駅の鳥瞰図。 今は昔の姿に復元が進んでいますから以前の姿になります。 最初にこれを見て思ったのは、プリントしたものではなく、手描きのそのものだったので おいおい 自分の作品が散逸してしまうやん(^^;) と心配したものです。 そういや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おめでとうございます

年が変わって6日になりましたが、ブログの方では みなさま おめでとうございます。 忙しい一年だった去年が過ぎて新しい年になりましたが、今年はどんな一年になりますでしょうか。  希望としては穏やかな一年であって欲しいと願っています。 僕にとって、去年の大きな出来事は何と言っても初作品展でした。 大きな反響をいただいて、と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

僕にとって いつまでも笹山さんは神戸市長さん

昨日 前神戸市長の笹山幸俊さんが亡くなられた。 タイトルにも書いたけど、僕にとって笹山さんはいつまでも”神戸市長さん”です。 笹山さんが市長時代の出来事を書いていきたいと思います。 笹山さんは1989年 平成元年に14代目 神戸市長に就任されました。 この時僕は13歳 中学生。 この年は神戸市政100…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミナト神戸バーズアイマップ 着色工程その2

ミナト神戸バーズアイマップ 連日 着色作業を進めております。 今日はその中でも新港突堤地区を掲載します。 この櫛形突堤は明治期に着工し、大正末期に完成した地域です。 神戸の昭和前期  神戸港の繁栄を最前線で支えていた地区になるでしょうか。 石原正さんの神戸絵図では、この突堤群には臨港線の線路がまだま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more